ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
万博・トワイライトコンサート
と言うわけで、夕方から行って来ました。(9月22日。今日は20万人。朝のうちは空いていて午後から混み始めるってのが、この3日間続いたわけだ)

今日の目的は日本臓器移植ネットワークのブースを訪ねる事と、万博百景の展覧会を見る事です。

日本臓器移植ネットワークは瀬戸の「市民パビリオン」での出展なので、夕方と言っても16:00には家を出ました。
意外なのは、この時間でも瀬戸会場周辺の民営駐車場はまだ空きがあるんですねぇ。駅から歩く人達も多く、ぞくぞくと人が歩いて行く中を16:30に瀬戸会場入りしました。
でも、行列しているのは夜間入場の人達で、一般の方はそんなに列にはなっていませんでした。2分で入場出来ました。

瀬戸会場では日本臓器移植ネットワークのブースへ直行して、リニューアルされたドナーカードをいただいて来ました。
そうこうしているうちに、チョウザメのエサやりショーが始まるとのアナウンスがあったので、そちらの方へ移動。チョウザメと言ったらキャビアの親ですよね。サメかと思っていたらそうではなくて、古代魚の一種で淡水魚(海にもいる?)なんだそうです。そしてレッドデータブックに載っている魚なんだそうで、キャビアが幻の食材になってしまわないためにも、人口飼育についての研究がされているんだそうです。
そう言ういきさつで、万博に展示されていたみたい。
ちまきもしっかりと、エサやり体験して来ました。係の人によると、願い事を唱えながらチョウザメにエサをやって食べてもらえると、願いがかなうと言う「瀬戸伝説」があるんだそうだ(ほんまかいな)。

瀬戸会場に原付を置きっぱなしに出来ないので、一旦出場して原付で北ターミナルを目指しました。

17:40には北ターミナルに着きました。北ゲートは相変わらずの混雑で(夜間入場が始まったばかりだしぃ)、入場には10分ほどを要しました。

あと5分でアクトロイドの休憩時間が終わろうかと言うのに、全く列が出来ていなかったので、アクトロイドの前で時間を待つ事にしました。(ちまきが列の先頭を取った途端にぞろぞろと行列が出来た)
係員によると今日のアクトロイドは大ボケ連発で、かなりお疲れの様子。間近で見てみても、お肌の荒れが一段とひどかったです。君の仕事もあと3日間だ、頑張ってくれたまえ。
お薦めのパビリオンを尋ねると「グローバルハウス」と答えてくれました。

エキスポギャラリーへ行って、万博百景を観覧。母上の知りあいが書いた絵が飾ってあると聞いていたので、わざわざ見に行ったと言う事です。この地方の日本画家達が万博をテーマにした絵を持ちよっての展覧会で、そこそこ面白かったです。(照明がとても暑くて仕方なかったのが玉にキズだけど)

さぁ、もう帰ろうかと思い、コモン2から北ゲートへ行くのに近道しようと思って「愛・地球広場」に出ました。やたらと混んでいるので、今日は誰かが歌うんだなと思ったら、何と今日は渡辺真知子じゃないですか。
これは見ていかねばなるまいと思って、30分待ちました。
ステージは19:00から45分間。最近作った曲を挿みながらも「迷い道」「かもめが翔んだ日」「ブルー」などの定番もしっかり押さえて、アンコールはしっかりと「唇よ熱く君を語れ」、いやぁ、堪能堪能。
途中、渡辺真知子が「10回以上来てる人」と声をかけたら半数位が手を上げました。万博もラストにさしかかって、もう地元常連のためのイベントになって来ているなと実感してしまいます。
で、生渡辺真知子ですが、やっぱり「太い」ってのが第一印象でした。彼女も色々と紆余曲折を経て今日に至っている人なんで、これからもマイペースに頑張ってもらいたいです。

北ゲートへ向かう途中でFM-LOVEARTHの前でジェフリーの顔をしばし観賞、20:00に帰途につきました。

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・今日は穴日?
駐車場情報やリニモ情報を聞いている限りでは、かなり空いているって感じがする。
FM-LOVEARTHも、さっきから「今日は穴日かも知れない」と盛んに言っているし…(でも「学校や仕事をサボって来るんじゃないぞ」とも言っていた)
うぅむ、悩む所だなぁ。

昨日も割と空いていた方で(それでも19万人)ちょっと顔を出して来たばかりだし…

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・西ゲート郵便局
ちょっと郵便を出す用事があったので、夕方から万博へ行って来ました。(9月21日。今日は19万人)

18:00に西ゲートに着いたのですが、まだ夜間入場の列が解消され切れていないのか、多くの滞留がありました。入場までに10分ほど要しました。

で、今日の主目的の郵便局へ。西ゲート郵便局は立地がいいのか、かなりの混雑になっていて行列も出来ているほど。こんな中で、切手を買って風景印押してもらってなんて悠長な事が出来るんだろうかと心配になったものの、どうやら皆さんの目的は顔写真入り切ってを作ろうのコーナーの様で、郵便の窓口自体はそう混乱はしていませんでした。
で、80円切手くれって言ったらセントレア開港記念切手が出て来た。「何か違うんだけどなぁ」と思いながらその切手を封筒に貼り、万博の風景印を押してもらって(やっぱりミスマッチだよなぁ)差し出して来ました。

ただこれだけで引き返すのも何だなと思ったので、先日完成しなかったユーロスタンプラリーの残りのパビリオンを回って、スタンプを押して来ました。
コモン4まで来たついでに「コーカサス共同館」に行って、かねてから購入を迷っていた(だって、高いんだもん)ヨーグルトの種菌を買いました。カスピ君よりは育て方が難しい様だけど、でも、カスピ君同様に出来たヨーグルトから次のヨーグルトを作る事も可能な様なので(説明書には「出来ない」と書いてあるものの、係のお姉さんが「出来るよ」と言い切っていた)(要は「雑菌が混入して腐ってしまっても知らないよ」って事で「出来ない」表示しているんだな?)これからずっとちまき家のヨーグルトとして、カスピ君共々飼育して行きたいと思います。

帰途についたのは18:50、会場滞在時間50分は最短記録かな?

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・地球市民村総まとめシンポジウム
長久手サテライトを後にして、万博会場に向かいました。今日の目的は地球市民村で開かれるシンポジウムをのぞいてみようと言うものです。

昨日、同時刻に会場に来た時にはスムーズに入場出来たので、今日もきっと同じだろうと思ったら大間違い(9月18日。何と28万人の大記録)。長久手サテライト会場から道続きの西ゲートへと向かったら、長蛇の列が道をふさいでいてとてもじゃないけど駐輪場へアプローチが出来ない。無理に駐輪場へ向かうと危険なので、北ターミナルへ向かいました。すると今度は原付を停める場所がない(交通整理ガードマンと停める場所を巡って大喧嘩になった→勝った)。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
長久手サテライト会場
そう言う会場があると言う事は聞いた事があったし、ござらっせの辺りを走っていると「長久手サテライト会場」と言う行き先表示があったりしたので、存在自体は知っていました。
そう言えば、開幕当初にNHKなんかでも紹介されていたよなぁ…

で、行ってみました。11:30頃に着いたのですが、駐車場はかなり混雑状態。でも、会場自体はふたケタ(四捨五入しても3ケタにならない)しか人がいません。う〜む、寒い。

会場としては、その辺にある普通の芝生公園に、ちょっとしたステージを組み立て、椅子がいくつか並べられ、屋台がちょっと並んだと言う感じの、おらが町の祭の会場だべと言った雰囲気でした。
ちまきが行った時には、名古屋市内の民謡愛好家達が躍っていました。

でも、ちょろちょろと人がやって来ては去って行きます。見ると、ござらっせの客がのぞきに来たパターンと、周辺道路の混雑を避けるための避難民がやって来たパターンとに別れている様でした。
ちまき同様、その存在が頭にあって、ちょっと寄ってみたと言った感じ。

会場内には建屋がいくつかあって、そのうちのひとつがパビリオンになっていました。長久手町とワーテルローとが姉妹都市なんだそうで、その絡みでベルギーパビリオンがここに置かれていると言う事らしい。中身は長久手とワーテルローとの戦争の遺物がずらずら展示されていて、かなり貴重な物を見る事が出来ました。でも、観覧者は誰もいないんだよね。もったいない。

隣の建屋では近所のおばさん達が食事を提供していました。NHKでも取り上げられて大好評な「薬膳カレー」がメニューにあります。確か1日限定○○食だった様な記憶があるんだけど…これは食わねばなるまいと思って、オーダーしました。
所が、これが大変に美味。小麦粉を使う日本カレーではなく、肉も野菜もトロトロになるまで煮込んでとろみが自然に出たタイプの、インドカレーの一種と言ってもいいでしょう。薬膳を名乗るだけあって、体にいいもの(しかも、地元で取れた新鮮で旬のもの)を何でもぶち込んで作っただけあって、コクもうま味もよく出ています。これを近所のおばさん達が手作りしたって言うんだから、恐るべし。万博会場内の「本場インドカレーの店」や「エジプト館」のカレーが完全に負けています。外国館で食べ歩いたカレー達と比べても、上位に食い込むんじゃないかな? 万博が終わっても残して欲しいレシピだと思いました。

ちまき同様、この薬膳カレーがどこかで紹介されていた事を記憶している人がちらほらいる様で、みんなこのカレーをオーダーしていました。(それでも売り切れになる心配がないほど人が少ないのがもったいない)

長久手町が作ったサテライト会場だったんですが、あまりにも万博会場との落差が激しくて(笹島サテライト会場にも遠く及ばなくて)可哀想だかもったいないだかなんですが、それでもここで行われたイベントが「愛・地球広場」に生中継された事もあった様で、まぁ、役目は果たしてもらえたんじゃないかなと思います。

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・インタープリターツアー
今日の目的は瀬戸の「里の森」です。先日は予約など全然取れる状況ではなかったので、今回は朝一番で瀬戸会場に並んでみました。(9月17日。22万人)

06:00に瀬戸ゲート着。この時間だとこの周辺の民間駐車場はどこもガラガラなんですね。北ゲートや西ゲートとは状況が明らかに違います。
ゲート前にはすでに250人位がいました。まぁ、こんなもんだよね、瀬戸だとこれでも多い方かなと思っていたら、続々と人が歩いて来ます。万博八草からのシャトルバスがまだ動いていないと言うのに、ぞろぞろと人が集まって来る。07:00には2,000人を越えていました。
長久手会場行きのFCHVが、朝のうちは動かないと係員が言います。どよめきが起こりましたが、理由は「北ゲートに行列を作る場所を確保するために、FCHVの停留所も使っているから」との事。なるほど今ではそこまでしちゃってるのね。係員曰く「開場後、1〜2時間は無理かなぁ?」

開場は掟破りの08:25。
瀬戸のゲートマン達は「ようこそ!!」って言わないんですね。あ、でもゲートが5つしかないから、声かけ合わなくても、目配せだけでも一斉にゲートを開ける事が出来るって事なのかな?
瀬戸の荷物検査は、ザルチェックでした。ペットボトルだって自己申告制です。う〜ん、のどかだなぁ。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・パビリオン回りはこれが最後?
朝も早くから地獄の一丁目に行って来ました。(9月11日 この日は22万人)
大阪の知人は最終の新幹線で名古屋入りし、うちに到着したのはもうすぐ日付が変わろうかと言う頃。事前の打ちあわせでは「会場にそのまま行って徹夜すべし」とアドバイスした所、「イヤだ」とひと言で撤回されてしまい「だったら覚悟する様に」ときつく申し付けていたのですが、どこまで自覚しているやら…前回来たのが7月の事だったんで、どれだけ万博会場内の様子が変わってしまったかが、やっぱりわからないんだろうねぇ。

始発前に会場入りする計画だけど、ちまき一人でないので原付で乗りつけると言う手は使えない。車を出して民間駐車場に停めるにしても、現在では予約なしでは停める場所が全くないと伝え聞いている。そこで母上に会場まで送ってもらう事にしました。朝4時出発での送迎を頼むわけだけど、そりゃもぉ文句タラタラですよ。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・森歩き
モリゾーとキッコロのトピアリーの写真撮影のために朝早くから行きました。(9月10日 この日は25万人)
なぜ朝早くからなのかと言うと、モリコロ植木はかなりの人気スポットで、人が入っていない写真を撮るのがとても難しいのです。朝イチならみんなは企業館目掛けてダッシュしているから、撮れるんじゃないかなと思った次第。

目的のもうひとつは、明日、大阪の知人が来る事になっていて、しかも「日立館狙い」を告げられていたので、そのための偵察も兼ねる事にしました。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
万博・こいの池
おとといの台風では「こいの池イブニング」が中止になっていて見れなかったので、夕方から見に行って参りました(9月8日 この日は19万人)

母上がちまきに先行して午後から会場入りしていました。ちまきは18:00に会場到着。
18:00でもまだ完全には入場フリー状態にはなっていなくて、6つ位のゲートを使用して入場者をさばいていました。各ゲート10人位の滞留がある状態でした。(この程度なので1分で入場)やっぱり今日も来場者がすごそう。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
台風来襲の日は万博日和
例のごとく台風が来るから万博行くぞと、昨日は母上に言われたのですが、さすがに3日連続で行く根性がなかったので、間に1日空けました。
母上は昨日午後から出かけて、塩を買い回って来たみたい。

で、今日(9月6日 それでも12万人)は、ちまきが夕方から行きました。
目的は、葉書を出す事です。ちまきが自分宛に送った万博の風景印付葉書、母上がたいそう気に入ったらしく、姪っ子にこれと同じものを送る様に指示を受けてしまったわけです。
まぁ、原付で30分だから、別にいいんだけどね。

18:00に北ゲート着。
第一目標の北ゲート郵便局に難なく到着した後、このまま帰るのも何だと思ってしまったので、ちょっと歩き回る事にしました。
今日は、普通に普通の夕方の人出です。外国パビリオンなら、どこも並ばずに入れ、人も少ないのでのんびり見れます。こう言う光景は7月以来だなぁ…

無目的に歩いたわけではなく、モリゾーとキッコロのトピアリー(植木・植え込み・刈り込み)の位置を確認するために歩きました。
姪っ子が、モリコロの植え込みの写真を撮ろうとして、どうしても人混みがすごくて撮れなくて、かなり悔しい思いをして帰って行きました。
それで、写真を撮って送ってあげようと言う話になり、今度は写真のためだけに来場する予定になっています。
で、モリコロの植え込みは、次の6カ所で全部なのかな? 協会としてはどこにモリコロがいるのかはヒミツと言う事になっているのし、ネットで色々検索してみても、これ以上は見つからなかったのですが…
  • 東ゲートから企業Bに至る道の途中、ガート下をぐぐった後にある広場。
  • 愛・地球広場の中、コモン1の方角、オペレーションブースの前。(しゃべるモリコロ)
  • グローバルハウスの北の角。整理券配布所を直進した所。
  • バイオラングの南の端、案内所の横。(バイオランクに張り付いている)
  • グローバルハウスから日本広場への道の途中。なだ万の横。
  • 日本広場からコモン6に至る坂の途中。(なだ万横のモリコロから見える)

(【追記】日本広場からコモン6に至る坂の途中には2か所にあった。計7か所と言う事かな?)

「マンモスブルー」の整理券がなかなかさばけないらしく、いつまでも必死で配っているし、「長久手愛知県館」は誰も観覧者がいないらしく必死で呼び込みしているし、やっぱり台風効果みたいです。

そのうち暗くなったので、美濃和紙あかりアートを観覧、こいの池は強風のため中止になっていて残念無念。

19:30には帰途に着きました。

美濃和紙あかりアート ☆☆☆
和紙で作ったクラフトに電球を仕込んだアート作品がズラズラ並んでいて、これがまた大変に奇麗でビックリ。なるほどいろんな人からおすすめを訊ねられた時に「ここはどうでしょうか?」と言われたわけだ。一見の価値アリです。ちなみに点灯は18:00から。

author : たつもとちまき | 愛地球博 | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ