ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2016夏アニメ総括
●あまんちゅ!
ダイビングものなのかなと思って視聴し始めたんだけど、ダイビングは最終回だけ。部活ものにもなってなくて、日常ものだと理解した時にはすでに半クール過ぎてました。なので、ちょっと肩すかし食らった感&物足りなさ感があって、残念。その辺の勘違いがなければ、すんなり楽しめたんだろうなぁ。

●SHOW BY ROCK!! しょ〜と!!
1話の尻尾芸が全てでした。

●甘々と稲妻
1話で米も炊けなかったのに、2話で餃子握ってたので「あれっ?」って思ってしまったんだけど(原作ではそこに至る過程はちゃんと描かれてるらしい)。あと、公平と小鳥の仲がどう進展するのかも気になったんだけど、キャラシフトは全然動かなかくて(これは原作通りだそうで) つむぎの可愛さだけで見るアニメだと気づいたのは終盤になってからでした。

●不機嫌なモノノケ庵
キャラはどんどん増えて行くのに、キャラシフトが広がらないし、キャラも全く変化しない(成長しない)ってんで、終始違和感を感じながらの視聴でした。冷静になって見てみると世界観も何か浅い。最近はこういう作風が流行りなんだろうか?

●NEW GAME!
業界もののスタイルを取っているものの、業界の内情は正確には反映してないし、社内は女子ばかりだし(かと言って完全な無菌アニメだった訳でもなく)、その辺に強い違和感を感じつつ、しかし、キャラはきちんと立っていたので、無理なく最終回まで付き合えました。ひどく危なっかしいバランスの上に成立してる作風だった(原作がそんな作風だったとすると、それを崩さずにアニメ化出来たスタッフはよほど優秀だったのではないかと)。最初は全然期待してなかっただけに「『ぞい』だけではなかったんだな」と。ねねがアホかわいかったっす。

●planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜
1クールものとばかり勘違いして見てた。プラネタリウム内での話と外での話が全く別の物語の様に感じた。だって、あのノリを続けた後で、最後の最後でロボット三原則だなんて思わんでしょ。もちょっとその辺を丁寧に描いて、中と外との話に連続性を持たせれたらよかったのに。

●ももくり
ネットで苦労して視聴してたのは何だったんだ

●タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜
マリのキャラの魅力だけで科学もののストーリーを引っ張って行くってのは、Eテレアニメと言うか天テレアニメなノリなのかなと思ったんだけど、やっぱりそれとは差別化されてて、あさってなベクトルな方向なノリでした。今までの伝記ものとは別の切り口を目指したって中の人が言ってたけど、それはあまり伝わって来なかったかも。
キャラが突っ走ってた上にストーリーも完成度が高くて、間違いなく今期一番はこれでしょう。

●この美術部には問題がある!
「うちまき君」って呼ばれるたびに無意識に反応してしまう(自分のHN=ちまき)んで、あまり集中して見れなかった。で、その内巻はてっきりケモミミストとばかり思ってたのに後半はミミを描く事がなくなっちゃって残念だった。箸休め的に気軽に見るにはちょうどいい佳作でした。もちょっと二人の仲に進展があればなぁ


author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
http://chimaki-t.jugem.jp/trackback/1008
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ