ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2014年総括
今年は色々とネタがあるんだけど、とりあえず朝日新聞?

ちまき家はかれこれ50年以上前から朝日新聞を取っていて、浮気をした事がないらしいです。でも今年は、家族会議の結果「朝日をやめよう」と言うのが決まりました。決まったはいいけど、代えが見つからないのと、販売店が可哀相なのとで、契約解除をいつにするかでもめてる所です。

天声人語を読まなくなった(読むに足る内容ではなくなった)のが20年位前、オピニオン欄(社説や声など)を読まなくなった(読むに足る内容ではなくなった)のが10年位前、そして昨年辺りからは土曜版も読まなくなり、今はもう「C+」(名古屋ローカルの日曜版)しか読んでない。さすがにこうなると「お金がもったいないわ」って事で。
これだけ読み慣れてる新聞なので、記事の偏向を読む側で逆フィルターかける事が出来るんで、今まで問題なかったんですが、なにせ今問題になってんのは「偏向」「誤報」以前の「記事がファンタジー」でしょ。ネットで記事の裏が取れる様になって来てるんで「こりゃひでぇなぁ」ってのによく気がつく様になった事もあり、すっかり「読むに足る新聞ではない」と言う評価に落ち着いてしまってます。
悶着あって自称態度が入れ代わった後でも、記事のファンタジーさはちっとも治ってないので、社長がいくら反省を口にしても、もうダメでしょう。
朝日は会社も社員もプライドがでら高いからなぁ(そのプライドの高さのせいで、今まで町内朝日新聞社員達と町内社会との間でどれだけモメて来た事か)、やっぱり中日の方が素朴で読みやすいっす。(毎日は昔はよかったけど、今は物足りない)(読売? そんな新聞この地方には、ない)

まぁ、来年のいつ頃かには、朝日は契約解除してる事でしょう。


個人的には…

体調不良が続いた1年でした。医療費控除がいっぱいで、きっと来年の確定申告がすごい事になってるだろう。

「あにゃまる探偵キルミンずぅ」に明け暮れた、とても幸せな1年でした。「深海魚のアンコさん」とか「このはな綺譚」とかも堪能する事が出来て、「ついに時代が私に追いついた!!」

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
2013年総括
書くことが思いつかないって事は、歳取ったって事なのかなぁ?




今年のテーマは、やっぱり嫌韓?

ちまきが嫌韓になったのは、2009年。当時は日中交流SNSに入り浸りだったんですが、中国人達から「なんで日本人は韓国が好きなの? 信じられない」って言われて、そこで中国人達から色々と教わって「韓国とんでもねぇ」って思う様になった。
それから先はマスコミの親韓路線に違和感バリバリ感じる様になり、日本は何かおかしいなって思う様に。
で、今年は、かの大統領が就任直後からフルブーストだったんで、世間でも嫌韓が一気に広がって行き、ようやく自分の周囲の人達も目覚めてくれたなぁ、って感じでしたね。うちの母上もすっかりしっかり嫌韓になってます。

中国人は自分の国には建前と本音があるって知ってるから、自分達はウソもつくんだと言う自覚がある。ただ単に自尊心がすごく強いんでああ言う物言いになるだけで、だからまだ話し相手にはなるんだけど、韓国は、ねぇ。韓国人は自分達の言っている事は正しいって信じていて、それであの物言いだから、ものすごくタチが悪いです。まだ北朝鮮の方が話せる相手なんではないかと…

年金相談で出会うお客さんなんかとも「行く行くは戦争になるんだろうなぁ」なんて会話になるんで、自分が生きているうちにひと波瀾ある様な気はしています。なるべく穏便に片づけばいいんですけど…



個人的には…

仕事は、年金事務所では職員と完全に同等な仕事内容をこなす事を要求されて、必死なって追いすがってた。

アニメはいっぱい見て、コミックスもいっぱい読んだ。これは去年といっしょ。

福岡に旅行して聖地巡礼を楽しんだ。
ただ、今年は同人イベントには全然行ってない。

生活も行動も体験も、完全にルーチン化しちゃってるって感じかなぁ? だから毎年恒例のこの記事でも書くことないんだろうね。

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
2011年総括
3月11日を境にして日本が大きく変わってしまったってのはひしひしと感じます。
でも、それに対して思う感情は「変わるべきは東日本だけであって、西日本を巻き込むなよ」ってもの。

だって、阪神大震災の時は、西日本は変わったけど、東日本は全然変わらなかった。
対する東日本大震災では、首都圏が被災したって事もあって、在東京のマスコミ達がこれでもかって勢いで東京の感情を全国に撒き散らした。そのため、全国が巻き込まれる事になってしまった。

もちろん、阪神大震災の時と、東日本大震災とでは時代が違う。あれからもう16年経ってるんだから、情報が伝わる早さや範囲は違って当然だろうと言う意見もあると思う。
だったら、今度、東南海地震が起こった時に、東京のマスコミは同じ様な報道をしてくれるんだろうな? 本当にしてくれるんだろうな?

正直言うと、私とその周辺の、東日本大震災の様子を見て感じたものは、悲惨とか可哀想とか大変な事が起こったとか、そんな感情ではありませんでした。感じたのは「これは明日の我が身だ」「次は自分達の番だ」ってものなんです。
震災関連ニュースを見る時の私達の態度は「ここから何が学べるだろうか」と言う事。「どうやったら自分達は被害を少なくできるのだろうか?」って視点で震災ニュース見てます。ここ東海地方はもう30年以上も臨戦体制だもんね、その辺の感覚は伊達ぢゃないよ。

東日本の人達の感覚は、何となく想像出来ます。話題の取り上げ方を見ていると。
きっと阪神ではまた違った感覚を感じているんだろうし、これが九州まで震災地から離れると、また違った感覚で見てるんだろうなって気がします。
何と言うか、もぉ「こんだけマスコミと自分たちの感覚がズレて来ちゃうと、なぁ」って感じ? 今に始まった事ぢゃないけど、今年は特にそれを強く感じた年でした。
災害と言えば、920豪雨。あれは真剣に怖かった。
刻一刻と悪化する気象状況下で、役に立ったのはネットだった。テレビでは民放の方が情報が早く、通常番組を続けていたNHKは「やっぱり役に立たないなぁ」と実感。(災害報道する事がNHKの存在理由だろ? だったらローカル局にもっと権限を与えろよ)

災害のツメ跡は、今でも近所の至る所にあります。
てか、この辺って10年毎にこんな水害起こってないかい?

直前に和歌山で大水害があって、甚大な被害が出ていたので、名古屋の水害はあんまり話題にならなかった様だけど。でも「相次ぐ台風による豪雨」って事でいっしょくたにされて10大ニュースに入れてもらってる様だから、とりあえずそれでいいです。
TBSの積極的ボイコットは継続中。
セブンイレブンの消極的ボイコットも継続中。
仕事は、あまり代わり映えしなかった。
年金事務所ではムチャ振りが多くなって、泥縄で頑張ってた。

震災の影響はこれから出ます。来年は売り上げ減。
生活では、家族がひとり減りました。
春から秋にかけて老猫介護に明け暮れていたのですが、おかげさまで無事に送り出す事が出来ました。

最近ようやく2人と1にゃんの生活に慣れて来た感じ。
ネットでは、zoomeが閉鎖。Talkfeelも閉鎖。
居場所がほぼ100%Twitterになりました。
おかげでブログの更新、見ての通りでほとんどしてない。他人のブログもとんと訪問しなくなったし。

ブラウザは、サイト閲覧では9割以上Firefoxを使う様に。Operaはほぼメーラーとしてしか使わなくなった。
来年は、Opera卒業したい。

あとは、
  久々に何か書いてみたい、十数年振りに。 とりあえず2次創作から、かな?


Jugemお題 2011年!今年一年を振り返ってみて

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
2010年総括 その1 プリウス怖い
年金事務所で「協力で入っている社労士も、車通勤禁止」の通達が出ました。
それで、暑くても寒くても頑張って原付で片道1時間走る様になりました。今年は車と単車の乗車距離が逆転しました。

で、そこで気がついたのが「プリウスは怖い」って事。

単車は常に命がけで乗車しています。四輪にしか乗らない人はそれを理解していない。
無謀運転をする人の車は、真剣に命の危険を感じます。

で、「この車種には近づくな」ってのが出て来るんですが………今年はそれに「プリウス」が加わりました。

以前は、ベンツとBMWだったんですよ。近年になってBMWはあまり見かけなくなり、ベンツは従来通り見かけるもののあまり怖くなくなって来ました。代わりに怖くなったのがレクサス。この車は真剣に怖い。
要は、高級車に乗っている人は性格がとんがっていると言うかワガママなんで、運転が怖いんですよね。

そんな中で、去年辺りから怖くなって来たのがプリウスです。
普通のクラスの車なのに何でなのかなと思ったら、この車、少々お高いんですね。だから乗っている人はきっと高級車気分で乗っているのだろうか、とか。
元々この車は、エコ気分を味わいたいだけのエセエコな連中が買うものだから、資金的にかなり余裕のある人が手を出す車種なのでしょう。(本当にエコ意識のある人は、この車に乗らない)

多くのプリウスは、エコとは対極の運転をしているんだよね。もうその走りっぷりと言ったら、すごい、すごい。四輪に乗っている時でも、プリウスに後ろから圧力かけられるし、無謀な追い越しをされたりします。

そんな状況の中、今年はエコカー補助金の影響で、プリウスの普及率がとても延びた。それで無謀運転をするプリウスに出会う確率もとても増えた。そんなこんなで「プリウスは避けるべき車」になってしまったんじゃないかなと思います。
プリウスに限った事ではなく、他のハイブリッド車も(トヨタ以外のメーカーの車も)結構怖いです。ただ、滅多に出会わないだけで。

でも、トヨタのハイブリッド車は特に走りを追及した車作りをしているんで、「いい走りする車だなぁ」ってんで無謀運転になりがちってのもあるかも知れないけどね。どちらにしろ、迷惑なことです。
ハイブリッド車が怖いってのは、HVが普通のものになって無謀運転しない人が増えるのを待つか、EVが普及してHVが主流から外れるまで、我慢しなければならないんでしょうかね。どっちにしろ10年以上は怖いのか………
いや、エコカー補助金の影響がなくなって、プリウスのシェアが下がるまで辛抱すればいいのかな。

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
新型インフルエンザその後
国家試験会場で浴びてしまった新型インフルエンザなんですが、やっぱりしっかり感染していました。

のどがいがらっぽいです。
タンが絡んで咳が出る事が1日に数回あります。
でも、その程度です。もちろん発熱は、ナシ。
症状的に、非常に軽いです。これではとてもじゃないけど、発症者にはカウントしてもらえないです。

ちまきの母上も、ちまきとは別の場所でもらって来たらしいです。
症状は、ちまきと同じ。

街に出てみても、仕事場でも、列車に乗っても、みんな同じ感じです。たまに咳が出る、そんな人が山ほどいる。
おそらく今は、非感染者よりも感染者の方が多数派でしょう。
ちまきの周囲でも、「新型インフルエンザ、済ませた? まだ?」なんて会話しています。

これほどまでに軽く済むだなんて、あまりにも拍子抜け。
あの騒ぎは一体何だったんだ?

軽いと言っても、いつまでもいつまでも治らない。そんな点で「あぁ、これが免疫のない病原体なんだな」って実感してしまいます。

ニュースなどでは、ワクチンが足らないだの、大感染への対応が出来るかどうか怪しいだの、そんな事が盛んに言われてるけど、そんな心配、すでに無用なものかも知れないです。

それにしても、発症してしまう人と、そうでない人の違いって、一体何なのだろうか?

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(2) | trackbacks(0)
期日前投票
30日は予定が入っているので、投票を済ませて来てしまいました。
不在者投票制度の時と違って、期日前投票は色々言われて拒否される事もないので、気楽で簡単でとてもいいです。
今回は、意外なほどたくさんの人が投票に来ていたので、ちょっとビックリでした。

で、投票先はナイショね。
世間では今回の選挙はすごいぞと盛んに騒いでいるけれど、ちまき的には、いつも通りの方法でいつも通りの基準で投票先を選びました。
いつも、選挙公報に書いてある内容について、減点法で投票先を決めています。
で、今回は、かなり久し振りに、選挙区の人と比例区の党とが一致したって感じで、「あぁ、やっぱり今回の選挙はそう言う結果になるんだなぁ」と感慨深かったり…

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
震度なし
今日は早朝から出かけるものだから、時計代わりにテレビをつけていたとですよ。
たまたまそれが政見放送だったんですが、そこに緊急地震速報が入って来ました。もちろん、政見放送はぐちゃぐちゃに。あれって、再放送とかする事になるのかな?

で、この緊急地震速報なんだけど、まだ始まってから1年経っていないんですよね?
なのに、今回などは「あぁ、またか」と思っただけで、特に身構える事もなく、無意識のうちに過ぎていこうとしていました。
すっかり「狼少年」状態ですよ。

そう、NHKがね、本来ローカルで扱うべき緊急地震速報を全国に流してしまうんだな。
もう何回も、何回も、あのチャイムの音を耳にして、受け取るこちら側は完全に慣れてしまいました。

無意識のうちにスルーしようとしていた自分に、がく然としてしまいました。

テレビなどでは、今回の緊急地震速報が誤報だった事を取り上げて「狼少年になりはしないだろうか」と盛んに心配しているけれど、それ以前の問題として、このNHKの全国垂れ流し現象を何とかしてもらわないと、本当に困った事になりかねないんですけど…

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
緊急回覧板
今日夕方に緊急の回覧板が回って来ました。
わざわざ呼び鈴を鳴らしてちまき家にやって来て、ちまき家でも隣家に直接手渡しをしました。

こんな対応をするのは、初めての経験です。これまで、どれだけ急ぎでも、手渡しを徹底しての回覧はした事はないです。

で、その回覧された文書なんだけど………

豚インフルエンザについての諸注意
市役所が作成した文書でした。
内容としては、「ウワサに惑わされるな」「正しい情報源で情報収集をしなさい」「まだパンデミックではないから安心しなさい」
………ん?

見ると、文書作成日は28日になっているんだけど。たった2日で状況が変わってしまっていて、文書の中身の半分は、すでに役立たずでした。

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
2008年総括
秋に、トヨタから葉書が来たとですよ。
母上が乗っているパッソが、リコールすると。
…正確にはリコールではないですね。無料改修すると言う意味では間違っていないですが。
葉書によると、走行条件によっては排ガス性能がカタログ値通りにならなくなるかも知れないから、コンピューターのプログラムを入れ替えるとありました。

で、その葉書を持って販社へ行き…ものの30分でROM交換は完了。

何と、燃費が2割も良くなっちゃいました!
母上曰く「よく走る車になった」とも。

これまで、母上の運転で7km/l、ちまきが運転しても9km/lしか走らず「どこがリッターカーやねん! この大食らいが!!」だったんですよ。それが「ROM交換しただけ」で11km/l〜13km/l走る様になっちゃったんですからねぇ、これなら普通かな、と。

そう、これがトヨタの技術力なんです。

おそらく、燃料噴射プログラムを、カタログ値が最高になる様にセッティングしたか何かでしょう。実際の走行とはかけ離れたセッティングになっちゃったって事じゃないのかなぁ?
または、ソフト会社へ支払うお金をこれでもかとケチったせいで、バグ取りが満足に出来ずに不良なソフトウェアを実車に搭載する事になっちゃった、とか。
ちまきとしては、両方じゃないかな、と言う気がします。
# カタログ値至上主義は販社の人からよく聞かされるけど、万博でIMTSが満足に走らなかったのはソフトのバグのせいだったから、下請けいじめも原因だろうな。

トヨタは、販売力の強さでもってシェア1位を獲得した会社です。いい車を作っているかと言えばとんでもない、出来としてはそこそこでしかない車を作ります。
それを、セールストークでいい車かの様に思わせる、そう言う商売をやっている会社なんですよ。
何か自分に不都合な事があっても上手に言いくるめて見事に自分に都合のいい風評を広めるし、とんでもな不祥事を起こしても巨大な政治力でもって見事に封じてしまうし。
販社に行けば、見事なまでに他社の悪口が並ぶからねぇ。

で、物作りに関して言えば、必要な技術はよそからお金で買って来るばかりで自社で何とかしようとしないし、下請けいじめがものすごくて取引相手をどんどん疲弊させてしまうし、どんな車を作るかは会議室で決めていてユーザーが欲しがる車が何なのかの分析していないし。
# 作った後で、セールストークで「この車が欲しい」とユーザーに思い込ませるのが、トヨタの手法。

「本物の物作り」をしていないので、もしもユーザーが消費に賢くなってしまったら、大打撃を受けてしまう…そんな事から、ちまきは随分前(10年位前?)から「トヨタは日本経済の核爆弾だ」と言い続けて来ました。
だから、今年のトヨタの凋落は「あらら、本当に来ちゃったよ」だったんですよぉ。

今回の経済危機で一番ダメージがきついのがトヨタなのですが(消費者の選択眼が厳しくなったからね)、今回も風評作りに成功しているので、そんな報道にはなっていないのは見事なんだけど…
立ち直るのには時間がかかるだろうし、立ち直れても1兆円(絶好期の半分)止まりじゃないかな、と思います(トヨタの中の人も、同じ様な事を言っていた)。

で、トヨタに限らず、大量の無職無宿が誕生してしまったわけですが、何が間が悪いって、冬に放り出してしまったってのが、ねぇ。越冬出来ずに命を落としてしまう人がきっと何人か出てしまうでしょう。
景気も、戻るのにかなり時間がかかると思います。て言うか、調子が戻るだけで、元通りにはならんだろうな。

それ以前に、大量消費の社会を何とか変えない事には、エネルギーも資源も環境も継続してやって行けないだろう。
この経済危機が「ちっちゃな経済」な社会への転換点になれば、と思います。
個人的には、ねんきん特別便の特需に湧いた1年でした。
応援として駆り出され、社会保険事務所の窓口に座っていたのですが、おかげで年金に関するスキルが上がるわ上がるわ。

おかげで、年金相談に自信がつきました。

ただ、あくまでもこれは特需だったからねぇ、来年はそれがなくなっちゃうんで、収入が大幅減です。

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
交通事故
いえね、ちまきが事故ったわけではないのでして…

うちのブロックの角にある信号のない交差点、よく事故るのですよ。
今朝も「どちゃ〜ん!」と。ブレーキの音が聞こえなかったので「近所の工事の人が鉄板でも荷卸ししてんのかな、朝っぱらから騒音な」と思っていたのですが、そのうち救急車が来て消防車が来てパトカーが来て…

1台はひっくり返って民家の生垣に突っ込んでいましたよ。その救出にレスキューが来ていました。
この交差点、事故ると必ず車がひっくり返ります。

ここに住んで30年になるんですが、この場所の事故はもう5回を越えているはず。(3回までは数えていたんだけどね)
今年は既に2回目です。

カーブな下り坂が終った場所にある交差点で、見通しが悪い上にスピードが出てしまうのですよ。一旦停止側からは、坂を下って来る車が全然見えないし。

町内会でここに信号を設置する事を議決して、すでに公安の方に要望書を出していて「四つ角の家の承認が得られて、予算がついたら」と言う返答があった所なんですけどね。間に合わなかったのね…

うちの前の道は、両側に歩道がある2車線道で、近所の道と比べたら広い道なんですが、住宅街の道には違いはありません。なのに、車の量は結構多くて「車が通らないのは夜中の1時から3時間だけ」と言う状況。何年か前からは路線バスまで走る様になってしまったし。
元々は30km/h制限だったのが、誰もそれを守らなくて60〜70km/hでみんな走るものだから、40km/h制限に変更になったと言ういきさつがあります。おかげで今ではみんな50km/h位で走ってくれる様になったけどね。

今日事故があった場所は、派手な事故になるだけで誰もまだ死んでいないからいいものの、この道路、幼稚園の前では3人、小学校の前でも2人が怪我してるし、寺の前では2人死んでるし…

地元住民として、あえて制限以下で走って他の車をけん制したりしているけど、時々イノシシなドライバーと喧嘩になります。
逆に、数年前から「幼稚園の前は10km/h」なんて事をしていたら、それを真似するドライバーがどんどん増えて来ていて、徐々に暗黙のルールになりつつあるのは、ありがたい事ですけどね。

流速が下がらない事には、事故があるたびに信号機がどんどん増えていって、不便な道になって行くばかりだと言うのに…ここを通るみんなは、それがわかんないんかなぁ?

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ