ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2015年総括
自分が小学生の時に、近所に変な店が出来たんですよ。
6時半〜遅くても7時には全ての店が閉まってしまう様な時代に、その店は9時まで開いてる。しかしその分、物の値段はちょっと高い、てか全部が定価販売。
子供心ながら「そんな夜に買い物に行く人なんていないのに」「値引きしない店なんか誰が行くんだろう」とか思ったもんです。
でも、当時まだ珍しかったカップヌードルが、その店には置いてある事を知って買いに行ったり、そんな思い出はあります。
その店が日本初のコンビニだと知ったのは、それから数十年後の事でした。

店の名は開店当時からCoCoストアでした。今でもそこはCoCoストアです。でも、もうすぐCoCoストアぢゃなくなっちゃうんですよね。
ファミリーマートは昔は割と使ってたんですが、商品ラインナップが小洒落て来てからは足が遠のき、QUOカード事件をきっかけに積極的ボイコットに移りました。
一方のCoCoストアは今では自分の生活圏との絡みがないのでほとんど利用しないのですが、お弁当の良さはやっぱり魅力的で、好きなコンビニのひとつです。そのCoCoストアがファミマになっちゃうなんて、もう悲しくて悲しくて…
ファミマのもうひとつの合併相手であるサークルKは、身近に山ほどあるので頻繁に使ってます。サークルKはあの商品ラインナップのバタ臭さがいいんだけど、合併後はどうせ小洒落たファミマの方が主導権を握るんだろうから、これも、もう悲しくて悲しくて…

サンシャイン60のてっぺんで威張ってる人達は、地べたの私達の事を全然見てないからなぁ…

どうして自分の好きな会社は、どこもかしこも自分の嫌いな会社に吸収されちゃうんだろうか?
(楽天が大嫌いだったのに、買収に次ぐ買収でいつの間にかネット絡みのサービスが全部楽天になってたんだ)


個人的にはこの1年は…

朝日新聞は解約しました。半世紀に渡る購読歴についに終止符が。今は中日新聞の読者です。

コミックスでもアニメでも、ケモミミ三昧が出来たとても幸せな1年でした。ジャンルすら存在しなかったあの頃と比べると、いい時代になったもんだなぁ。

彼女と別れた友人が暇を持て余してるらしく、頻繁に旅行に誘われる様に。聞くと意外と経県値が低い人なんで、あちこち連れ回した。おかげで今年は金が貯まらんかった。

今年は何人もの人に「もう小説は書かんの?」と言われた。筆を折ってもう15年か… 仕事も私生活もどっぷりルーチンだし、明らかにインプット過多だし、そろそろアウトプットの事も考えなきゃいけない?

author : たつもとちまき | 買ったりもらったり | comments(0) | trackbacks(0)
1年間に見た全アニメを書き出してみた@2015
私が考えた法則によると、今年は当たり年で、しかも4年に一度のビッグウェーブだったはずなんだけど、そんな印象はなかった1年でした。
傑作はちょこちょこあった。でも、クソアニメもたくさんひっかけてしまった。普通に面白かったアニメでも、放送が終わると速攻で忘れてしまうものが多かった。

仲間内で集まっても「無難な作りのアニメばっかりで印象に残らないんだ」とか「話がこじんまりしててつまらない、もっと時間をかけて作れよ」とか、そんな話ばかりでした。
案外、時代の変わり目なのかも? 何年後かに思い返すと「あの頃からジャパニメーションの作風が変化して行ったんだよな」と思うかも?(今までもそう言う潮目の変化って何度かあったし)
今年一番は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」で異論はないとして、次点は「えとたま」「SHOW BY ROCK!!」などなど、ケモミミ好きとしては幸せな1年でした。

今年最初に見たアニメは「ぽてまよ」で、最後に見たのは「どうしても干支にはいりたい」
視聴数は、259タイトル、1452本。
視聴方法別では、劇場 1、DVD 13、リアルタイム 125、録画 631、web 518

以下、今年視聴の全タイトルです。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2015夏アニメ総括
ハズレ率が高かったので自分の選択眼が鈍って来たんだと心配したものの、身近な人達に訊くと「今期は印象に残らないのばかりだったね」って言ってくれたので、自分だけではなかったんだとホッとした。そんな感じの期でした。
また、慢性的に未視聴をため込んでしまい過去作が全く見れなかったので、どうも視聴数が限界だったみたい。だから、秋期は視聴数を絞る事にしました。

【終了】―――――――――――――――
●ナノ・インベーダーズ
ケモいと言う理由だけで視聴決定。メイドイン中国のアニメだけど、文芸は日本製だと知ったのは話が後半になってから。最初は作りの稚拙さをバカにしながら見てたんだけど、気がついたら沼にはまっていた。バカは宇宙を救う…うん、確かにその通りですな。

●干物妹!うまるちゃん
海老名ちゃんに一目惚れして視聴決定。うまるはオカズで、海老名ちゃんが主食でした。期待を裏切られる事なく作りが丁寧だったんで、安心して見れた良作。

●わかば*ガール
「お嬢様だけどバカだからお嬢様学校に入れなかった」って設定に引っかかって視聴決定。わかばのバカっぽさは最後までブレてなかった。箸休めにちょうどよかった。

●赤髪の白雪姫
ストーリーラインに既視感があったけど、これはひょっとして少女漫画でのひとつのフォーマットなんだろうか? 白雪のキャラの立て方が上手だった反面、ラスト近くの恋愛フェイズでちょっと違和感を感じてしまった。

●のんのんびよりりぴーと
1期見てない事に気がついたのは数話見た後だった。その位に空気な存在のアニメ。もちょっとほたるんがいっぱい出てくれたら堪能していたかも。

●俺物語!!
少女漫画なのに男側メインがブ男って絵が珍しくて視聴決定。純粋なラブストーリーで、最初のうちは微笑ましく見てたんだけど、あまりのラブラブ振りに途中から「こいつらの仲が破綻する時ってどんな感じだろう」とか考えながら見る様になってしまってた。

●モンスター娘のいる日常
原作を連載前から追っかけていたので、デフォルトで視聴決定。声の違和感は数話で慣れたけど、絵柄(特に色使い)や構成の違和感は最後まで慣れなかった。可もなく不可もなく、無難にアニメ化したなって印象だった。

●がっこうぐらし!
何の前知識もなく視聴出来た自分は幸せだったらしい。でら暗い状況設定とでら明るい雰囲気のギャップが面白かった。今期一番の話題作である事に違いはないと思う。けど、一回見たら十分かな?

●ケイオスドラゴン赤竜戦役
ネコミミが可愛かったから視聴決定。しかし、ただ単にストーリーラインをなぞっているだけで、設定もキャラもそのストーリーを運ぶだけの役割しかなく、何も表現されてなかった。実にひどい仕上がりのアニメになってた。

●空戦魔導士候補生の教官
話にひねりがなくストレートな作りだった。キャラの成長はものすごく丁寧に描かれていたので、普通に楽しむ事が出来た。今期一番はこれ。こう言う「普通に丁寧」ってのが最近珍しくなっちゃってるよね。でも、このアニメを誉めている人はもちろんの事、見てる人すらほとんど見かけなかったので、2期はまぁないだろうな。

●六花の勇者
ウサミミが可愛かったから視聴決定。冒険譚のはずが、いつの間にか推理モノになってて、そのうちつじつまもあちこち合わなくなり、最後にはキャラの言動にまで違和感を感じる様になっていた。これ、原作が「思いつき連載」だったんだろうな、と。

●Charlotte
とてもよく練られた丁寧な筋運びをしていたのはわかるんだけど、突然話が飛ぶ所がいくつかあって、その度に作風がガラリと変わるので、連続性を感じる事が出来なかった。それなりに面白かったけど、一度見れば充分。

●WORKING!!!
日常モノであるにもかかわらず、キャラシフトがダイナミックに動く展開は真新しかった。けど、完全に箸休め視聴だったなぁ。2期までは山田がもちょっとハチャメチャやってた気がするんだけど、今期はそれが感じられなかった。

●ピカイア
NHK90周年記念番組にしては、小手先感がすごい感じの作りだった。ヴァーチャル三部作に遠く及ばない内容なので、笑いながら見てました。

【継続】―――――――――――――――
●ミス・モノクローム
2期最終回の次週が3期1話で、放送時間も動かず。なぜふたつに分けた?

●おまかせ!みらくるキャット団
相変わらず下品です

●ふうせんいぬティニー
完全に完結したはずなのに続きやるんかい

●妖怪ウォッチ
イナホはいらない子。他のテコ入れもすべってるし、視聴継続をどうしようか考え中。

●プリパラ
面白いんだけど、話が同じ事の繰り返しになって来てるんで、視聴継続をどうしようか考え中。

●ToLOVEる-とらぶる-ダークネス2nd
最終回に次回予告がついてたよorz 残2話だけ秋期に持ち越し
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2015春アニメ総括
今期は2011年冬期以来のビッグウエーブで、どれを選んでも間違いないと言うラインナップ振り。視聴見送りしたアニメも視聴決定したアニメもたいした差はなく、心おきなく「好き」で選べ、選んだやつも期待を裏切られる事もなく、大満足な期でした。

【終了】―――――――――――――――
●放課後のプレアデス
魔法少女だしふわふわっとしたファンタジーなんだろうなと思ってたら、コテコテのハードSFだった。どうせなら宇宙の果てまで行って欲しかった。夢オチだったのはちょっと残念。いい感じの佳作でした。

●えとたま
中のひとが窒息してしまいそうなにゃ〜たんの突っ走り振りは、とにかく見ていて楽しかった。話もいい感じにまとまってたし、今期一番は間違いなくこれ。そのうち慣れるだろうと思ってたCGパートは結局最後まで慣れる事はなかった。たまたま予算不足に見舞われたため、DVD購入は涙をのんで断念。

●SHOW BY ROCK!!
今期ツートップの片割れ。シアンは容姿も仕草もめっちゃ可愛かったけど、キャラ付けがぼやっとしていてつかめなかったので、にゃ〜たんの方に軍配が。えとたまと同期でなければ「キャラが描けていない」ってのに気がつかなかったかも知れない。CGパートは…これは製作者側も持て余してたんぢゃないかなぁ?

●響け!ユーフォニアム
中高時代にブラスやってた人たちは「見ていてとても痛い」って言ってたけど、自分がブラスやってたのは小学生だったので、そう言う痛い思いを思い出す事もなく、ふつ〜に面白く見てました。非常に丁寧に作られた良作。まさかの百合展開がいい味付けになってた。

●ハロー!!きんいろモザイク
よーこのおっぱいしか見てなかったです。1期のキャラシフトデストロイヤーのカレンが、2期では違和感もなく、キャラシフト上なくてはならない存在に思えたのは、自分が慣れたせいなのだろうか? とにかくよーこが変わらず可愛かったです。3期あるかな?

●レーカン!
キャラの数が多過ぎて扱い切れていない、と言うのを感じました。そのせいで、ちょっと間延びした内容になってたのが残念。とても苦労して翻案してるのだろうとは想像できるけど、もっと頑張って踏み込んで原作を作り替えてたら、いい感じの日常ものになってたかも知れない。色々と惜しい1作。

●ガンスリンガーストラトス
今後の展開が気になるストーリー主導型のアニメだったにもかかわらず、箸休め的な気軽さで見てた。1クールを持て余し気味だったのか、筋立てが冗長だったのが気になったけど、まぁ頑張ってまとめてるなって感じで印象は悪くはなかったです。

●プラスティック・メモリーズ
設定が節穴だらけで、その設定も話に活きて来る所か逆に足を引っ張ってしまっていて、とてもにょもい作風に仕上がっていた残念アニメ。私だったら同じこの設定で、設定を活かして全く別の結末にしたと思う。ただただ「作者の若さが出たなぁ」と言う他ない。雰囲気はよかったのでぎりぎりで凡作、ゆゆゆ級の駄作になる一歩手前で踏み留まった感じ。

●魔法少女リリカルなのはViVid
出自とか修行とか、キャラを見せて行くアニメになるもんだとばかり思ってたのに、後半になると天下一武道会になってしまった。しかも、試合結果は予定調和であらかじめわかってるし。おかげで後半はただ視聴を消化するだけになってしまっていた。今までの期と違ってこんな構成にしたのは、どう言う意図だったんだろうなぁ。分割2期のつもりだったらしいが、2期は無理だろうな。

●ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
放送開始時に「例の紐」騒動になって、自分もそれで視聴決定。確かに紐神様はロリおかん可愛かったけれど、後半はリリすけでしか見てなかった。終盤になるともうリリすけが可愛くて仕方なくて、神様なんて居てもいなくても同じぢゃんと思ってた。原作が優れているのか筋立てはとてもしっかりしていて、アニメとしての作りも丁寧。とても面白かったです。2期希望。

【継続】―――――――――――――――
●ナノ・インベーダーズ
中国製なのにシリーズ構成がしっかりしていて面白いと思って見ていたら、シリーズ構成は日本人だったのね。

●おまかせ!みらくるキャット団
中身ないです。ぶっ飛んでます。楽しいです。マミタスはリコネコです。

●俺物語!!
少女漫画なのにブ男が主人公とは、ちと珍しい。内容はひたすらほほえましい。

●ふうせんいぬティニー
名作振りはTwitter見ててわかってたので、再放送開始を機に視聴開始。なるほど内容は黒いです。

●妖怪ウォッチ
毎週ニャーKBのEDで癒されていたのに、そのEDが終わってしまった(T_T)

●プリパラ
のんちゃんはいつになったらプリパラデビューすんのかなぁ…初潮はまだまだ先っぽいから、やっぱり無理なのか…

●ピカイア!
ジーンダイバーの二番煎じなのに、そのジーンダイバーの足許に遠く及ばない。NHK90周年記念番組なのにこの品質で、もうわけがわからないよ…
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2015冬アニメ総括
どれもそこそこではあるんだけど、そこそこ故に物足りなさが際立って、本当に当たり年に入ったのかなって感じの期だった。相変わらず視聴数が多い割には、こんなもんなのかなぁ、と。

【終了】―――――――――――――――
●ドラゴンコレクション
ミスドラゴニアが可愛くて仕方なくて見始めたけど、ほどなくユナが面白いキャラに思える様になって、全話無事完走。子供向アニメが面白くないわけがないのはわかってるんだけど、なかなか視聴習慣がつくまでの縁がないからなぁ

●うぇいくあっぷがーるZOO!
キャラもの&1期を見てないのに、それでも面白いと思ってしまったんだから、それなりに工夫された作りだったんだと思う。後になって全話繰り返し見て行くとスルメの様に味わいが深まって行くのが○。

●あぐかる
県の予算の都合だろうか、年度替わりした途端に更新がなくなった。1期と違って、農業しないでひたすら食うアニメになってたんで、ちょっと退屈だった。

●ログ・ホライズン
1期とキャラデザが変わった件は、最後まで慣れる事が出来なかった。説明不足で置いてきぼりを食うってのは1期と同じだったけど、さすがにこれには慣れた。ながら見するのにちょうどいい感じで、真剣に話を追いかけるものではない様な。原作者が事件起こしたけど3期はあるん?

●純潔のマリア
とても作りが丁寧で、とても面白かった。今期一番はこれ。後から思い返すととてもこじんまりした話だったけど、それを1クールかけてじっくり見せてくれた。でもこれ、キリスト教圏の人達にはどの程度の違和感なんだろうって点が気になった。

●アブソリュート・デュオ
とても低い品質ながら安定はしていたんで、安心して見れた。この設定とキャラシフトならもちょっと面白くなっただろうに。まぁラノベ原作だからこのレベル止まりなんだろうな。

●夜ノヤッターマン
締め方は上手かった。けど、シリーズ構成的が話数を持て余してたので、それが残念。最後の方まで敵の描写をしない方が面白くなったんぢゃないかなぁ。

●ユリ熊嵐
わけがわからないまま、そのうち理解出来る様になるだろうと思ってみてたけど、最後の最後まで全然わからなかった。多くの人が共感ポイントが沢山あると言って入れ食いで楽しんでいるのを、ただ横目で見ているだけだった。自分には縁がないってのが寂しかった。

●みりたり!
最後まで中身がなかったなぁ。5分アニメなんで無理せずキャラものに徹していればよかったのに…。

●冴えない彼女の育てかた
加藤がいい味出していた。それに尽きる。オタクの中に一人だけ一般人が混ざるそのキャラシフトがとにかく楽しかった。だから加藤の出番のない回がすごくつまらなかった。全然完結してないけど、もしかして分割2期なん?

●新妹魔王の契約者
エロ要素が見どころだったんだろうけど、それがなかったとしても、まぁ面白かったよ。キャラシフトも作話も定型通りだったけど、それでもキャラは楽しめた。きれいにまとまったてたけど、2期あるのね。

●DOG DAYS
安心のいつものクオリティ。4話単位×3部構成では物足りなさを感じてしまったので、せめてひとつの話に半クール使うとかしてくれたら楽しめたんちゃうかなぁ。だから4期希望。

●ISUCA
作画ダメ、脚本ダメ、演出ダメの、超低品質だったのに、それなりに楽しめたんだから、きっと原作がすばらしく面白いに違いない。ただただ「もったいない」アニメ。ネコミミに巨乳はやっぱり似合わないよ。

【継続】―――――――――――――――
●ナノ・インベーダーズ
ちゃんとしっかりしたシリーズ構成があるので、普通に楽しい。中国のレベルもここまで来たって事か。

●妖怪ウォッチ
ニャーKBが見れればもう何でもいいです。

●プリパラ
のんちゃんがいつプリパラデビューするのか、とにかくそれが待ち遠しい。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2014秋アニメ総括
多クールものや2期ものが多くて、新作を拾う余裕がないのが残念なシーズンでした。おかげで視聴タイトル数がとんでもない事に………
また、気がついたら小さなお友達向けアニメの比率がとても高くなってました。

【終了】―――――――――――――――
●愛・天地無用!
不思議な放送形態と、それに合わせた作りのせいで、楽しむ以前の問題だった。
話数配分は普通の30分1クールのアニメと同じで、本筋は最終回フェイズに詰め込んでた。でも、その割にはキャラで見せようとはしてなかった様な…

●フランチェスカ
作画の不出来さは世界標準のアニメ制作ソフトを採用たせいらしい。そんな作画も1クールですっかり慣れました。
話のくだらなさでお気楽に見るにはとてもいいアニメだったです。

●アカメが斬る!
姐さんのケモミミを追いかける目的だけで見ていた。もちろん姐さんENDを期待していたんだけど、エスデスENDだったから、それならまぁ許せる。
最終回一つ前で主人公が死んじゃって、最終回は登場回数も少なかった脇キャラが主役を張ってたんで、もうこれは原作者はバカなのかと思う他なかったです。

●天体のメソッド
作りがものすごく丁寧でとてもよかったです。質の良さとしては2014年で一番だったのではないかと。
洞爺湖と札幌市内を気軽に行き来してたんだけど、距離間と言うか位置関係が最後までよくわかんなかった。

●魔弾の王と戦姫
ティグルがどんな風に伝説になって行くのかなと思って見始めたんだけど、話はそこまでたどり着けなかった。戦記物かと思いきや、実はハーレムものだったんだと気がつくのに5話も要してしまった。
素直な作りをしていたんで、普通に楽しめた。2期希望。

●ヤマノススメ セカンドシーズン
15分になったおかげで、5分ものだった1期とはまるで違う作風になってた。
アクセントとして山とは何も関係ない話が所々で入ってたけど「そんなのいらん、山だけでやってくれ」と思ってしまった。逆に日常話がもっと多くてもよかったかも。
キャラの掘り下げに少し物足りなさもあったんで、15分2クールよりか30分1クールの方がやっぱりいいのかなぁ?

●甘城ブリリアントパーク
記憶がなくなるって話になった時に「だったら日記を書けばいいんだよ」って思ってしまったのは一週間フレンズの影響だな。だから肝心な所で感動出来なかった。
話はともかくとして各キャラがたまらなく毒っぽくて面白かったです。今期一番はこれかな?

●棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
フレドリカ推しで見てました。1期と同じでやっぱりフレドリカが最強過ぎて作話でしっかり持て余してた。
きれいにちゃんと完結させてくれたんで、満足です。

●結城友奈は勇者である
キャラのリアクションにいちいち「そうじゃないだろ。そのキャラはそんな言動しない」とツッコミ入れながら見てた。キャラが立ってない訳ではないのにそう思えてしまうと言う事は、脚本がダメなんだろうなと思ったものの、その後、話もおかしい事に気づき…
脚本がダメと言うかシリーズ構成もダメと言うか、文芸全般があまりにも不出来だったって事なんだろう。
こんなダメな作品なのに、円盤売れてるって報が入って来るんで「それ、どんなステマ?」と思ってしまうではないですか。

●蟲師 続章
可もなく不可もなくと言った感じ。雰囲気はとてもいいので、ながら見するにはちょうどよかった。

●白銀の意思アルジェヴォルン
軍人の中にひとり民間人が混ざると言う不思議なキャラシフトに魅力を感じて見始めたんだけど、その辺の描写はあまり多くなかったかな。
作画も作話もギリギリの品質だったんで、制作が逼迫してるんだなぁってのがひしひしと伝わって来ました。おかげで話が後半破綻気味だったんで残念。同じ話を語るにしても、もっと面白く出来たんぢゃないかなって思う。

【継続】―――――――――――――――
●ドラゴンコレクション
1話切りしてたんだけど、ミスドラゴニアがカワイイんで見始めた。改めて1話から全部通しで見たら、面白いではないか。

●うぇいくあっぷがーるZOO!
WUGは見てないんでキャラがわかんないんだけど、ギャグはちゃんと伝わって来るよ。

●ナノ・インベーダーズ
最初はくだらなさを笑っていたんだけど、普通に面白いって事が段々わかって来た。

●妖怪ウォッチ
相変わらずgood。ふぶき姫はちょい役で登場。

●あぐかる PLAY WITH IBARAKI編
1期が面白くて2期も追い始めたんだけど、2期は縛りが多い分だけ面白くはないな。

●プリパラ
校長も籠絡されたし、次は?

●ログ・ホライズン (2s)
アカツキ可愛くないよぉ
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2014年総括
今年は色々とネタがあるんだけど、とりあえず朝日新聞?

ちまき家はかれこれ50年以上前から朝日新聞を取っていて、浮気をした事がないらしいです。でも今年は、家族会議の結果「朝日をやめよう」と言うのが決まりました。決まったはいいけど、代えが見つからないのと、販売店が可哀相なのとで、契約解除をいつにするかでもめてる所です。

天声人語を読まなくなった(読むに足る内容ではなくなった)のが20年位前、オピニオン欄(社説や声など)を読まなくなった(読むに足る内容ではなくなった)のが10年位前、そして昨年辺りからは土曜版も読まなくなり、今はもう「C+」(名古屋ローカルの日曜版)しか読んでない。さすがにこうなると「お金がもったいないわ」って事で。
これだけ読み慣れてる新聞なので、記事の偏向を読む側で逆フィルターかける事が出来るんで、今まで問題なかったんですが、なにせ今問題になってんのは「偏向」「誤報」以前の「記事がファンタジー」でしょ。ネットで記事の裏が取れる様になって来てるんで「こりゃひでぇなぁ」ってのによく気がつく様になった事もあり、すっかり「読むに足る新聞ではない」と言う評価に落ち着いてしまってます。
悶着あって自称態度が入れ代わった後でも、記事のファンタジーさはちっとも治ってないので、社長がいくら反省を口にしても、もうダメでしょう。
朝日は会社も社員もプライドがでら高いからなぁ(そのプライドの高さのせいで、今まで町内朝日新聞社員達と町内社会との間でどれだけモメて来た事か)、やっぱり中日の方が素朴で読みやすいっす。(毎日は昔はよかったけど、今は物足りない)(読売? そんな新聞この地方には、ない)

まぁ、来年のいつ頃かには、朝日は契約解除してる事でしょう。


個人的には…

体調不良が続いた1年でした。医療費控除がいっぱいで、きっと来年の確定申告がすごい事になってるだろう。

「あにゃまる探偵キルミンずぅ」に明け暮れた、とても幸せな1年でした。「深海魚のアンコさん」とか「このはな綺譚」とかも堪能する事が出来て、「ついに時代が私に追いついた!!」

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
1年間に見た全アニメを書き出してみた@2014
「偶数年は外れ年」の例にもれず、物足りない作品が多く、傑作がなかった印象がありました。
それと関係があるのかどうかはわからないけど、深夜アニメよりも小さなお友達向けアニメの方が面白くて、そっちの方の視聴がとても増えた年でもありました。
今年一番を決めるとなると、何になるかなぁ? 佳作はあるにはあるんだけど、いちオシって作品がない。一番は欠番って事で次点は「ウィッチクラフトワークス」「ハナヤマタ」「ろこどる」「棺姫のチャイカ」「天体のメソッド」辺りになるのなぁ?

今年最初に見たアニメは「あにゃまる探偵キルミンずぅ」で、今年最後に見たのは「天体のメソッド」でした。
来年一発目が年明け30分後に「ぽてまよ」が放送されるんで…

視聴数は、285タイトル、1452本。数的には去年とほぼ変わらない。

視聴方法の内訳も集計してみた
  • 円盤………… 64
  • リアルタイム 170
  • 録画………… 537
  • ネット視聴… 681
リアルタイム視聴が思ってたよりも少なかった。

以下、今年視聴の全タイトルです。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
リニモの萌えポスター集
地の利の関係から自分がリニモを利用する事はほとんどないんですが、せめてぽぷかるの時位は利用してあげようって事で久々に乗ったのですが………何か、駅に貼ってあるポスター類がみんな萌えてるんですよ。
と言う事で、ひとしきり撮影して来ました。(撮影日はいずれも2014/11/02)

ぽぷかる記念リニモカード◆ぽぷかる記念リニモカード

どうしてリニモが萌え萌えになっちゃったかというと、多分ぽぷかるのせい。あのイベント自体がサブカルでリニモをテコ入れしようって企画らしいんで。
沿線の大学の連中は、毎日萌え鉄道で通学してるなんて、うらやまです。

ぽぷかる号◆ぽぷかる号

ラッピング車両は、ぽぷかるちゃん、エネミィさま、リニモたん、知多娘、10周年記念号と5編成もあるので、ノーマル仕様のリニモに出会う方が珍しいです。
知多娘号◆知多娘号


本社駐車場利用特典◆本社駐車場利用特典

万博公園でのイベント時限定らしいんですけど、本社車両基地を駐車場として利用できるとの事だったので、利用してみました。「要予約」だったんだけど飛び込みで利用出来た、てか、周知されてないのかほとんど貸し切り状態だった…


◆駅貼りポスター
ポスター1ポスター2ポスター3ポスター4ポスター5ポスター6ポスター7ガチャ

author : たつもとちまき | おでかけしたよん | comments(0) | trackbacks(0)
2014夏アニメ総括
全体的に物足りなさを感じる期だったのは確か。でもハナヤマタとろこどるのツートップに、おまけのモモキュンだったんで、春期よりはかなりマシ。不作の谷は越えたみたいですね。

【終了】―――――――――――――――

●ガンダムさん
箸休めにはちょうどよかった。このボリュームと内容なら、もっと長く続いても余裕で楽しめたと思う。

●ひめゴト
原作を連載で読んでいたので。原作ではキャラの区別がつかなくて混乱しながら読んでたけど、アニメではその辺がとてもスッキリわかりやすかった。おかげで充分たんのーできました。

●アオハライド
キャラシフトがダイナミックに動く展開だったのに、物足りなく感じたのは何でだろう。ネコがてっきりストーリーのキーになるもんだとばかり思ってたんだけどなぁ。ネコは単なるエキストラで、しかも、毎回カメオしてるって気づいたのは相当後だった。

●モモキュンソード
90年代テイストだと思って見てたら、80年代テイストだった。合体時にケモミミ生えてないのがつくづく惜しかった。オーソドックスな作りだったんで、毎週楽しかったっす。

●精霊使いの剣舞
気になったのは、とにかく各キャラが全然立ってないって事。だからもう、キャラシフトとかストーリー以前の問題だった。でも、低いレベルで安定していたので、今期一番安心して見れた1作。

●ハナヤマタ
OP曲がよさこいしてない…

●普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
な、にゃごや…

●まじもじるるも
原作を追いかけてたので。ダイナミックに翻案されてたので、ちょっと「??」ってなってしまった。どうせ翻案するならチロ人間Verはネコミミにして欲しかった。この内容だと、原作第二部や第三部をアニメ化する気はさらさらないんだな。

【継続】―――――――――――――――

●フランチェスカ
安っぽい作画と話が、いい感じにギャクになってて◎。

●アカメが斬る!
姐さんのケモミミ尻尾が見たいだけでついて行ってます。

●ヤマノススメ セカンドシーズン
この勢いでどんどん売れて、せかつよ二期のための資金源になって欲しいっす。

●妖怪ウォッチ
相変わらずです。

●プリパラ
校長がどうやって籠絡されるかが気になる。

●白銀の意思アルジェヴォルン
軍の中に一人民間人が混じるってキャラシフトがとても面白いと思って見始めたんだがなぁ…
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ