ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
1月17日 あれから10年
# ちなみにちまきは名古屋在住です

前日の16日は大阪南港インテックスにてイベントに参加していました。そのまま日帰りして翌17日は仕事だったのですが…
朝、まもなく起床の時間と言う時に、揺れがありました。
震度3程度で結構強い。縦揺れがなかったと言う事は震源は至近なのか…と思っていたら、実はその揺れが縦揺れで、50秒後に横揺れがやって来ました。生まれて2回目に体験する震度5です。50秒の時間差と言う事は震源まで200km、なのにこの場所でこんなにも揺れるとは。
どこかの街で大災害になっていると言うのは、すぐに理解できました。

テレビをつけると、大阪方面らしいと言う事が報道されていました。この時点ではまだ神戸は通信途絶状態だったので、その辺の情報が報道にも入っていなかったんでしょう。震源がどこなのかすら、はっきりしていません。
「死者23人」なんて情報が流れていて「おいおい、万の単位で死んでるんじゃないのか?」と突っ込みを入れていました。しかし、各社とも特番状態とはなっておらず、画面が切り替わると東京からのいつものたわいのないニュースが流れ続け、おそらく名古屋局が付け足した字幕ニュースが上にちょろちょろ出ているだけ。この辺のお粗末な感覚に「だから東京人ってヤツは!」と、大変に腹が立ちました。
後で聞いた話だと、この時点では、政府ですら全く災害を認識していなくて、11時になって初めて非常事態である事を知ったらしいです。本当にお粗末な国だと思っていたら、これが原因でこの時の内閣は倒れちゃったんですよね。

7時半を過ぎ、会社へ向かう車のラジオで、どうやら神戸が壊滅的被害らしい、と言う情報が入って来ました。
お昼に、食堂でニュースを見て、ようやく災害の状況がわかりました。午後になって、上の人達が全員に「神戸に親戚がいるかどうか」を聞いて回っていました。
ちまきの親戚は須磨区に1家族。須磨区の被害はひどくはないと聞いていたので、命の心配こそしなかったんですが、連絡が取れるまで丸1日かかりました。(「人間と建物は無事だけど、物が散乱して片づける気力もない」と第一報)
知人達は大阪に結構います。ネット経由で全員の無事を確認するまでに2〜3日ほどかかりました。

テレビでは、大阪までの情報は入って来るものの、神戸の情報はほとんどなく、ちまきはラジオ関西を聞いて過ごす様になりました。
この頃のネット環境は今と比べると随分貧相で、その上やはり被災者本人達は情報発信が出来ないらしく、神戸の情報はとても少なかったです。

1週間もして、テレビで「火災現場から猫が救出された」とのニュースが流れ、「そう言えば犬猫達はどうなったんだろう」と気になってしまい、ネットで動物救援本部設立の第一報を探し当てました。以後、1年間に3回ほど、動物救援に義援金を送り、動物救援本部の活動を見守りました。(現地に手を貸しに行こうかとも思ったけど、三田はとても遠かったので、断念)

この頃のちまきは湯沸かし器を作る工場で働いていたのですが、仮設住宅のお風呂に必要だと言う事で、一番簡単な機種をフル生産する事となり、2ヶ月ほど、来る日も来る日も朝から夕まで、単一の機種がラインを流れ続けて、それはそれはモォ大変。しかも、一番簡単な機種なんで、ラインもフルスピードになっちゃうし。でも、復興の手助けだと思って我慢して働きました。

震災1月後に、大阪のイベントに参加したついでに、神戸を訪ねてみる事にし、大阪の知人のエスコートで現地入りしました。
まだ交通手段がズタズタだったので、何度も電車を乗り換えて歩きました。
三宮はまだがれきの山で、ひとけも全くなく、ただ立ちすくむばかり。見慣れていた風景がなくなるってのは、こう言う事なんだなと実感したもんです。

ちまきが神戸に年数回通っていたのは、ポートアイランドでのイベントに参加するためでした。震災半年後に、そのイベントが復活すると言うので、それに参加。いつもは日帰りなのですが、復興の一助になろうと言う事で、この時は地元の仲間を大勢誘い、三宮に投宿し、1日かけて観光をしました。(考えてみれば、初めての神戸観光だったかも)
しかしその後、神戸のそのイベントは継続が断念され(主催者グループの面々が復興に追われて、イベントどころではなくなってしまった)、その時を最後に神戸との縁がプッツリと途絶えてしまったのでした。
まだ10年しか経っていないのか、と言うのが正直な感想です。やっぱり当事者じゃないからなんでしょうね。
でも、この震災をきっかけに、地震発生時の情報の把握と報道がものすごくスピードアップし、救援の初動もとてもスムーズになったと言うのは実感できます。
しかし、NHKなんか見ていると、震源が北海道と九州とでは扱いが全く違っていたりするので「やっぱり東京人ってヤツは!」とか思ってしまうんですけどね。

author : たつもとちまき | 社会・ニュース・時事 | comments(3) | trackbacks(5)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
TBありがとです♪
この10年 見た目には変わったけど
本当のところはあんまり変わって部分も多い気がします。
ワタシ達の意識も。
| miaow | 2005/01/17 8:39 PM |
TB返しどうもですm(_ _)m
ちまきは、動物救援と言う視点から、神戸→有珠→三宅→新潟と見て来ましたが、今の新潟のやり方が一番利にかなっていてスマートだと感じています。
神戸以前は、動物救援と言う概念すらなかった…それを考えると、神戸はいろんな面で貴重なものを残してくれたんだと思います。
| たつもとちまき | 2005/01/18 11:35 AM |
こんにちは!TBさせていただきまして、ありがとうございます。

また、チョクチョク覗かせていただきますねーー!
| ごりさ | 2005/02/11 10:05 AM |
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
トラックバック
阪神淡路大震災からちょうど10年です。 毎年 お正月を迎える頃にはあの日のことを...
| Daily note.o○ | 2005/01/17 5:59 PM |
トラックバック
阪神大震災から10年ということで、テレビでも新聞でもさまざまに取り上げられています。私は、あの日、朝7時のニュースで目を覚ましてから昼過ぎに実家と電話が通じるま...
| Internet Zone::Movable TypeでBlog生活 | 2005/01/17 11:54 PM |
トラックバック
あの大変な被害をもたらせた阪神淡路大震災から10年。 地震が起こった10年前の1月17日の5時46分、私は自宅のベッドの上にいました。 いつもなら朝まで爆睡の私が、何故かふと起きたのです。 時計を見て、「まだ6時前か〜」と思って、もう一度寝ようとした時に、
| GIZAファンのためのページ。 | 2005/01/18 11:32 AM |
トラックバック
 阪神淡路大震災。  それぞれの思いを胸に、今日という日を迎えました。  本日は、そうした皆様の想いを、まとめてみました。  あの日、あの時、あの場所で、何が起こったのか。  10年という月日は、私たちに何をもたらしたのか。  これから先、阪神淡路大震災
| ブログサーフ日誌 | 2005/01/19 2:05 AM |
トラックバック
こんにちは。ゴリサです。 TBを辿って来て下さった方が多くいらっしゃると思います。 コメントも残さずにTBしてしまい、申し訳ありませんでした。 しかも、なんでこの時期に?!と思われたかもしれませんね。てへ。 もちろん、TB返していただいて結構です。 他にも
| gorisa a gogo!! | 2005/02/11 1:39 AM |
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ