ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
IMTSその後
桃花台線の存続を巡って、桃花台ニュータウンが揺れているらしいです。

桃花台の住民を名古屋に運ぶための足として作られた新交通システムの桃花台線。あんまりみんなが使ってくれないので、あと何年かで債務超過になってしまうそうです。

そこで出て来た改革案が、新交通システムをやめて、でも、せっかく作った高架はそのまま利用して、万博で脚光を浴びているIMTSによる運行に切り替えて、ランニングコストをグッと下げよう、と言うものだったのです。

万博期間中は、そんな話で持ち切りでした。

所が、万博が終わった途端に、トヨタは「IMTSの実用化?…とんでもない、まだまだ先の話だよ」とぬかしよる。
期待させるだけさせておいて、万博が終わるのを待ってから、そう言う事を言うんですよ、トヨタと言う会社は。

トヨタによる実用化を待っていたら、桃花台線は債務超過で倒産してしまう、かと言って、開発を急がせるべく援助するにしても大量の金がいる…

と言う事で、桃花台線改革の話は、勢い廃線の話に傾いて行ってしまったと言う事みたいです。

ちまきは高蔵寺ニュータウン住人なので、桃花台ニュータウン住人の気持ちは(なぜ桃花台線を利用しないのか、それなのにどうして廃線に反対するのか)よくわからないのですが…

当初計画では、桃花台線は小牧駅−桃花台ニュータウン−高蔵寺ニュータウン−高蔵寺駅を結ぶ路線だったはずで、ちまき家から歩いて5分の所にも駅が出来る予定だったんです(それを見越して高い土地を買ったのか?)。で、いざ小牧駅−桃花台ニュータウンが開通してみると、全然採算が取れないと言う事で、高蔵寺方面へ延伸する話がどっか行っちゃったのは仕方ないかなぁ、と納得しています。
その代わりに、バスだの自家用車送迎だので何とかしているんですけどね。

一方の桃花台の住人達は、桃花台線廃線後のバス運行には反対をしているらしい。やれ「渋滞する」だの「悪天候時に使い物にならん」だの。それって高蔵寺ニュータウンの現状と全く一緒だぞ。高蔵寺の数分の一の人口しかないくせに、何をぬかしておるか。

反面、あれだけの社会インフラをミスミス廃棄してしまうのも、いかにももったいないと言うのは、よくわかります。
廃線にしたくないのなら、応援する(使ってあげる)しかないとは思うんですけどね。(でなければ、トヨタが地元企業として頑張ってIMTSを何とかしてあげるか、なんだが、思いの他冷たい会社だからなぁ)

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(6) | trackbacks(1)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
どうもこんにちは。桃花台線を高蔵寺(ないし春日井)にひいいておけば、ずいぶん事情がちがったでしょうね。当時の小牧市長がゴネて、名鉄小牧へひいたという話を聞いていますが、本当でしょうか。桃花台線といい、ゆとりーとライナーといい、官主導による開発がいかに非効率的であることでしょう。でも、誰一人責任をとらず、大量の債務を残しながら、うやむやのうちにすませてしまうのでしょう。
| cipriano | 2006/01/15 10:46 AM |
地理的に言って桃花台は最初から小牧駅にアクセスする街として設計されたんじゃないかなぁ、って気がします。でも、入居が始まってもなかなか「恨みの上飯田」が解消されなくて、そんなこんな言っているうちに住民達によって春日井駅ルートが開拓されて定着しちゃったって感じなんでしょうか?
桃花台の知人曰く「だってJRの方が名鉄+ピーチライナーよりも安いんだも〜ん」 駅までの送迎に片道30分かかるそっちの方をよしとする感覚は、ちょっと理解出来ないんですけど。(選択の余地のない高蔵寺住民には理解出来ないだけなのか?)
千里にしろ多摩にしろ泉北にしろ、団地の中を鉄道が通っているので、今の高蔵寺や来るべき桃花台の状態の方がおかしいんじゃないかなって思います。(もう今さら需要はないだろうけどね)
| たつもとちまき | 2006/01/15 12:32 PM |
こんにちは。私は、桃花台に住んでいます。

>あと何年かで債務超過になってしまう

この件ですが、今年の秋には、運営資金が底をつくそうです。

>なぜ桃花台線を利用しないのか、それなのにどうして廃線に反対するのか

この件ですが、利用しない理由は、不便だからです。桃花台線を利用する場合というのは、かなり目的地が限られます。しかもその目的地を利用する人自体が少なく、また住民の大半が車を所有しているので、・・・。

それと、廃止に反対している人達は、住民の極々一部の人達です。新聞で大きく報じられた為、かなりの人が反対しているようですが、説明会に参加したが全員反対していたとしても、住民全体の約1%に過ぎません。

ちなみに、桃花台線を普段使っている人は、住民全体の約6%。1度も乗ったことがないという人も多く・・・。なので、街では反対運動は、まったく起こっていません(説明会以前も、まったくやっていません)。いつもと変わらず、静かなものです。

あと最後になりましたが、こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。
| kyu3 | 2006/01/19 3:07 AM |
高蔵寺住民としては、桃花台の人達が春日井駅を利用する事自体に大きな疑問を感じてしまいます。
桃花台の人達が春日井駅に来る事によって、道路は渋滞するわ電車は混むわで、正直言うと迷惑なんですよ。
そう言った意味でも「どうして桃花台線を使わないかなぁ?」と言う事を思ってしまうのです。
てっきり「恨みの上飯田」が原因なのかと思っていたのですが、上飯田線が開通しても、桃花台の人達が中央線から小牧線に乗り換えなかったので、ビックリしてしまいました。あまりに長い間、上飯田の不便を強いられたために、桃花台の人達の通勤圏が中央線沿線に固定されちゃったのでしょうか?
| たつもとちまき | 2006/01/19 10:27 AM |
こんにちは。私の blog に、トラックバック、ありがとうございます。

>桃花台の人達が春日井駅を利用する事

桃花台から、高蔵寺駅とJR春日井駅までの距離は、ほぼ同じです。名古屋方面へ行く事を考えると、少しでも名古屋に近いJR春日井駅の方が、利便性が高いからです。

>上飯田線が開通しても、桃花台の人達が中央線から小牧線に乗り換えなかった

これは、元々需要がなかったからです。これは、上記のコメントでも書きましたが、桃花台線を利用すると、目的地が限られてしまいます。また他の路線に乗りかえるにも、非常に不便です。

JR中央線の名古屋方面の主要駅周辺には、多くの会社や学校があります。また主要駅は、地下鉄などの乗り継ぎも便利です。それに比べて、桃花台線と名鉄小牧線の駅周辺には、会社や学校が、非常に少ないです。と言う事は、結果的に、利用する人が少ない事になります。
(以前の調査ですが、JR中央線を利用している桃花台住民の数は、一日辺り約 1万3千人。それに対し、桃花台線を利用している人は、一日辺り約 3500人だったそうです。)

なので、上飯田線自体は、桃花台線の利用者が少ない事と、あまり関係ありません。元々圧倒的に、JR中央線の方に、需要があったのです。
| kyu3 | 2006/01/19 4:31 PM |
高蔵寺の人は、名古屋に出る時はほとんどが大曽根で降りて名城線に乗り換えて目的地へ向かうルートを使います。中央線だけで目的地に着ける場合は最後まで中央線に乗りますが、その様なケースはあまりないです。
だからこそ桃花台の人達が名城線に直結している小牧線を利用しないでわざわざ中央線まで車で乗りつける理由がど〜しても理解出来ないのです。それほどまでに桃花台は中央線沿線との結びつきが異常なほど高い地域になってしまったと言う事なんでしょうか?

やっぱり、ちょっと何かが変ですよ。
| たつもとちまき | 2006/01/19 5:12 PM |
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
http://chimaki-t.jugem.jp/trackback/428
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
トラックバック
1月14日(土)・15日(日)に行なわれた、「桃花台線(ピーチライナー)」の住民説明会に関する記事が、いくつか掲載されていました。 まず最初に、14日(土)、「桃花台ニュータウン」内にある「東部市民センター」で行なわれた、説明会に関する記事です。
| 桃花台新聞 | 2006/01/19 2:55 AM |
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ