ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
ディスククラッシュは突然やって来る
「だからマメにバックアップするのが大切なんだよ〜」って話とは、ちょっと違う?
いや、バックアップは大切だと言う話は、間違ってないですが…

今回、ぶっ壊れたのは、USBメモリーです。
そう、フラッシュメモリーには寿命があるんです。でも、通常の使い方なら、それを特段意識する必要はないはずでして、だから最近はSSDなるメディアも発売される様になったんだし…

Opera@USBをUSBメモリーに入れて使っています。で、USBメモリーを壊したのは、実は今回が2回目。
何と、USBメモリーが1年で2個も昇天するんですよぉ、Opera@USBを使ってると。
今のOperaが、どれだけディスクアクセスが突出して多いアプリかと言うのが、とてもよくわかります。いやぁ、こんな事でそんな事を体感したくないなぁ。

前回ぶっ壊れた時は、被害はかなり小さかったので、十数通のメールデータを失っただけで済みました。だから「壊れてひどい目に遭った」と言う自覚がなかったのですが、今回は壊れ方が非常に派手だった。
今回は何とNTFSのMFTが飛んでしまいました。USB内のファイルの何割かが壊れてしまいました。

最後のフルバックアップの日付が2月25日。
メモは、3月10日頃のファイルを発掘出来ました。
ブックマークは、奇跡的に無傷で、最新版を確保出来ました。
folder.iniは2月25日に巻き戻りました。それ以降にどのサイトのRSSを購読したのかを思い出せないです。
メールは2月25日以降に受信したものについては、4/5ほどを救出。1000通ほどを破棄しました(そのうち9割以上は、ごみ箱に入ってた迷惑メールなんだろうけど)

今回は、かなり懲りました。
今後は「Opera@USBは、必ず壊れるものなのだ」と言う自覚を持って使って行こうと思います。
「USBメモリーは消耗品だ」と言う事で、年数千円を支出するのは、もう仕方ないとして、どうやってバックアップするかだなんだよなぁ。日単位でバックアップするとして…同期ソフトでも色々試してみるにしても…
Operaフォルダってやたらとファイル数も容量も巨大なので、差分バックアップするにしても分の単位を要するんだよね。なんかいい方法でもないものかねぇ。
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Operaは遅い
こないだの週末は、ニコニコ動画に入り浸りしていました。
「ニコニコ愛されキャラ選手権」に参加してたんですよ。
どう言うイベントかと言うと、エントリーされたキャラにそれぞれ支援動画がupされていて、その支援動画への期間中のコメントの数で、各キャラがどれだけ愛されているのかを競うと言うものです。

会期は23時間。この間(ちまきの場合は、一人のキャラだけを応援しているので)ひとつの動画をひたすらリピート状態で再生し続けます。
ニコニコ動画の場合は、コメントの間隔が5秒に1回以上だと「荒し判定を食らってコメント出来なくなる」様な事はないので、そのペースを守りながら、23時間ひたすらコメントしまくるのです。

で、ここから先がブラウザの話。

普段、ニコ動にアクセスする時は当然のごとくOperaを使っているのですが、このイベントに参加する時だけはOperaを使いません。
なぜか?

Operaは動作が遅いからです。

一般的にはOperaは早いと言われているものの、それは単純なウェブページを表示する時の話であって、Scriptが絡んで来たり、Flashがあったりすると、Operは途端に速度が落ちてしまいます。しかも、安定度がいまいちと言うオマケ付き。
愛されキャラ選手権の場合、元々動作が遅い上に、20分位経過すると速度が途端に落ちてしまい、5秒に1回のペースを守れなくなってしまいます。(いつ落ちるか知らんと不安になる)
これが、Firefoxだと40分は大丈夫で、IEに至っては1時間位は余裕なんですよ。

だから、この時だけはIEを使います。(この時以外にIEを使う事は、…ほぼ皆無だ)
いくらセキュリティがダメだとか標準を守ってないとか言っても、IEの安定度はやっぱり抜群なんですよねぇ。

まぁ、同じ動画をひたすら連続再生し続けると言うのが普通でない上に、5秒に1回入力を行い、5秒に1回メッセージサーバーとの通信を行うのですから、普通の使用状態ではないと言えば、そう言えるんでしょうけどね。

Scriptがとても遅いと言う症状は、Opera9.5でかなり改善されましたが、Flashのダメダメさは今でも相変わらず。
Operaの中の人の弁によると「MacromediaはOperaでテストをしてくれないからなぁ」と言うのが原因らしいのですが、やっぱりこの辺が何とかならないと他人には薦められないなぁ、と思ってしまいます。
なんだかんだ言ってもリッチコンテンツの時代なんだし、一般人には「普段は『プラグインをオフ』の設定で使おうね」なんて言えないし…

ニコニコ動画で、複数タブで同時に動画を開いて、何かコメントしようとするとOperaがフリーズしてしまう症状は、Opera9.61+Flash10でもそのまんまだし…
# バグとして認識してもらってないのか? ひょっとして、この症状は自分だけ?
# 再現率は50%以上で、PCを変えても症状は変わらないのだが…
# どうしてそんな使い方するかと言えば、サムネイルで片っ端から動画ページを裏タブで開いて行き、後でひとつひとつ見て行こうとするから、こうなるのでして…

こないだの週末の朝日新聞土曜版で、ブラウザの特集が組まれていましたが「色々なブラウザがあるから、色々使ってみるといいよ」と言う趣旨の記事にはOperaの記述は皆無で、一覧表には載っているものの評価は全ブラウザの中で最低(動作が遅い+IEとの互換性がない、との評価)でした。Operaユーザーとしても、この扱いには「その通りだよな」としか思わなかったし…
かつて同じ朝日新聞土曜版で「Operaを使おう」と掲載されていた事を考えると、隔世の感がしてしまいます。
JUGEMテーマ:ブラウザ


author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera名古屋オフ 1日目

●プレ会

Opera名古屋オフが始まるまでは…

多くの人は、オープンソースカンファレンス2008Nagoyaの方に出かけて、もじら組のブースで妨害活動にいそしんでいたそうです。

ちまきはBlitzさんを迎撃し、彼の「産業観光」とのリクエストに応じて産業技術記念館へ行き、ありし日のトヨタの栄光と現在のダメ振りを説明。

お昼には名駅でオープンソースカンファレンスへ行っていた連中と合流、「名古屋めしを食いたい」とのリクエストにより「山本屋」の味噌煮込みうどんを口にしました。
白状すると、ちまきも山本屋の味噌煮込みは初体験。感想ですが…麺は上々&出汁はふつ〜? お値打ち感の対極を行く価格設定は、全くもって名古屋らしくないのですが、そこはそれ、観光客相手ののれん代って事なのかなぁ?
「生煮えじゃないか」と言う皆さんのリアクションは、味噌煮込みではお約束なんですよ〜

●本会 14:00〜

会場入口で名札を渡され記名するも…裏面にはおぺらたんのイラストにナンバリングがされていて…
その番号順に自己紹介となりました。予想通り、自己紹介中の人のサイトをさらし者にしながら…

今回は自己紹介はあくまでも自己紹介として進行し、1時間ほどで終了。すると「ネタを持って来たのだが」と言う人達によるプレゼン会へと発展して行きました。
予定外の進行に、ネタとして仕込んでいた「Operaをカスタマイズするぞ」のコーナーが1時間しかなくなり、尻すぼみになってしまい…
チーム分けして相談しながらカスタマイズすると言う仕込みだったのが、そんな時間など全くなく、全員でネタ出しだけしてオシマイと言う事となりました。

●二次会 17:30〜

名古屋メシをと言う事で予約されていた「世界のやまちゃん(手羽先の店)」へ。
「20人からでないと貸切にならないんですが」と店員に言われて数えてみると18人…仕方なく透明人間が2人いる事にして、予定よりも1割高となってしまったらしいです。
座は、タバコの席とお酒の席とシラフの席との3つに別れてました。
ちまきはシラフの席だったため、割とおとなしめに進行し…

今までのOperaオフでは二次会は暗くてこじゃれた居酒屋と言うのが多かったものの、今回はそれなりの広さがあって充分に明るい部屋だったため、あちこちでノートPCが広げられたあ〜だこ〜だとやっていました。

●三次会 22:30〜

名駅から豊明へ移動してスーパー銭湯へ…
名鉄で知立まで行ってスーパー銭湯の送迎バスをつかまえるつもりが、買った回数券がなぜか常滑線の駅のもので知立駅で出場出来なくなり…
やっとの思いで精算出来たかと思うと、送迎バスの場所が全くわからず…
一人がキャッシュディスペンサーを探し回って帰って来なくなっちゃって…

やっと到着した時には青息吐息? (正直言って、無事に着けるとは思っていなかった)

そのスーパー銭湯では、ひと泳ぎした後でOpera談義となり、「どうしてOpera9.5はああもダメダメなのか」とか「どうしてOpera社はリクルート活動にああも熱心なのか」とか、裏話を色々と仕入れる事が出来てとても充実していました。…朝起きたらすっかり忘れていたけどね。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera9.50リリース
久々のOpera新版リリース!
ただし、ちまきはこのヴァージョンへの乗り換えを見送る事にしました。

理由は…
メール周りが使いにく過ぎるぞ!

9.00になってから悩まされ続けた「どん亀ブラウザ」な状況は、かなりマシになりました。
少なくとも「フリーズ状態で数分間操作不能」と言う状況はなくなりました(まだ、メール受信時に数秒単位で間欠的に操作不能にはなるけれど→どうやらファイル書出がもたついていると言う根本的部分は治せなかったらしい)。
代わりに、いつまでもいつまでもCPU使用率が上がったままでディスクアクセスが続くと言う動作になりました。(それでも操作不能になるよりは◎です。→それよりも、いい加減メール検索インデックスをしないと言うオプションを付けて欲しいんだけどなぁ)

で、ちまきは何が気に入らないかと言うと…

まず1点目。
メールの「ゴミ箱へ移動」と「ビューから排除」を使い分けていて、キー操作でサクサクと削除と排除とを繰り返す操作をしているのですが、この「ゴミ箱へ移動」と「ビューから排除」のキー割当がフォルダによって振る舞いが違うとか「ビューから削除」のキー割当がなくなっちゃったとか、そう言う改悪をやってくれたんですよ。
1日500件のspamを受信していて、フィルター群を活用&目視確認で選別している身としては、
この改悪はまさに致命的。
もぉ、泣きたくなっちゃいました。
この点については、2日間ほど試行錯誤の上、keyboard.iniの書換で何とか解決する事がわかって、ホッとした所です。

2点目。
ニュースフィードの受信で、プレーンテキストの生成をしなくなりました。
この事により、多くのニュースフィードで強制的にhtml表示になっちゃいました。
何が困るかって言うと、ニュースフィードフォルダでは、なぜか「外部ファイルを表示しない」を指定出来ない様になっているんですよね。
9.2xではプレーンテキスト表示だったので不都合がなかったんですが、9.5では強制的に外部ファイル表示になっちゃって、これ、ものすごく困るんです。
ちまきが受信しているニュースフィードの99%が猫ブログで、画像がふんだんな所が多く、また、やっぱりCSSあっての各ブログの個性だったりするので、ニュースフィード画面では一切記事を見ません。元記事へのリンクをひたすらクリックするために、ニュースフィード画面を開いているのです。
そんな所へ、サイトに行く前に画像を見せられてしまうと、激しく興ざめしちゃうんですよ。
これは致命的なんだなぁ。
わかんないかなぁ〜、その気持ち。Opera社の中の人はニュースフィードの使い方はひとつしかないと思い込んでいるんだろうなぁ。saitoさんなんか、サイトに見に行く必要なんかないと言い切っちゃってる位だからなぁ。

他にも、致命的でないものの不満点はいっぱいある。(致命的じゃないから、慣れれば済むんだろうけど)
メールフォルダの表示、何とかならんのかなぁ? どのアカウントで受信中なのかどうかはわかる様になったものの、進捗状況がわからない(あとどれだけで受信が終りそうなのかが見当もつかない)のが×。
UI関係が跡形もなく変わっちゃってるので、元に戻すのが大変そう。(Opera6風味な自作スキンを使っているのだが…すごい事になっちゃってる)

ヴァージョンアップの度に、いつも移行作業に1〜2日ほどかかっているのですが、今回は一筋縄では行きそうになく、多分数週位はかかりそうだなぁ。
そこまでして移行して使うほどの価値が感じられないので、見送りと言う事に…

多分、9.2xの更新が止まってセキュア的な問題が発生したとしても、今の状態の9.5xには移行する事は絶対ないでしょう。
Opera9.27とOpera9.50のメールパネルの比較
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(6) | trackbacks(0)
Opera9.5betaの使用を断念
都合、3日間使った事になるのかな?
快適だったのは最初の数時間だけでした。
使い込めば使い込むほど遅さに磨きがかかる様になり…

ついには我慢の限界を越えたので、サヨナラする事にしました。

ページを開くたびに数秒〜10秒ほど固まったり(「次々裏タブに開いて行って後でゆっくり見よう」と言う使い方が出来なくなった)
RSSを受信し始めると30分も使えなくなったり(「うっかり『メール受信』を押してしまって涙目」を何回も経験)
終了処理は2分を越える様になり

ちょっとこれではヒドすぎる…
正式版になるまでに、治るんだろうな?(治らんかったらどうしよう…)
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(2) | trackbacks(0)
Opera9.5ベータ2
β2出ました。
半日ほど使ってみまし。
で、その感想。

…遅いっ!! 遅すぎるぞ!!

Opera9.2xでOperaが遅かった原因は次のふたつでした。
  • vlink4.datの書き出し
  • メール検索インデックスの書き出し

で、これらの動作で定期的にOperaが操作不能に陥るのは、新たに導入したファイルI/Oライブラリを扱い切れていないからだと耳にしていました。(Filemonで見てみると、数百キロのファイルを1バイトずつ書き出してんだもん、vlink4.datなんて数分毎に1から構築し直してるんだもん)
そのため、またまた新しい別のファイルI/Oライブラリを導入して、これらの不具合を解消すると聞いていたのですが…

…もしかして、この不具合解消はOpera10まで待たなければならないのかな?

vlink4.datで不意にOperaが凍る現象は、なくなりました。
何だか、vlink4.datをキャッシュフォルダで構築して、profileフォルダにコピーしている、みたいな動作をしているっぽいです。時々、キャッシュフォルダにvlink4.datが残っているのを見る事が出来ます。(残しちゃいけないやろ)
て言うか、根本的にvlink4.datの構築が上手く出来ないのか知らん、次に起動した時には訪問履歴を一切忘れてしまっています。
global.datの方は正常なので履歴パネルの方はちゃんと保持されているのですが、vlink4.datは再起動でまっさらな状態に戻ってしまうため訪問済リンクが全部未訪問になってしまいます。
これはやっぱりバグですよね? ちゃんと治るんだよね?

メール検索インデックスの書き出しでOperaが凍る現象は、相変わらずの様です。(フリーズの程度がちょっとだけ軽くなったけど、五十歩百歩)

9.5で「全文履歴検索」機能が加わりましたが、こいつが新たに遅くなる要因となりました。
新たなページを開いた時、半秒〜1秒ほど操作不能に陥ります。それだけならちょっとイラっとするだけなんだけど…片っ端からリンクを裏タブに開いて行くなんて事をすると(いつもやっている普通の操作)、笑える事態になります。

これ、改良される予定はあるのか?

正直言ってそんな機能は使わないぞ!

頼むから、真剣に頼むから、メール検索インデックスと全部履歴検索インデックスを無効にするオプションを付けてくれ!

その素敵な新機能の肝心な検索性能ですが、日本語の場合は入力した語句を単漢字のand検索として検索がかかる様です。9.27までのメール検索みたいに単漢字がor検索になっちゃって全く使い物にならないと言う事態よりはマシになったけど、まだまだだよな。
まぁねぇ、日本語みたいな分かち書きしない言語で、どの様に単語分けしてインデックスするかって、かなり難しい技術なんで、期待はしていなかったのですが…
だから、全文履歴検索は使う予定はないです。それよか、アドレスバーに何か入力するたびにヒョコヒョコ何かがプルダウンするのは、うっとうしくてたまらないって。

9.26の頃から悩まされて来た、ニコニコ動画で動画ページを複数タブで開いてコメント欄に入力した状態で放置するとOperaがフリーズする(最悪の場合、OSを巻き込んで落ちる)と言う現象は、9.5では起こらない様です。

起動は10秒〜30秒かかるし、終了は30秒〜1分かかるし、おかげで何度も二重起動の警告画面を見るハメになってしまいました。(9.27よりも起動は早くなったが、終了は何倍もかかる様になった。もちろんこれはきちんとチューニングされて改善されるんだよね?)
9.27みたいに完全に操作不能となって数分待たされるなんて言う事態(しかも日常的に頻繁に)にまではならないものの、似た様な遅さなら、遅さ以外の使い勝手(特にメールの)は9.27の方がはるかに上なので、ちまき的には9.5に移行すべき理由がないと言う事になります。

要望も書いておこうかな。
メール関係に絞っておきます。優先順序順ね。
  1. 「全てのメッセージ」と「フィルタ」とで del キーの動作が違うのは勘弁してくれ!(全てのメッセージ>削除、フィルタ>フィルタから排除)
  2. 削除とフィルタから排除とを別のキーで実現可能にして欲しい(これはまだmenu.iniとかkeyboad.iniに対して未実装なだけなのかな?)(現状ではフィルタ内で削除に対応するキーがない…一番使う期会が多いと言うのに)
  3. 各メールサーバとの接続状態がないと困るだろ!
  4. ニュースフィードに「外部ファイルを表示しない」がないではないか!
  5. 各アカウント毎にフォルダ表示しなくてもいいぞ!(ちまき的には「ラベル」「添付」「メーリングリスト」も必要ない)ユーザの好みで表示/非表示を選べる様にしてくれ!
  6. 「本文の表示形式」で「プレーンテキスト(HTMLはソース表示)」と言うのを付けてくれ!
  7. ニュースフィードが、テキストパートがなくなってHTML表示しか出来なくなっちゃったぞ!
  8. メール本文に対してmime.cssがちゃんと適用される様にしてくれ!
並べてみたら、本当にOperaの中の人はOperaメール使ってんのかなと思えて来てしまった…
Opera9.27とOpera9.5のメールパネルの比較
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera Backstage Tokyo
Opera Backstage Tokyo 於:ノルウェー大使館 と言う事で、喜び勇んで行って参りました。

いつもはOperaオフと言えばユーザ主催なのに、今回はOpera社主催と言う事で、随分と趣が変わっていました。

まず、開発者の面々が何人も…
そして、会のスタイルもセミナー風味で…

開発者の生の声が聞けると言うのが最大の魅力なのかなとは思ったものの、何故かそこん所に興奮を覚える事もなく、いつものオフ会程度な気軽さで会は進行して行きました。
Opera社側からはOperaの開発ポリシーと言うか、その辺の事をプレゼンしていただき、ユーザ側からはOpera活用法と題したプレゼンが行われ…

直接開発者達の話を耳にして感じたのは、デスクトップ版Operaは(海外では)それなりにシェアを確保していてすでに完成の域にあるので、ユーザからの要望を組み入れる事を主眼に置いている、と言う事でした。
かつてのタブとかマウスジェスチャーみたいな、新しい使い方を提案出来れば、と言うのが開発ポリシーになっている、と言う事で…
どうも、機能を盛る事が先決になっているらしい。

つまりね、それってね、「使い勝手の改善」はやっぱり期待出来ないって事になるんとちゃうやろか、と言うのを強く感じちゃったんだよね。
使い勝手なんて、とても地味で目立たなくて、そのクセ小さな改修の連続だもんねぇ。

Operaに「作り込まれた感」が全くないのは、その辺の意識の差があったからなんだなと言う事を、今回のオフ会では強く思い知らされました。

そう、Operaって「マニア向け」だったんだね。

Opera社の製品ポリシーがそう言う事であれば、それはそれでいいと思います。

でも、そうとなると、日本での普及率UPは絶望的だなぁ…
ちまきも、知人達にOperaを薦める事が出来る日が来る事を、きっぱりとあきらめる事にしました。

対するユーザ側なんですが、Opera社側が提示したお題目に従ってプレゼンがありディスカッションがありました。
「こう言うブラウザが欲しい」
アイデア募集と言うか、リサーチを兼ねたオフ会って感じかな?

海の向こうから開発者達がやって来ての会合だと言う事で、ユーザー側の参加者も業界関係者がやたらと多い感じがしました。
だからなのか、話題の内容が結構「目からウロコ」な物が多くて、それはそれで勉強になりました。

で、ノルウェー大使館についてですが、門から入ってホールに直行して、帰りもホールから門に直行したので、特に何も印象に残らず…

愛知万博で配っていた残り物なんだろうか、絵はがきを配っていたのでもらって来ました。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Operaの操作性
Opera論争について、もうちょっと引っ張りますね。

結局、どこでも「操作体系が変なんだよ」とか「これをするにはどう操作したらいいんだよ」とか「これは出来る?出来ない?」とか「そんなに使い慣れって大切なの?」とか、話題はそんな辺りをグルグル回ってしまっている様な気がします。

で、懐かしいんですよ、この雰囲気。

どうしてかなぁ、と思ってよくよく考えてみたら…その昔あった「FEP論争」そっくりなのね。

MS-DOSの後期にはFEP(今で言う所のIME)が、それこそ何種類もあって、互いのユーザが自分が使っているFEPの優位性について語り合っていた時代があった。
言い合う内容は、まぁ、機能だったり性能だったりするんだけど、必ず出てきたのが「そんなにケチつけるんだったら、使ってみてから言ってみろ」「このキーでこの挙動しないからクソだ」と言う水掛け論。

確かにそうなんだよね。IMEって一番人間に近い所で働くアプリだもん、その操作に慣れる事イコール自分の脳からのアウトプットがよどみなくPCに注入される様になると言う事だもん、使い慣れが何より一番大切な要素なんですよ。

結局は、WXがキーアサインを自在に設定出来る機能を付け、WXの性能が特によかった事と相まって、どマイナーなFEPでしかなかったWXが一番人気になる、と言う結末で、あのFEP論争は下火になって行ったんです。(追記・WXはその後マイクロソフトに提供されて、MS-IMEとして現在でもトップシェアなんだそうです)
その後はどのFEPでも「ATOK風設定」とか「VJE風」とか、既存の他のFEPの設定を添付しておき、それをユーザが好みに応じて選ぶのが普通になって行きました。

Operaは、操作体系についてはかなり自在に設定変更できると言うのが利点のひとつなのに、反面、その設定を変更するのにとても高いスキルが要求されると言う問題点も抱えています。
使い慣れがそんなにも大切で、その使い慣れがOpera普及のネックになっているなら、それこそ「Firefox風profile設定」とか「IE風profile設定」って作っておいて、それをインストーラーに同梱してしまえばいいのと違うかなぁ、と思うんですよ。

そうすれば「ホイールでタブ切り替わらないなんてクソだ」なんて事を言われなくなるのと違いますか?
使い慣れと言うハードルがなくなるので、ブラウジングの機能や性能だけで選んでもらえる様になるんだし。
確かに、Operaの一番の特徴である「多彩な使い勝手」が死んでしまう、と言う弊害もあるんですけどね。
【追記】12/10
saitoさんによると、「Firefox風設定」「IE風設定」はすでに存在するそうで…(そう言えば昔、そんな事が話題になった覚えがあるなぁ)
ただし、一応公式からリンクされているものの、あくまでもコミュニティの中だけの話に留まっていて…(しかも、日本語での紹介や誘導は皆無)

インストール時に設定を選択できる様にするとか、ダウンロードページで大きく紹介して誘導したりダウンロードボタンの真横にリンクを置くとか、公式側が本気で取り組まないといつまでも「Operaは使い勝手が」と言われ続けられる事になるのではないでしょうか?
「他のブラウザに合わせてキーアサインを変更しました」と言って旧来のOperaユーザから反感買うより、そう言う取り組みをした方がずっといいのと違いますか?
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Operaのオフラインヘルプ
saitoさんに喧嘩売られました…

「Operaのヘルプは貧相だ」と言うのは、私個人の考えにとどまらず、かなり多くの人の共通認識だと思うのですが(オフ会なんかでも必ず「だよね〜」って話になる)(はむらびさんに応援してもらっちゃったし)、それなのにOpera社の中の人の認識がこの程度でしかないと言うのが、悲しいです。
で、もうこれは、ユーザ側で行動を起こすしかないなと言う事で、作っちゃいましたよ、Operaのオフラインヘルプファイルを。

Opera9.24のchmヘルプファイル

Operaのオンラインヘルプをchm化したので、検索出来る様になりました。これで少なくとも、希望の情報がヘルプの中にあるのかないのかがすぐにわかる様になります。

ちなみに製作時間は、chmファイル作成1時間半+サイト作成1時間です。
(chm作成の半分は「コンパイルしたら文字化けの山…utf-8ってダメなの?最初からやり直しかよ!」で費やされた)

早速、saitoさんに指摘された件について、chmファイルを使って検証してみます。

まず「『アクセスキー』の使い方がわからない」と言う課題を解決するために「アクセスキー」で検索してみる。
おぉ! 何とショートカットキーのページにありましたよ!
所で「アクセスキーモード」って何?

アクセスキーはサイト製作者がアクセシビリティ確保のために用意するもので、「ナビゲーションバー」に近い性質のものです。
一方、ショートカットはOperaの機能をワンタッチで呼び出するための機能です。
だからちまきは、アクセスキーについて知ろうとした時に「ブラウジング」とか「表示モード」とかのページを探っていました。
まさかアクセスキーの解説がショートカットの中にあるとは…さすがにその発想はなかったなぁ…

次いで「ホイールでタブの切り替えが出来ないなんてクソじゃん」と言う課題を解決するために「タブ 切り替え マウス」で検索してみる。
ないじゃん!
タネ明かしすると「マウスを使う」の中の「開いているページを循環表示する」が正解なんです。ここだけ「タブ」って言葉使ってない。
それに「循環」って何?

まぁ、普通の人ならヘルプの目次の「タブ」をクリックするでしょうね。それでダメだから「マウス」をクリックするでしょうけど、この見出しではわからないでしょう。

これだけでもOperaのヘルプが使えないと言う事が充分わかるんですが…

今回、Operaのオンラインヘルプをchm化していて気がついたのが、次の点でした。
  • 目次が平屋だ
    階層化されていないんですよね。だから項目の整理に限界がある。タブの操作について知ろうとして「設定」の中の「タブ」を開いてしまい、悲しい思いをしてしまうのも、これが原因。
  • 図が一切使われていない。
    これにはビックリしました。少しばかりはボタンを表示させるために<img>が使われていましたが、それ以外は図が一切ありません。こんなヘルプは初めて見ましたよ。これでは目的の情報を探すのは困難でしょう。
  • 用語が変
    横文字が多いですね。日本語も↑の通りよくわかりません。Opera用語もとても多いです。この辺がPC初級者やOpera初心者を突き放している様です。
と言うわけなので、Operaのヘルプを普通のヘルプ(chm)にしてみても、普通のヘルプにはならなかった、と言う結末でした。(でも、検索出来る様になるんで、皆さん使ってね〜)

だったらどう言うのが普通のヘルプかと言うと、例えばちまきが自作したアプリのヘルプを例にしてみると、こんな感じ?
Clip Pick Up ヘルプ
60進数電卓 ヘルプ
↑これ、ダウンロード前にアプリについて参考にしてもらうために、chmヘルプをオンライン化したものです。
Windows使いであれば、違和感ないヘルプですよね?
こんなアマチュアな人が作るこんなちっちゃなアプリでも、これだけのヘルプは用意します。

想像なのですが、Opera社はOperaの機能を半ば「思いつき」で強化して行くのでしょうね。それでドキュメント関係が慢性的に追いつかないでいるのではないでしょうか?
さらに、各国語にローカライズする際にも「ヘルプに画像なんか使っちゃったら、単なる翻訳で済まないではないか! そんな大変な事は出来ないぞ!」って事情もあるのでしょう。

そう言うのを認めた上で「難しい問題だよね」と言ってもらえるなら「そうだよねぇ」って私達も思うんですが、まさか「ヘルプなんか見てるヤツいないだろ」「どこが貧相だって?」と言われるとは…
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(4) | trackbacks(0)
私がOperaを薦めない理由
てらじの所でOpera論が盛り上がってます。(はてなだけで盛り上がってるから、蚊帳の外感が満々)
今までちまきはあちこちにコメント書き散らしているだけだったけど「それではいかんのとちゃう?」と思ってしまったので、自分ところにも書いてみる事にします。

まずは自己紹介から

OperaはVer.6から、M2ことOpera MailもVer.6から常用してます。
FirefoxはOperaの補助として使ってたけど、使い込む前に縁がなくなった。代わりに今はlolifoxを補助にしていてます。Operaとlolifoxの使用比率は9:1って感じ。

一連の皆の書込を見ていて、とても違和感を感じたのが「Operaは○○が出来ないだろ」「いや、実はこうすると出来るだぜ」と言う話ばっかりだと言う事。
皆さん、ブラウザを何だと思ってらっしゃるのやら…ブラウザは、ウエブページを見るための「道具」なんですよ。
そりゃ違う人が作った違う形をした道具だもん「お前ん所では出来ない」「だったらお前は出来るのか」なんて、そんなのがいっぱいあるのは当然で、自分の手にしっくり来る道具を探して見つけて、それを使い込むのが一番だってのが正論とちゃう?
自分好みのソフトがどうしても見つからないなら、自分で作ればいいって事で、そうやって作られて来たのが沢山のIEコンポーネントブラウザでしょう。
# Firefoxの拡張が星の数ほどあるのも、そう言った流れのひとつなんかなぁ、とも思うけど…

だから「あれが出来る」「これは出来ない」なんて話は一切なしで、ちまき的にはそこから視点をずらしてみます。

私がOperaを他人に薦めない理由

その1 Operaは海外製ソフトだ!
「そんなん当たり前じゃん」と言われそうだけど、でも「Firefoxって海外製だよね」と言うと、多くの人は驚くんじゃないか?「IEって海外製だよね」と言うと「そう言えばマイクロソフトはアメリカだったね」って初めて気がつく。
それだけ、FirefoxもIEも、海外製だと気がつかないほどに日本語でしっくり使えるブラウザだって事なんですよ。
Operaは、日本語での不具合が多い上に、普段使っている色々な国産ソフトと比べて違和感バリバリなんですよ。それが敷居をとても高いものにしてしまっているんです。
その2 OperaはHelpが貧相だ!
「この設定のこの項目をいじると、何が起こるんだろう?」と思ってヘルプを見ても、いきなりOpera社にアクセスした上に、何だかわかんない大枠を解説したウェブページを見せられてしまい、疑問が解決しない。Opera玄人ですら毎度これで悩むんだから、中級者達は誰もついて来れないです。(初級者はヘルプで自力解決しようだなんて思わない)
普段使っている色々なソフトがどれも、ローカルなhtml Help(chmファイル)で、各ボタンや各メニューに対して説明していて、そのスタイルが標準になっているのに、Operaはそんな所まで標準とは大きくかけ離れた独自UIを採用し、しかも内容が貧相だ。「ヘルプして欲しいのに助けてなんかもらえない」と言う事で、普通の人なら嫌になって逃げ出しちゃうよね。
その3 誰に訊いていいのかわからん!
ヘルプが使えないのであれば、検索をかけてウェブ上で疑問を解決しようとする事になるんだけど、Operaはウェブ上でも情報量が少ない。となると「誰かに質問してみよう」って事になるけど…moonstoneさん所になるのか? それともyaskeの所か? mixiか? OKWaveか? MyOperaなら解決するんか? 2ちゃんねるなら何とかなるんか?
どこも閑古鳥で、確かな答えが期待出来ない。そのサイト内を見てみても、役に立つほど問答が蓄積されていない…
「ここで訊けばOperaは解決!」って場所がないんですよ。これはとても痛いんちゃう?
まぁこれは、我々ユーザ側が抱えている問題なんだけどね。

どうすればOperaは使ってもらえるんだ?

まず、ちまきがどうしてOperaを使っているのかと言う事に着目してみる。
  • サクサク動く
    半年前まで使っていたメインマシンが400MHzだったと言う事で、ストレスなくまともに使えるのがOperaしかなかった、と言う事ですね。
  • メニューやボタン類のカスタマイズが自在
    カスタマイズするためのハードルはとても高いものの、ちまきはVer.6の頃からのつき合いなので充分習熟出来ており、その辺は苦にならない、と言う事ですね。
  • 独自レンダリングだ
    そもそも使い始めのきっかけは、自サイトの表示チェックのため。標準に一番近いレンダリングをする上に、少数派なので、Operaを基準にすると他のブラウザでの表示もいい感じになる、って事ですね。
  • ブラウザとメールが統合されている
    なにせメモリがフル実装でも128MBしかなかったもんだから、これは貴重だった。Ver.8まではメール表示画面もCSSでカスタマイズ出来たのも良かった。もっとも、メーラーの日本語環境でのダメっぷりは、今でも納得していないけど。

次に、ちまきがどうしてFirefoxを使わないのかと言う点に着目してみる。
  • もっさりしている
    400MHzのマシンでも我慢の限界を越えていないのですが、あのもっさり感はちょっと遠慮したいな、と。しかし、これはもしかしたらFirefoxが遅いのではなくてOperaの早さに慣れてしまっただけなのかも知れないんだよね。
  • 拡張がわかんない
    拡張するのが面倒くさいと言うか、拡張について学ぶのが(どんな拡張があるのか調べるのが)面倒くさいんです。だから、Firefoxは一切拡張せずに素のままで使っていたのですが、やっぱりそのうち全然使わなくなって現在に至る。でもね、OperaのカスタマイズもFirefoxの拡張以上に難しいんだよね。ただ単にOperaに慣れてしまっただけかも知れないんだよね。

次に、ちまきがどうしてIEを使わないのかと言う点に着目してみる。
  • マイクロソフトが嫌い
    いや…ただそれだけなんですが…

次に、ちまきがどうしてlolifoxを使っているのかと言う点に着目してみる。
  • カワイイから
    いや…ただそれだけなんですが…

ここまで並べて、ふと気がつく事があります。
lolifoxはFirefoxの亜流のはず。Firefoxは諸条件から好きになれずに放棄したのに、同じ悪条件を抱えているlolifoxが好きなのは、なぜなんだ?

そう、どれだけ欠点や気に入らない点があったとしても、1点だけでもとても気に入った特徴があれば、その人はそれをセレクトするんですよ。
では、Operaを気に入ってもらえそうな特徴って何があるのかと言うと、早さだったり、セキュアだったり、豊富な機能だったり、標準準拠だったり、カスタマイズ性だったり…ただ、そのどれにその人がはまるかと言えば、それは人それぞれなんだと言う事じゃないでしょか? だから「どちらが優れているか」なんてのを議論するのは、あんまり意味がない様な気がする。

Firefoxは、素のままでもそれなりに使えるし、めいっぱい拡張して好きな様にカスタマイズする事も出来るので、上級者と初心者の両方を取り込む事に成功している、と耳にします。
初心者を取り込んだ点で、すそ野が広く、普及率のよさが数字に表れているんだろうねぇ。

なら、Operaはどうなんだと言うと…「私がOperaを薦めない理由」↑に書いた通り、Operaは初心者を拒絶してしまっている。
相手は「セキュリティ? よくわかんないよ」(だから、ノーガードでもへっちゃら)な人達や、「ブラウザ何使ってるかって? 私はyahooだよ」(ブラウザとスタートページの区別がついていない)な人達なんですよ。
そんな人相手に「セキュリティと使い慣れと、どちらが大切ですか?」なんてアホな事を訊いてちゃダメじゃないですか!

だったらOperaをどう広めて行けばいいんだって言われちゃうけど、正直言ってよくわかんないです。でも、とりあえず↑の初心者を拒絶する要素をつぶして行くしかないんとちゃうかなぁ?
JUGEMテーマ:ブラウザ


author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(7) | trackbacks(1)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ