ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
確定申告終了!
終わりました。

いつだってギリギリの人です。

で、今回は………通帳記入してみたらT海BKの口座が「合算記入」になっていて、往生こいたよ、もぉ〜
予告もなく、明細送って来るまでもなく、イキナリなのね。これも、東京三菱との合併効果なんだろうかぁ〜?

おかげで、どの様に口座の状態が推移して行ったのかがサッパリわからず、Excelで「こんな感じだろうか?」と適当にデッチ上げて、帳尻合わせをするハメとなりました。

他は、今年の国税庁の帳票作成ページがOperaでは使えなかったと言う事くらいでしょうか? saitoさん所で「去年とは違う」と聞いていたのですが、そんな事はなく、細かい点で改修が入っていると言う事以外は、まるっと去年と同じシステムでした。
ただ、今年は、ポップアップさせた子画面と親画面との連携のひとつで「データが入力されていません」とメッセージ画面な表示となり、そこから先に進めなくなる場所が1か所あって、それでOperaの使用を断念。Firefoxに切り替えると、これがこれが、マシンが凍りついたか知らんと言う位に動作が緩慢で使い物にならず、これも断念。最終的にはIEの出番となりました(IEなんか使うの、何か月振りだ?)

あとは、例年通りでした。何だか、年を追う毎に所要時間が短くなっている気がする(それだけ内容がいい加減になって来ているって事なんだろうか?)

例年通り税務署に持ち込んだのですが、今年は受付印もらえませんでした(;_;) 人波をやっつけるのが優先で、押印略って事みたいで………

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
士業を利用しようとする輩
テレビで姉歯氏の言動をよく見る様になって感じた印象が「えらく人のよさそうな人だな」と言う事でした。
きっと、その人のよさが命取りとなり、よからぬやからにからめ捕られてしまったって事なんでしょう。

思ったのは、姉歯氏が不正をことわったとしても、きっと誰かが同じ役割を負わされただろうと言う事と、多分、もう1〜2匹ほど姉歯がいるだろう、と言う事でした。
これからの展開を見守りたいですが、一番心配なのは姉歯氏の身の安全でしょうか。
早く逮捕してあげて、自殺させられた設計会社社長の様に口封じされてしまわない様にして欲しいです。ウワサだと公安だか警察だかにかくまってもらっているとも聞くけれど。
もうひとつ、ウワサと言えば、姉歯氏がテレビに顔が映る時は、メガネもカツラも普段使いのものとは全く違う物らしいとか?(街中を歩いても、みんなに気づかれない様にしている?)

で、私なんかも、この姉歯氏の件は教訓として覚えておかなきゃなりません。
ちょうど姉歯氏の証人喚問がテレビで流れているその時、うちに電話があったんですが…

社長「労災保険に加入したいんですが」
ちま「はい」
社長「社労士に頼むと、何かいい事ありますか?」(←何だ?その「いい事」ってのは?)
ちま「社長さんの時間が節約できますが、お役所に対して何か有利になるとか、そう言うのはないですよ」
社長「社労士に頼むと、いくら位になりますか?」
ちま「スポットですか?」
社長「いや、顧問としてつき合ってもらいたいんですが」(←それはとてもオイシイお話なのだが)
ちま「社員の数が××人だと○○円位ですが」
社長「そうですか。所で、労災保険には社員の中の一部の人を入れたいのですが」
ちま「入るなら全員です。入れる人を選ぶ事は出来ないですよ」
社長「ああ、そう(ガチャン)」

要するに、顧問として雇ってやるから不正をしないか、と言う引き合いでした。姉歯氏の国会中継をしている真っ最中にそんな事を言うだなんてすごい根性だと思ってビックリです。受話器を置く寸前に、隣にいるであろう人に「出来ないんだってよ」としゃべる声まで聞こえて来るし…
今回は「何かいい事」と言われた段階で怪しいと思ったので事無きを得たのでいいのですが、相手が本当に口が上手くて人を騙すのが上手い人で、知らない間にからめ捕られてしまっていたら、本当に姉歯してしまう所です(アブナイアブナイ)。

士業な人を利用して何やらたくらむって人、いるもんですねぇ。社長さんよりエラぶるつもりはないけれど、軽く見られるのも困るっちゃ困る。
こちらは、その会社が法律的にやましい事をひとつひとつなくして行くためのステップアップをお手伝いする稼業なんだから、どれだけお金に困っていても、法律違反を上手く処理してくれと言う相談には乗れないってもんです。こっちも免許がかかってるからねぇ。

姉歯氏も免許者のプライドと不正との間でかなり悩んだと言っていましたが、その気持ちはよくわかります。

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(2) | trackbacks(0)
労働保険年度更新・その後
ここの続きです。
労働基準監督署の説明会に出てみたんですが…

説明内容は例年通りでした。
「雇用保険用の申告書を持って来た人がいた場合は、今までのなり行き上、そのまま受け取っておいて下さい」
去年までの雇用保険用の年度更新説明書を見ていないのでよくわからないけど、もしかしたら今までも説明書に「監督署でも受け付ける」みたいな事が書かれていたのかも知れない。
(法律が変わったとか言うのではないみたい)

…でも、受付していて「どうして2カ所バラバラで受け付けるのさ」と文句言われた事もあるのもまた事実。
どちらにしろ「『ここでは受付できない』と言って拒否しない」と言うのがここの所の方針なんで、やっぱり過去に四角四面だったのが、だんだんどんぶりになって来ているのかな?

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
労働保険年度更新
今年もこの季節がやって参りました。

法律上は、1元適用なら労働基準監督署が、2元適用なら労災保険は労働基準監督署で、雇用保険は公共職業安定所が受付窓口になります。で、今までこれが「ど〜してひとつの窓口で受付できないのよ」と文句タラタラ言われていた。

今年の愛知県の、2元雇用保険用の年度更新説明書を見ていて、ふと気がついてしまいました。
受付会場に、職安主催の会場に混じって、監督署主催の会場が列挙されている…

今までは、監督署の窓口に雇用保険の年度更新を持って来られても「本当は職安で受け付けるもので、ウチではダメなんですが、転送しておきますんで…」とひと言添えて受け付ける形だったのが、今年からは普通に受け付ける事ができる様になったって事なのだろうか?

岐阜県の説明書も見てみる。こちらには、雇用保険の年度更新であっても、職安で受け付けるとは書いていない。1元だろうが2元だろうが、全部監督署へ持って来いって事になっている…

法律が変わったのか?(そんな話は聞いていないが…)それとも、職安の民営化議論でミソクソに言われている最中だから、改善したのかな?
理由がわかるとすれば、来週の監督署の説明会にて。ちょっと待ち遠しい。
つづく

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
確定申告危機一髪
どっぷりとblogに間が空いてしまいましたが…
確定申告をやっておりました…
と言うのは半分ウソで…

「確定申告なんて、〆切日前の週末2日間に、徹夜で『えいやっ』とやっつけちゃえばいいんだ」と思っていたら、とんでもない!

風邪ひいちゃいました(T_T)

最初は「今年からいよいよ花粉症の仲間入りなのかな?」と思っていました。
でも、症状は鼻だけに留まらず、熱や咳や頭痛や全身の傷みにまで発展。「これってインフルエンザじゃんか!」

今年の確定申告は、国税庁のHPで必要事項を入力するとpdfファイルを作ってくれて、それをプリントアウトするだけと言う、見事なシステムになっていて、それを利用させていただきました。
でも、申告書第4表を作成してくれないので、結局はその帳票だけ手書きしたんだけどね。
体調げろげろのまま、どうにかこうにか〆切日に間に合わせました。

と言うわけで、昨日は税務署までお出かけし、インフルエンザウィルスを大量にばらまいて来ました。

居合わせた皆さん、ごめんなさい!

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(2) | trackbacks(0)
電子申請の勉強会
愛知県社会保険労務士会の勉強会に行ってきました。
午前の部のお題目は電子申請。その実、内容は「社会保険労務士電子認証を取ってくれ」のプレゼンでした。

社会保険労務士認証局は士業初の認証局と言う誉れ高いものであるのにもかかわらず、加入率がいささか悪くて、おかげで電子政府構築に意見するのに圧力に欠けるらしく、さらに愛知県会は取得率が全国ワースト2で大変肩身が狭く、ここ半年ほどは事ある毎に「入ってくれ」と言われています。

何でも、せっかく作った電子政府があまりにも使い勝手が悪いので、向こう3年位でもう一度作り直すのだそうで、このチャンスに社会保険労務士の意見を取り入れてもらおう、ってノリみたい。そのためには認証局への加入率が高くなくてはならないらしいです。

ちまきは市役所で個人認証は取ったのですが、社会保険労務士認証には及び腰です。「発行が650円で3年有効9,000円は破格値だ」と言われても、事業主の入る法務局の認証局が発行ン万円に年7,800円もかかるんで「興味あるけどムリだわ」とお客さんに言われる始末。
電子申請には社会保険労務士と事業主との電子印をワンセットで添付するので、事業主が認証をもらいやすくしてくれないと、全然使う機会がないです。
それに、社会保険労務士認証は、電子申請以外は使用禁止ってのが許せない。電子申請のために事業主と書類をメールでやり取りする時に、秘密鍵で暗号化したいじゃないですか。

「政治献金のつもりで9,000円を払ってくれ」って言われても、それって何だかなぁ。

今日の研修に来ていた皆も、その辺の意識は同じみたいで、みんなして「まだまだ入れんな」と言っておりました。
さすが愛知県、何となく右に流される事なく、自分で判断する土地柄です。

今日話してくれたN●Tのお兄さんは、話が上手かったです。電子政府のダメダメな現状も、国際比較なんかしながら語ってくれたし。
前回の電子申請の勉強会で話したN●Cのおじさんなんか口八丁で、話の中にウソも多くて業界を美化していただけあって、そのために今回は参加を見合わせた同僚もいたほど。
今日は参加して正解でした。

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
国民年金・付加保険料の滞納
 やってしまいました。国民年金の保険料の滞納。
 いや、8月31日〆の保険料を昨日のうちに払わなかっただけですけどね。

 私の場合は付加保険料も払っているので、1日の滞納でも難しい話になってしまうと言う事で。と言うのは、法律上は、ちょっとでも滞納すると付加保険料の設定が自動的に外れてしまうとなっているからなんです。
付加保険料を納期限までに納付しなかったときは、その納期限の日に付加保険料を納付する者でなくなる申出をしたものとみなす。(国民年金法87条の2−4)
 でも、納付書にはそんな事はどこにも書いていない。あまつさえ、普通の保険料と同様に、この納付書は2年間有効ですなんて事まで書いてあるし、そもそも銀行の人には付加保険料がどうのと言う事は全くわからないはずだ。

 念のためと思って、社会保険事務所に行ってみました。
 何も言わずに納付書を差し出すと、窓口のおねえさんはそのまま入金処理をしようとする。そこで「あのぉ、付加の期限切れなんですけどぉ」と言ってみると、「あ! ちょっと待って下さい」と言って、おねえさんは課長に伺を立てに行った。
 結論から言うと、特におとがめもなく、付加保険料付きで受け取ってもらえました。

 ちょっと話をしてみた感触では、付加保険料を含んだ納付書でお金を払えば、法律の規定とは関係なしにそのまま処理するとの事の様です。年度をまたぐ時に滞納があるのなら、新年度の納付書は付加保険料を外した普通の納付書にすると言う運用をしているとの事。
 今まで、法律が「滞納=即・付加保険脱退」としている理由は「オプション設定をしているのに、滞納するとはけしからん」と思っていたのですが、どうも法の趣旨は違う様です。社会保険事務所が滞納した人の付加保険料の設定を好きな時に好きな様に外せる様にするために法律の文章がそうなっているだけみたい。…って事は、付加保険料の分だけ滞納額が増えるのが困るから、そう言う扱いにしているって事なのかな?

 とにかく、400円プラスの納付書が入手出来てさえいれば、払ったもん勝ちみたいなんで、数日とか数週間とかの納付の遅れにビクビクしなくてもいいって事みたいです。

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
社会保険労務士試験
受験生の皆様、お疲れ様です。
常連にならないためにも自己採点は必ずやって下さいネ。

名城大会場では、土地家屋調査士試験と同じ会場だなんてとんでもない状況だったけど(ちまきも今朝会場に来て初めて知ってビックリした)混乱もなく、つつがなく終了したみたいです。
(プチトラブルはあったみたいだけど、今年はカンニングがゼロってのが、なによりでし)

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
高円宮さまは、労災になるのだろうか?
 最近は、会う人ごとに「このたびはご愁傷様でした」と言われてしまう。で、ご本人に成り代わって「ありがとうございます」とお礼を言っている。
 産まれた時から、今の皇太子と瓜二つだったので、今更慣れっ子なんだけど、でも、いきなりそう話しかけられるので、一瞬考え込んでしまう。

 ちなみに、去年の今頃は「おめでとうございます」の嵐だった。 で、ふと「宮様には労災はあるのだろうか?」と考えてしまった。そう言う連想をしてしまうのは、私の職業柄と言う事で理解して欲しいが、やっぱり不謹慎? 無礼?

 高円宮さまは、カナダの大使館でスポーツをやっていて倒れ、亡くなられた。

 労災になるのかどうかの一番のポイントが、仕事が原因だったかと言う事になる。スポーツが仕事なのだろうか、と。
 皇族方のお仕事が何かと言うと、この国をまとめる役割と、他国との友好を深める役割とがあると思う。
 もし、スカッシュがやりたかっただけならば、わざわざカナダ大使館まで出かけて行く必要もなかったはずだ。もしかしたら、カナダ大使がお友達だったのかも知れないが、やっぱり、スカッシュを通じてカナダ国との友好関係を深めようと言う意図があった事に違いはないはずだ。
 公務だったのかどうかはよくわからないが、友好親善のためのスポーツが原因で亡くなられたのだから、労災と言っていいだろう。

 ただ、労災保険が下りる条件が整っているのかと言うと、これはちょっと悩んでしまった。労災保険が下りるかどうかの条件その1「労働者なのかどうか」がクリアできるのかどうか。
「誰かに仕事の内容や時間について、指示されて働く者」それが労働者の定義だ。
 色々な報道を見ていると、皇族方は公務がとても多く、かなり忙しい様にも思える。スケジュールは誰が決めているのだろうかと考えると、自分で決めているとはちょっと思えない。もっとも、侍従が決めているとなると、それは会社の社長が秘書にスケジュールを管理させていると言う事と同じとも思える。
 それ以前に、皇族を雇っているのは誰なんだろうと思ってしまった。国? 我々国民なのか? でも、国や国民が皇族を養っていると言うのはわかるんだけど、国や国民が皇族に指図をしているとはとうてい思えない。…天皇は、憲法に「お仕事はこれとこれ」と載っているので、それに従って公務をこなしている様にも思えるのだが、誰かに使われていると見なすには、ビミョーな所だ。
 となると、自営業に当たるんだろうか? 国のトップとしての家族経営?

 と言う事で、労災にはなるけれど、労災保険は無理っぽい、と言う結論に至ったのでありました。 私は、自分の顔が皇太子に瓜二つと言う特殊事情があるだけで、別に皇族フリークと言う訳でもなければ、逆に皇族を毛嫌いしている訳でもない。

 以前、広島に所用で行った時に、余った時間で原爆ドームを見学しようとしたら、見事に天皇の訪問とかち合ってしまい、全く見学など出来なかった経験がある。
 炎天下38℃の中を30分ほど、黒いスーツで身を固めた天皇は、慰霊碑に向かって深々と頭を下げていた。見ているこちらは日陰に陣取っているにもかかわらず、それでも辛抱たまらないほど暑い。その炎天下の中、黒ずくめのスーツなのだ。その時、「天皇と言う職業は、何と大変なんだろう」と思い、それを口に出してしまって、周囲の皇族追っかけおばちゃんsをざわめかしてしまった。
 その時からである。皇族と言う職業とは、何なのだろうかと考える様になったのは。

「天皇は日本国の象徴である」と憲法に書いてある。この文言、私達には、皇族が私達にとってのもうひとつの家族、肉親みたいなものとして感じている事につながっているのではないかと思う。国民皆が、共通の父親を持つ、その事によってこの国はまとまっているのではないか、と。
 だから、皇族のお祝い事や不幸事を、我が事の様に思えるのだろう。その気持ちを表わすために、みんなは通りすがりのそっくりさんに声をかけて来るのだろうか?
 慣れっこになってるから、別にいいんだけどね。

author : たつもとちまき | 社会保険労務士 | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ