ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
Operaのオフラインヘルプ
saitoさんに喧嘩売られました…

「Operaのヘルプは貧相だ」と言うのは、私個人の考えにとどまらず、かなり多くの人の共通認識だと思うのですが(オフ会なんかでも必ず「だよね〜」って話になる)(はむらびさんに応援してもらっちゃったし)、それなのにOpera社の中の人の認識がこの程度でしかないと言うのが、悲しいです。
で、もうこれは、ユーザ側で行動を起こすしかないなと言う事で、作っちゃいましたよ、Operaのオフラインヘルプファイルを。

Opera9.24のchmヘルプファイル

Operaのオンラインヘルプをchm化したので、検索出来る様になりました。これで少なくとも、希望の情報がヘルプの中にあるのかないのかがすぐにわかる様になります。

ちなみに製作時間は、chmファイル作成1時間半+サイト作成1時間です。
(chm作成の半分は「コンパイルしたら文字化けの山…utf-8ってダメなの?最初からやり直しかよ!」で費やされた)

早速、saitoさんに指摘された件について、chmファイルを使って検証してみます。

まず「『アクセスキー』の使い方がわからない」と言う課題を解決するために「アクセスキー」で検索してみる。
おぉ! 何とショートカットキーのページにありましたよ!
所で「アクセスキーモード」って何?

アクセスキーはサイト製作者がアクセシビリティ確保のために用意するもので、「ナビゲーションバー」に近い性質のものです。
一方、ショートカットはOperaの機能をワンタッチで呼び出するための機能です。
だからちまきは、アクセスキーについて知ろうとした時に「ブラウジング」とか「表示モード」とかのページを探っていました。
まさかアクセスキーの解説がショートカットの中にあるとは…さすがにその発想はなかったなぁ…

次いで「ホイールでタブの切り替えが出来ないなんてクソじゃん」と言う課題を解決するために「タブ 切り替え マウス」で検索してみる。
ないじゃん!
タネ明かしすると「マウスを使う」の中の「開いているページを循環表示する」が正解なんです。ここだけ「タブ」って言葉使ってない。
それに「循環」って何?

まぁ、普通の人ならヘルプの目次の「タブ」をクリックするでしょうね。それでダメだから「マウス」をクリックするでしょうけど、この見出しではわからないでしょう。

これだけでもOperaのヘルプが使えないと言う事が充分わかるんですが…

今回、Operaのオンラインヘルプをchm化していて気がついたのが、次の点でした。
  • 目次が平屋だ
    階層化されていないんですよね。だから項目の整理に限界がある。タブの操作について知ろうとして「設定」の中の「タブ」を開いてしまい、悲しい思いをしてしまうのも、これが原因。
  • 図が一切使われていない。
    これにはビックリしました。少しばかりはボタンを表示させるために<img>が使われていましたが、それ以外は図が一切ありません。こんなヘルプは初めて見ましたよ。これでは目的の情報を探すのは困難でしょう。
  • 用語が変
    横文字が多いですね。日本語も↑の通りよくわかりません。Opera用語もとても多いです。この辺がPC初級者やOpera初心者を突き放している様です。
と言うわけなので、Operaのヘルプを普通のヘルプ(chm)にしてみても、普通のヘルプにはならなかった、と言う結末でした。(でも、検索出来る様になるんで、皆さん使ってね〜)

だったらどう言うのが普通のヘルプかと言うと、例えばちまきが自作したアプリのヘルプを例にしてみると、こんな感じ?
Clip Pick Up ヘルプ
60進数電卓 ヘルプ
↑これ、ダウンロード前にアプリについて参考にしてもらうために、chmヘルプをオンライン化したものです。
Windows使いであれば、違和感ないヘルプですよね?
こんなアマチュアな人が作るこんなちっちゃなアプリでも、これだけのヘルプは用意します。

想像なのですが、Opera社はOperaの機能を半ば「思いつき」で強化して行くのでしょうね。それでドキュメント関係が慢性的に追いつかないでいるのではないでしょうか?
さらに、各国語にローカライズする際にも「ヘルプに画像なんか使っちゃったら、単なる翻訳で済まないではないか! そんな大変な事は出来ないぞ!」って事情もあるのでしょう。

そう言うのを認めた上で「難しい問題だよね」と言ってもらえるなら「そうだよねぇ」って私達も思うんですが、まさか「ヘルプなんか見てるヤツいないだろ」「どこが貧相だって?」と言われるとは…
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
私もリファラで件のエントリを見つけた喧嘩売られてた一人の初瀬野と申します。

ヘルプまったく使えねーと思った理由がよくわかりました。
しかも件のエントリの書き手はOpera関係者の方なのですか?
正直品位を疑ってしまうような文でしたので私も大人気ないといいつつも反論エントリを上げましたがこうやってアンチを生んでしまうってのが理解できないとはしょんもなかー(博多弁で仕方が無いの意)ですね。(苦笑)
| hatuseno | 2007/12/10 12:10 AM |
初瀬野さん>
アルファさんのオーナーさん、って呼んでいいですか?

例の「ホイールでタブの切り替えが…」の人ですね。そちらのブログにコメント欄が見当たらなかったので、教えてあげられませんでした。(メールフォームには今気がついた)

saitoさんは最近Opera社にバイトとして呼ばれて翻訳周りの雑用をこなす様になったそうで、正確には関係者とは言いきれないかも知れません。
本職は、先生だったかな?

元々「熱狂的Operaファン」で、そのブログの内容には良い意味でも悪い意味でも定評があるんですよ。
Opera&Linuxのヘヴィーユーザ&英語が達者って事で、ふつーの日本人やふつーの初心者の視点に欠けるんですよね。

リアルで会うといい人なんだけどねぇ…
| たつもとちまき | 2007/12/10 12:41 AM |
ちまきさんどうも!

元ネタ判った人久しぶりだ(涙)
ウチのBlogは言いたい事有ればTBかメールでどうぞというスタンスなのでご面倒をおかけしたかもしれません(^^;

ヘルプ拝読しましたけどどうしてコレが標準で用意されていない!と思ったくらい元のヘルプの不親切さに改めて怒りを感じました。

エントリにはOperaは乗り換えない世とは書きましたがセッションの切り替えとタブ移動が快適なのでニュースサイトは今日からOperaを愛用しています。

Operaに足りないのは熱心なユーザーサイトを応援する事なんでしょうね。

今回のid:saitonの言及も熱心な信者か?と最初直感したのですけどやはりそうだっという事ですね。

わからないことを手取り足取り教えてくれよとクレクレしてたわけでもないのですけど不満点を汲み取る姿勢にかけるid:saitonのエントリに幻滅した1日でした。
自分の反論エントリも大人気ないなーとは思いましたけど。
そんな感じで。
| hatuseno | 2007/12/10 1:07 AM |
初瀬野さん>
検索が出来るのと出来ないのとでは雲泥の差ですよね。

ヘルプって、目的をもってアクセスして目的の情報にたどり着くためのものなのに、Operaのヘルプは「読むもの」になってしまっているなと、今回気がつきました。
他のOSの普通のヘルプがどんな感じなのか知らないのですが、Operaには「あらゆるOSで共通」と言う設計ポリシーがあるので、おそらくヘルプも各OS共通(部分的にWindows用?)で作ってるのかなぁ、と、このヘルプの不出来さ(Windowsユーザにとっての不自然さ)も、その弊害なんだろなって感じがします。

saitoさんは信者の度が過ぎるので、いつもああ言うブログ記事にしかならないんですよねぇ。それに、他のユーザコミュニティで書き込んでいる(質問に答えている)のを見た事がないし…
| たつもとちまき | 2007/12/10 10:45 AM |
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
http://chimaki-t.jugem.jp/trackback/693
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ