ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2009年総括 その1
今年も仕事で社会保険事務所に週1位で通う事が出来ました。(来年はどうなるのだろう? 社会保険庁解体後に、その仕事がどうなっちゃうのか、詳細がまだよくわからん)

年金相談で、最近になってよく若い人達の年金額の試算をする様になりました。
ねんきん定期便の中に、試算をするためのシートが1枚入っていて、そこに数字を当てはめるだけなんですが。
が、試算をしてみて、しきりに「おや?」と思う様になったんですよ。

もらえる年金がいくらなのか。もうすでにもらっている人ですら、他人の年金額についてよく知らないです。お互いに「自分はいくらだよ」と話さないからね。その上、皆は必ず「自分の年金は安い」と言い合う。
誰も相場がわかってないです。

で、実際の所、相場はどの位になるのかと言うと、大体こんな感じになるんですよ。今、もらっている人達は、ね。
普通の男の人(若い頃に転職だらけだった。過半数がこんな人生の人達)
大体170万円位?
ひとつの会社を勤め上げた人(1〜2割の、恵まれた人生を歩んだ人達)
大体240万円位?
ずっと社長だった(上位数%)
〜299万円。290万円台は時々見かけます。しかし300万円の王台に乗る人は滅多にいません(皆無ではないです。コンマ何%です)。「300万円の壁」が、でっかく立ちはだかっています。
「夫婦合わせて300万円行だなんて、どうやって暮らせばいいんだよぉ」なんて、ちまきと同年代の人達に言われたりするんですが………何とかなりますよ、300万円あれば。

で、最近年金相談窓口に増えて来た、昭和50年生まれとか、そう言う若い人達なんですが。
若いからと言って計算式が変わるわけではないので、相場的には同じだろうと今まで思ってたんですよね。しかし、実際に計算をしてみると、ねぇ。
ひとつ会社に勤め上げでも、150万円程度の結果にしかならんのですよ。(夫婦合わせて、ようやく200万円台)
ま、理由はすぐにわかりましたけどね。話が長くなるんで今日は書かないですけど。(ヒント>平成15年から総報酬制が導入)
で、相談者に言われるんです。「この額でどうやって暮らして行けば………」

「足りない分は、貯金するしかないです」
「民間の年金保険も、死ぬまで払ってくれるコースだとバカ高いので、資金に余裕がないと払えないでしょう」
「国が破産したら円の価値がなくなるし、あらゆる金融商品もダメになるので、金(gold)を買う方が安全かも」
こんな一般論を並べた後で、やっぱり結論はこれしかないんですよねぇ↓

「足りなければ、子供に頼るべきです。あなた達はめでたく結婚出来た恵まれた人達なので、『子供を作らない』と言う選択肢を選ぶべきではないと思うよ」
(ただ、子供に頼るつもりなら、親の面倒を見ないとね。あなた達が親の面倒を見ている姿を見て育った子供達が、あなた達を養おうと思う様になるんだよ)

一人暮らしの人よりも、二人暮らしの方が、健康や雇用などの生活リスクを減らす事が出来ます。片割れに何かあっても、もう片割れがフォローに入れるので、何とかなります。そして、2人よりも3人の方がリスクは低いし、構成メンバーが多世代だともっとリスクを低く出来る。
要は、一族でこじんまりまとまって暮すのが、一番リスクが低いんですよ。
そんな当たり前の事が、いつの間にか「独立する事はこの上ない贅沢。カッコいい」と言う風潮に押し流されてしまっていたんですね。

昨今の雇用不安にもこの事が言えると思います。
職を失ってもかろうじて踏みとどまっている人達。今、ちまきの周囲にもいます。ネット友達にもいます。ちまき自身も以前はそうでした。そんな人達が、なぜ何とかなっているかと言えば、誰か頼る当てがあるんですよ。(逆に言うと、にっちもさっちも行かなくなったら、堂々と人に頼ればいいんです。頼れるのは肉親や家族に限られるかも知れないけど)
袋小路に追い込まれてしまう人達は、故郷を追われてしまった人とか天涯孤独な人とかなんですね。

「多人数で暮らす方がリスクが低くなる」

ちまきが色々と年金について(そこから派生して、小子化論や家族論などについて)研究していく過程で、今年になってから段々そう思う様になって来ました。
で、この事を他人に言ってみると「目からウロコが落ちた」と返す人が、意外なほど多いんですね。

景気が絶好調で、誰しもが左うちわな生活が出来る状況なら、独立した生活をして自由を謳歌するのもいいと思うんですけどね。今はそんな時代じゃないなと思います。

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
http://chimaki-t.jugem.jp/trackback/832
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ