ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
Talkfeel終了、そしてTwitterへ
この8月30日に、Talkfeelが終了しました。
このサイトに来たのは2008年12月。以来2年9か月の付き合いでした。きっかけは、gooモニターから来た「サイトのモニター募集」と言う案内で、謝金に釣られてホイホイと。

TalkfeelはTwitterに日中翻訳機能を付けた様なサイト。
日中双方のユーザーがつぶやきを介して交流する感じのサイトで「日中交流SNS」なるあおりがついていました。
交流と言うよりかは、そのバトルっぷりと言ったら、まぁすごかったけど。

多くの人は中国に特別な興味があるか、中国語を学びたいと思っている人達だった様ですが、私は日本のサブカルチャーがどの様に受け取られているのか、その点に興味があってサイトに参加しました。
だからちょっとだけ浮いた存在だったけど、モニター期間が終わってもそのまま居着いてしまい、気がついたらサイト閉鎖にまで立ち会う事になってました。

NTTコムが運営していて、最初は「自動翻訳機能を組み込んだSNSサイトの実証実験か何かなのかな?」と思っていたんですが、どうやらビジネスとして考えていたみたいですね。
唯一広告表示されていたのが、同じくNTTコムが運営する、ケータイで利用できる有料の日中翻訳機能付きメールボックスなるもので、SNSでメル友作ってそっちの方で課金払って楽しんでちょ、って感じのビジネスモデルを考えていたのかなぁ?
日本側のユーザーが主に30代後半以上だったのに対し、中国側のユーザーが主に高校生〜20代前半で、ユーザー層が日中で全く違っていたので、まぁ、そんなビジネスモデルが成立する訳がなく、あえなく閉鎖となった訳ですが。

このサイトによって、日本人はとても甘すぎる、もっと日本人として自己主張しなければならないと言う事を理解し、そのためには自国をよく知らなければならないと言う事を理解し、自分の物の見方が多少変化した様に感じます。

実は、Talkfeelを使い始めた頃は、まだTwitterはやっていなかったです。
後になってTwitterを使う様になり、去年の後半からはすっかりTwitterの方に軸足が移っていました。
Twitterには違和感を感じる事なくすんなり入って行けたので、それもTalkfeelでつぶやきサイトの概念がわかっていたからこそだったのかな、と。

他のメンバー達は交流を続けるべく、QQ等を移住先にしていた様ですが、私の場合は交流が主目的でもなかったので、そのままメンバー達とはお別れとなりました。

author : たつもとちまき | IT・ネット | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | - | - | -
コメント
コメントする
  • 日本語が含まれないコメントは拒絶されます。









この記事のトラックバックURL
http://chimaki-t.jugem.jp/trackback/961
  • 言及リンクがないトラックバック元からのトラックバックは拒絶されます。
  • 形式的なものでよいので、この記事へのリンクを貼ってから、トラックバックを送って下さい。
トラックバック
「中国語完全マスターシステム」中国語覚えチャイナ!
| 【中国語覚えチャイナ!】聞くだけで中国語がグングン上達 | 2011/09/05 6:00 PM |
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ