ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
台風20号
今回もNHKがやってくれたぜ!
昨日の午後、大阪が豪雨で大変な事になったらしい。
ミヤネ屋が盛んにその情報を流していた。(大阪のローカルな地名がバンバン出て来て、ちょっと新鮮だった)

今朝、今度は当地名古屋の番である。
確かに雨風ともにものすごい勢い。

で、午後になって収まってホッとしたら、午後3時頃からNHKがおもむろに台風のニュースを流し始めた。相変わらずの豊富な情報量である。

遅いんだよ!

出て来るのは、関東のローカルな地名ばかり。昨日のミヤネ屋の関東版って感じ?
毎度の事なんだけど、どうして西日本通過中にはニュースにしようとしないんだろうか?
逆に、そんなローカルな話題、全国ニュースで取り上げる性質のものではないと言う方針なら、関東ローカルな気象情報だって全国ニュースにする必要はないだろう。

何回苦情を申し入れても、治らないんだよねぇ。
て言うか、多分、治す気はさらさらない?

おそらくこれがNHKクオリティってヤツなんだろう。
全く、スポンサーを誰だと思ってるんだか。
(スポンサーの1/3が関東圏の人だからこれでいいんだと言えば、確かにそうかも知れないけれど)

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
祝! 田村英里子・米TVドラマ出演決定
去年辺りからNHKの「英語でしゃべらナイト」でちょくちょく見かける様になり、消息を知る様になりました。

単身でアメリカに渡り、女優を目指していた、とか。
コネなしバックなしで素人同然で飛び込んで行った辺りが、他の芸能人とは全然違います。
英語は渡米してから覚えたってのも、なかなか。

物おじしない性格は相変わらず健在らしい。

で、渡米して7年になるのかな?
B級映画やTVのローカル番組なんかに出られる様にはなっていたのですが、このほどめでたくNBCの超人気ドラマの続編のレギュラーをゲットした、とか。

「夢はかなうんですね」と本人ブログに書いてありました。

今年のミス・ユニバースの森理世も同じ役のオーディション受けてたって言うんだから、えりりんはそれで競り勝っちゃったんですねぇ。(森理世は今年はミス・ユニバースの仕事が混んでいるので、また今度と言う事になったらしい?)

アメリカの高視聴率番組に毎週顔を出す事によって、えりりんの活躍の場がどんどん広がって行き、日本でも彼女を再びよく見かける様になればいいなと思います。

で、「ヒーローズ」って日本では見れないの? うぅむ…

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
納豆復活
さすがに騒動も2週間となると、こっちとしてもノウハウってもんが出来るわけで

「納豆買うなら朝一番」

確実に入手出来る様になってホッとひと息。
ただし、朝のスーパーって物価が高いんですよ。結局、納豆のために朝出かけて、その他の物を買うために夕にも出かけて、なんて二度手間を強いられる様になりました。

他の人を見ていても、1コ400円もする超高級納豆を手に取って、悲しそうな顔をしながらしばらく悩んでカゴに入れる人がいたり、とか。

とにかく、全国民が大混乱に陥った納豆騒動だったのですが、その結末も意外なものでしたよねぇ。
番組の内容自体がねつ造だったとは。

たとえ、捏造でなかったとしても、あまりの迷惑ぶりにうちの母上など「もう、あるある大事典は見るのをやめる」と言っていたんですけどね。
全国民の怒りを買った上に、さらにねつ造だったと言う事なので、ただの番組ねつ造とは糾弾の度合が数ランクも上になっちゃいましたよね。

放映の翌日に、母上に「ダイエットに納豆なんだって」と聞かされた時、ちまきはすぐに「それはないだろぉ」と言い返しました。
だって、ナットウキナーゼの話は全くなく、イソフラボンの話だったとの事なので、「だったら何で納豆なのさ。豆腐や味噌ではダメなのか?」と思ったのが、この話はウソだなと思った根拠でした。
納豆はかなり良質なタンパク質で、それで栄養素を確保して他の食べ物を減らせば、確かにダイエット効果があると思います。でも、番組はそう言う内容ではなかった。
逆に納豆は高カロリーなので、納豆の大量食いはダイエットとは逆効果になります。番組では「1日2回(200g?)」との事だったので、太るほどの量ではないなとは思ったものの、この点でも疑問だったし………

その後、案の定、ラジオで盛んに「納豆ではダイエットは出来ません」の呼びかけが流れる事となりました。
(今日は「ダイエットに王道はありません」と呼びかけていた。食事を適量にして運動するしか方法がない、と言う事であって、それ以外の「ダイエット法」は全てウソって事ですね)

ちょっと考えれば番組の内容がウソだとわかるのに、それが見抜けないバカがとても多いんですねぇ。
いや、医療関係者OBであって栄養学的知識も豊富なうちの母上ですら、放映後数日は番組内容を信じていた様なので、テレビの洗脳効果がすごいんだ、と言う事なのかも知れないです。

納豆は作るのに4日以上かかるものなので、生産調整即日対応は不可能だそうです。
これでここしばらく、大量に売れ残る事になるんだろうね。全くもって迷惑な番組です。

あ、そうそう、納豆は冷凍できます。大量に捨てられるのがもったいないと思った人は、ダブついている納豆を大量に買ってあげて冷凍しておきましょう。
(アメリカ行った時に、現地の日本人が半年前に期限切れの納豆を食べていたので、ビックリした。日本食材ショップに行ったら、なるほど冷凍して売られていたのでした)

そう言えば、ここ1週間ほど、バナナの棚もカラッポになっているんだよね。どこの番組が取り上げたのかな?

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
で、結局今日は何の日?
ラジオでは「あれから5年であり、6年であり」と言っているので、ちまき的感覚がズレているわけではなさそうなので、とりあえずホッとしています。

「911は紀子様の誕生日だ、と考える様にしようよ」とも言っているので、なるほどなとも思いました。

こんな日に、朝の番組で「インカ帝国の成立」と言う曲を流すとは、さすがCBCです。
「マンコ・カパック」と連呼する曲が延々と流れ、しまいには小高アナが「もういい!」と怒っていましたが。

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
ゆうこりんのふんどC
今日のノブナガは、女性用ふんどし「パンドルショーツ」の紹介でした。(多分、ここの商品だと思う>ラブサプリメント
ゴムの圧迫感も、着けている感も全くなくて、まさに理想の下着だから、男性だけの特権にしておくのはいかがなものかと言う事で商品化された様ですが、でも、オンナノコにふんどしだと食い込んでしまうのではなかろうかと言うのが、わい談やエロ漫画などの王道のはず…

と言う事で、番組中では小倉優子が実際に装着してみてました。(服の上からだけどね)
いやぁ、いいもの見せてもらいました(ゆこりんの変な恰好は、いつかの縄縛り以来かな?)

で、女性でも食い込む事なく、ごく普通のショーツとしてふんどしが使えるのですね。

今日のノブナガではゆこりんは「名古屋が好き」と豪語していました。素の自分に近づけるので、ホッとするのかな?
以前はエロトークには嫌な顔をしてみたりカマトトぶったりしていたのに、最近はごく普通にエロトークに参加する様になっちゃったし。
(今日のノブナガでも、弟がエロっ気がないので家族みんなで心配しているとか言っていたし)

ノブナガも放送エリアがかなり広くなって来ているので、このゆこりんの素が見れないのは東京と大阪だけって事になりそうですね。

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
ムシキング最終回
ポポとパムが一緒になると言うのはわかっていたけど、まさかセランが旅立つ事になろうとは全くの予想外でした。
て言うか、終わりに向けて、ポポとセランが一緒になりそうな話の流れになってたからね、この結末にはちょっとビックリ。

どこまで風呂敷を広げるつもりなんだぁ〜と思ってたけど、ちゃんときれいにまとまったって感じでしょうか?
あ、ひとつだけ、チビキングが完全に忘れ去られた存在に成り下がっていたってのが、唯一まとめ足りなかった点かな?

パムとセランのダブル萌えだし、巨乳キャラも二人だし(片方は子持ちだけど)、話もよく組まれていたし、見応えバッチリだと思ってイチ押しで注目してたんだけどねぇ、そっち方面の人達には全く無評判だった様で、話し相手は最後まで皆無でした。
その辺からも、ちまきはすっかりコミケの外の人になってしまったんだなぁ、と…

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
写真マラソン
ゴールしましたねぇ

とりあえずは、ヤッシーおめでとうさん&ご苦労さんです。

地名しりとりと違って試聴率がイマイチだから、どうしたもんだかなんて話も聞こえて来ていたので、打ち切りとかあるのかなとか思ってたんだけど、まさかまさかホントにヤラセだなんて事はないよねぇ。

そんな感じがしない事もないキレイにまとまったゴールの状況でした。

まぁ、でも、かく言うちまきも、名古屋城の写真を(それに、ヤッシーをおとしめるためのヒューストンのNASAの写真も)自分のケータイに入れて、ヤッシーとの出会いに備えてた位だから、こう言う終わり方もアリって言えばアリなんだろうけどね。

ヤッシーの人柄がワッキーとは全然違って毒があったのと、地名しりとりと違って、現場で同じ写真を撮るために「待ち」になってしまう事がやたら多くて見ていてダレちゃったってのがあって、地名しりとりよりも格下って事になっちゃったんだろうね。

まぁ、ここは、次の企画がどんなんか、お手並み拝見と行きましょう。

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
紅白歌合戦
発表されましたね〜。
関心はないんですが、新聞の見出しが「松任谷由美初出演」

うっそぉ〜、今まで出た事なかったんかよ〜
過去にNHKと何かあったのかなぁ、とか思ってしまいました。ホラ、NHKってつまらん事でえらく意地っ張りだから(タケシとかタモリとか)。
今回も万博絡みでなかったら、出演なしだったかも知れない…

ちまきが紅白を見なくなって、もう10年以上です。だって、つまんないんだもん。今回の出演者にしたって、名前を知らない人が半数以上だし。

そもそも紅白の視聴率が下がり続けなのは、価値観が多様化して、歌の好みもどんどん多様化し、国民あまねく受け入れられる歌とか、家族全員で聞いた歌とか、そう言うのが存在しなくなっちゃった事が原因にあるんですよ。
だから、歌が一家の共通語でなくなった以上は、1年の締めくくりを歌で振り返ろうって言ったって、誰も見ないのも当然な訳です。
それに、やたらショー的要素ばかり強くなってしまって、初期の頃の紅白の精神がどっか行ってしまっているので、番組自体とてもつまらないしね。

時代と共に紅白の役割も終わったって事であって、どれだけNHKが努力した所で視聴率の復活はズバリないでしょう。(そこん所を、NHKはちっともわかってないよなぁ)

紅白見なくなったちまきは、大晦日は家で紅白と言う縛りがなくなった分、外出すると言う選択肢が手に入った事になり、毎年、二年参りをする様になったのでした。(紅白の時間は伊勢に向かう列車に乗っているのであった)

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
LOVEARTH復活
万博が終わり、毎日聴いていたFM-LOVEARTHも放送終了してしまったため、毎日の聴くものに事欠く様になってしまいました。
以前に戻ってCBCでも聴くべと思っても、考えてみればCBCは朝昼夕はよく聴くものの、夜に聴く習慣が全くなかったです。
それに、半年も毎日聴いていただけあって、すっかりLOVEARTHの語りや曲調に耳慣れてしてしまっている…

それでもこの1週間で、ようやく「聞けば聞くほど」や「聞けばツー快!」に耳が戻って来た所です。

今日もそんな調子でCBCを聴いていたのですが、今日はあの懐かしの語りと曲調がCBCから流れて来ました。佐野瑛厘たんがしゃべっているではないですか。
AM-LOVEARTHと言う形で、あのFM-LOVEARTHが戻って来たと言う事みたい。

土曜日を除く毎日放送、DJはFM-LOVEARTHひく2名たす3名と言う布陣。
瑛厘たん以外には、あのノリウエノが登板予定。(次の仕事の予定がなかったのが残ったのか、それとも名古屋人が残ったのか)
残り3名がどんな風味なのかは、ちょっと不安でもあり、期待してみたくもあり…

考えてみれば、今までこんなスローでポップなラジオ番組ってのがなかったわけで、ちまきを含む大勢も、万博ラジオだからと言う理由だけで聴いていたわけではなかったんですよね。
その辺の盛り上がりを、CBCが拾ってくれた、って事でしょうか? 何にしても、これからのラジオのひとつのスタイルとして定着するか、今回限りになるのか、次の改編期には判明するって事でしょう。

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
つボイノリオinかすがい
つボイノリオが春日井に来ると言うので、昨日は市民会館に行っておりました。
自分史フォーラムと言うものだそうです。
何でも春日井は全国で唯一の自分史センターを持つ市なんだそうで…そんなもん知らん! … … …ん? そう言えばそんな記事、かなり前に広報で読んだ覚えがあるなぁ。(何だかそこん所がいかにも春日井らしいなぁ。市民の知らない施設がゴロゴロと)

まず第一部として、元中京テレビアナウンサーによる、四日市の人の自分史の朗読がありました。脳腫瘍をわずらって亡くなった幼女の闘病生活についてつづったお話で、会場がしんみりしてしまった所で第二部に突入、いきなり「名古屋はええよ!やっとかめ」が響き渡り、雰囲気ぶち壊しとなりました。
曲に合わせてつボイノリオさん登場となり、彼の自分史と言う事で、幼少の頃から就職するまでのとりとめのない爆笑で悲哀な人生を語ってくれました。
第三部で、お二方に講師2名を加えた4名で、事前に集めた質問を元にQ&A形式で自分史について語られて行きました。

つボイノリオさんの子供の頃の話を聞いていて思ったのは「そぉかぁ、『花のDJ稼業』の原点は、ここにあったのかぁ」

で、ちまきとしては自分史についてはあまり肯定的ではありません。理由は、自己満足に終わりがちだからです。他人に読ませるスタイルに至る作品がとても少ないのでね。(組合を通して同業者全員に送りつけたりとか、そう言うのはやめてくれぇぇぇ)
そう言う文献が後々に残って貴重な史料として有効活用される日が来るとは思います。
だからと言って、自分が自分史を書こうと言う気には、ちょっとなれないんですよね。「そんなもん書く時間があったら、小説の1本でも書いていた方がよっぽどいい」って言う意識が強いせいもあるのかな?(ここの所、全然書いてないけどね)

author : たつもとちまき | テレビ・ラジオ | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ