ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
Opera大阪オフ
今回、名古屋からの参加者は3名いましたが、1名が新幹線で、1名がアーバンで、1名が近鉄急行で、と、見事にバラバラで大阪入りしていたらしいです。
連絡取り合って一緒に行くと言うのもあってもよさそうなのに、最初からそう言う発想がないと言う点が、ゆる〜くつるんでいるだけと言うOperaコミュニティらしなぁ、と感じてしまいました。

ちなみに、ちまきは一番安価な方法をセレクト。チケット屋に行く暇がなかったため、往路では正規料金(それでも2,300円)を支払いましたが、復路ではしっかり近鉄株主乗車券をゲットして名阪間が1,300円ナリ。

で、オフ会の内容ですが、何だかOperaの話と言うよりはニコニコ動画の話に終始していた様な…
まず最初に自己紹介しましょうと言う事で、各人のOperaとのかかわりや要望なんかをしゃべっているうちに、時間の大半を使ってしまったって感じのオフ会になりました。
まぁ、そんな自己紹介だけのオフ会でも、Operaへの要望や問題点の洗い出しには充分な情報が行き交い、ちゃんとOpera社とユーザとの交流と言う目的は達成出来てた点は◎なんじゃないかな?
(東京オフと言い、大阪オフと言い、こんなんだったから、今後このスタイルがOperaオフのスタンダードになりそうな予感…)

時間がなくなり会場に延長料金を払い、それでも余興として準備されていたクイズ大会やOpera9.50のプロモーションが、マッハな早さで消化されてしまいました。

いつの間にかOpera社に就職していた人がいたり、このオフ会の席でOpera社にスカウトされる人が出たりで、Opera東京のマンパワー不足ぶりも垣間見る事が出来(ユーザが入り込んで加担すると言うのは、いい事だけどね)

二次会は、近所の鳥料理店での宴会。
喫煙の有無で席を分けたら、「若者の卓」と「おっさんの卓」に別れてしまっていました。
おっさんの卓は、おっぱいの話に終始していた。(今回、女性の参加者がいなかったからねぇ)
この席上で、Opera Miniを搭載したケータイが巡回していたので、ちまきも試用してみました。
今回のヴァージョンは、PCで見た時と全く同じレイアウトを簡易表示して、自分が見たいエリアを指定、拡大表示させて文章を読むと言うインターフェイスになっていて、ケータイでも全く違和感もストレスもなくPCサイトが見れる様に仕上がっていて「おぉ、すげぇ!」
どのサイトもデザインの崩れもなくいつもPCで見てるそのまんまの状態で、見る事が出来ていました。
で、早速自分のサイトも見てみようと思って飛んでみたのですが、

  涙目………

うちのサイトだけ、崩れまくり。な、なんで??
# うちはケータイでも普通に見れる様にページを組んでいるから、それの悪影響か?
# 治すの大変そうだから、やっぱり「Opera Miniは非対応」にしちゃおうかなぁ。

三次会は、健康ランドの一角を乗っ取って合宿企画だ、と言う事で、尼崎まで行くぞと言っていたので、ちまきを含む南海方面の人達が「さすがに尼崎は…」
ちまきは二次会止まりでお別れになりました。

今回はっきりした事は「2バイト文字にかかわるバグ出しをやって行かなきゃダメなんじゃね?」って事でした。
まず、どれだけのバグや要望が上がっているのか、認識されているのか、対応されているのか、ユーザ側にはわからないので、その辺の整備と公開が必要なのかな、と言う気がします。(バグトラッキングってヤツになるのかな?)
で、こっち側も、普段「しょうがねぇや」と思ってスルーしている事を、きちんと認識してリスト化して要望出し出来る様にしなきゃ、って事だと思います。
# これって、トランスウェアがやってた事なんだよね。
# ライブドアは本当にとんでもない事をしてくれたんだなぁ、って実感だよ。

あと「ソフトハウスとして、ユーザが使っているシーンを観察する機会は作るべきじゃないの?」と言う事は強くプッシュしておきました。
オフ会の席でそう言うのを見せ合う企画があったら面白いんだけど、今回も時間がなくて実現出来なかったので、次回何かひと工夫しないと、ですね。

で、その次回は、ウワサによると春頃で名古屋らしい。
今度は我々がホスト側(工夫しなきゃいけない側)になるって事で、うぅむ…
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
lolifox Portable を使ってみた
ちょっと思う所があって、普段使いのブラウザをOpera@USBに完全移行しました。
自宅でも普段から@USB環境でブラウザを使い、外出に際してデータ移行せずに済む様にしよう、と思ったわけです。(真っ向からOpera Linkにはむかう使い方だなぁ)

となると、Operaの右クリックに仕込んである「IEで開く」「lolifoxで開く」も連携させてみたくなる…
# Operaをメイン、lolifoxをサブのブラウザとして使ってます。
# 「なぜFirefoxでなくてlolifoxなんだ?」と言う突っ込みは…「これは、私の仕様なんです…」

IEの方は、ほぼ例外なく全てのWindowsマシンに入っているだろうし、その起動ファイルのフルパスとファイル名はほぼ例外なく全てのWindowsマシンで共通のはずだから、特に設定を変更する必要性は、ない。

lolifoxの方は、ほぼ例外なく全てのWindowsマシンに入っていないだろうから、USBに入れて持ち運ぶ事になります。
lolifoxをUSB起動するためのlolifox Portableの存在は以前から知っていたので、それを導入してみました。

導入方法はいとも簡単
  1. lolifox Portableのzipをどこかその辺に展開する
  2. その中にlolifoxと言うフォルダを作成し、今まで使っていたlolifox関連のファイルをぶち込む
  3. 同様に、Dataと言うフォルダを作成し、今まで使っていたlolifoxのプロファイルをぶち込む

…はっきり言ってOpera@USBよりもはるかに簡単ですよ、これ。

ひとつだけ、最新のlolifox Portable(Ver. 0.20) が最新のlolifox(Ver. 0.3.6) の「脚線美フォルダ」に対応していないので、lolifoxPortable.iniに修正を加えなければならなかったです。
これ、ウェブ上でどこの誰も指摘していないもんだから、かなり時間がかかってから気がつきました。

使用感ですが…やっぱりOpera@USBよりもいいなぁ、これ。
しばらくの間、lolifox Portable単体で色々と遊んだ後で、Opera@USBからlolifox PortableへページのURLが伝わるかどうか、テストしてみたのですが…これがダメでした。

lolifoxPortable.iniではcmd.exeに引き渡すためのbat風なコマンドが記述されているのですが、
lolifoxを起動させている部分が、こんな感じ…
"%foxexe%" -profile "%foxdata%" %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

コマンドライン引数はちゃんと伝わる様になっているはず…
それなのに、%1は「1」に変換されて(%2や%3に値が入っていれば2や3に変換されて)lolifoxが起動されるため「1 のアドレスを開けません」と言う画面になってしまう…
何時間もかかって検索したり、動作をトレースしたりしたんだけど、どうもlolifox Portableがコマンドライン引数の処理を誤っているっぽい感じがして来ました。
# いわゆる、バグってヤツ?

うぅむ、残念。
でも、ちまきにとってはlolifoxも愛すべきブラウザなんで、Opera同様USBで持ち運んで常用する事にします。
# 当面、URL渡しは、USB内のlolifoxをダイレクト起動して、後処理をするbatを手動で実行する様にするよ…lolifox Portableの意味が半減だなぁ
【追記】
lolifox Portableが実行するbatと同じものを自前で作成し、そのbatをOperaから呼び出したら、希望通りの動作になりました。(DOS窓が現れて不細工だけど、使えるのと使えないのとでは大違いなので、我慢しよう)
ホントにこんなに簡単な解決方法でいいのかな、と拍子抜け…(案外、Windowsのヴァージョンが変わったら、そうは問屋が卸さんかったりして)
【追記その2】
次の方法で、DOS窓も一瞬で消える様になりました。
Operaが起動するbat
set op_to_lf=%1
start 相対パス¥lolifoxPortable.exe

lolifoxPortable.iniの該当部分
"%foxexe%" -profile "%foxdata%" %op_to_lf%
set op_to_lf=

lolifoxPortableが改修してくれるまでの、つなぎって事で…
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera9.50を使ってみた
Opera9.5bと9.24のメールパネルの比較βも出た事だし、そろそろ本格移行も視野に入れて試用してみるかなと。
インストールしたのは Build 9613 のクラシック版。ja.lngは自作した。

まず、menu.iniとkeyboard.iniとtoolbar.iniとがOpera7の頃からの使い古しなので、9.5向に作り直そうと思った…が、これがことのほか難航。
「一体どこに変更を加えてあったんだ?」
と言うわけで、オリジナルからの差分探しに半日を費やしてしまい…
次回からは簡単に作業出来る様に、コメントたくさん入れておきました。

Torrentの出来をテストするために以前1回だけOpera9.5を試用した事があったけど、今回はメールのバックエンドがどう変わったかを見たかったので、Opera9.24のメールフォルダもOpera9.5に食わせてみました。

メールのコンバートに約4分。

さぁ、どうだ!

…送信者名と件名が大量に化けてました(;_;)

幽霊メールも大量に発生しました。
容量ゼロで、送信者名と件名が空白で、既読で、非削除で、非スパムなエントリーが大量に出来ていました。こいつ、何と削除出来ないんですよ。

コンバートにはまだまだ問題アリみたいですね。正式版までには治るんだろうか?(と言う事で、正式版まで本格移行を見合わせると言う事になりそう)

試用してみて気がついた点。
  • [ctrl]+x でフィルタからメールを排除する機能がなくなっている様です。これでは誤分類された時にフィルタの教育が出来ません。
  • メールパネルから、各アカウントのステータス表示がなくなりました。代わりに1行だけのステータス表示があるみたいだけど、これではどのアカウントがひっかかってるかを見れないではないか。(ちまき的にはこれは致命的。これが治らないと、9.24を使い続ける事になるだろう)
  • 送信者名と件名が化けます。特にフィードは100%確実に化ける(Operaが自分で生成したデータだろうが。なぜ化ける?)。
  • メールへのラベル付けやラベル外しが、まともに動作しない。

間違いない、Opera社員はM2(Opera Mail)を使ってない。

ユーザでもM2使ってるヤツは、ほとんどいないって事だな。Opera6の頃から「多分そうだろうな」とは思っていたけどね。

で、メールのバックエンドは、何か変わったっぽいです。体感としてそんな気がする。
しかし、メールデータの保存方法に変更はない模様…アカウント×日付の数だけフォルダを作り、メールの数だけmbsファイルが作られます。
空フォルダは、ちゃんとOperaが削除してくれる様になったって点は進化だけどね。
この管理法、スマートでわかりやすくて、動作も早いんだろうなとは思うんだけど、USBでOperaを持ち歩く際に「こんなに大量にファイル作り散らかしてどうするんだよ!」になっちゃうのが難点なんですよね。(FATなストレージだと、ちっちゃなファイルでもしっかり1クラスタ消費しちゃうから、ファイルが多いととんでもない容量消費になっちゃう)

他、気になる点は
  • パネルのシングルクリックが変(多分、Windowsのダブルクリックイベントに反応しちゃってる→希望の動作になるためには、トリプルクリックで反応する時と、ダブルクリックで反応する時と、シングルクリックで反応する時とが混在していて、イライラする)
  • 訪問済みリンクが、再起動後全部未訪問に戻っちゃう。(どこかの設定が不味いのかな? 9.24と同じ設定なはずなのに)
この他に「ウィジェットを無効にする方法が見つからないぞ!」ってのに数時間を費やしてしまったんですが、…元々そんな設定はなかったんだっけ?(スピードダイヤルを無効にする設定は、無事に9.24から引き継ぐ事が出来たけど)

今まで歴代のβと比べると、実用にはほど遠いなってのが印象です。
JUGEMテーマ:ブラウザ

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Operaつかまる
ヤマト with OperaOpera社で写真コンテスト(どこでもOPERA)をやっていると言う事なので、参加してみます。

題して「Operaつかまる」

Operaの運命はいかに?

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
OperaのM2のRSS受信でメールが削除される
OperaのM2ではRSSが通常のメールと同様に扱えて、サイトの未読処理にとても便利に使っているのですが…(170件ほど受信しています。9割がLovelogの猫ブログなんだけど)

時々このニュースフィード受信がおかしいのですよ。
ニュースフィードの各フォルダに、そのRSS以外のものが入っている事があります。
他のRSSだったり、あるいは、普通のメールだったり…

どうも、M2のニュースフィードのフォルダは、RSSの受信をそのまま格納しているのではなく、受信したRSSは別の場所に格納されていて、フォルダでは通常のメールフォルダ同様に分類結果を表示しているっぽいです。

でも通常のメールフォルダと違って、分類し直したりする事が出来ません。

今までは「まぁこんなもんか」と思って使って来ました。

所で、RSSの受信をやめる時なんですが、ニュースフィードのフォルダを削除する事によって受信をやめる事が出来ますが、この時はM2は親切にもフォルダ内のRSSを全部自動的に削除してくれます。

今まで「まさかそんな事ないよなぁ」と思っていたので完全に油断していましたが、今日もリンク切れになっているRSSを整理していたら…メール6通ロストしました(;_;)
ニュースフィードのフォルダに誤分類されていた通常メールが、フォルダ削除と共に削除されてしまったのです。
通常のメールフォルダなら、フォルダを削除しただけではメールは消えないのにね。

幸いにも6通ともバックアップから掘り出す事が出来たので、事なきを得たのですが、こうなるともう「まぁこんなものか」とは言ってられないです。
(きっと今までも、知らない間に何通もロストしているんだろうなぁ)

メールのロストは本当に困るので、バグリポートしてやろうかと思ったのですが、未だに「リポートは英語で」なんて事が書いてあるので、報告はしません。(「トランスウェアの頃はよかったなぁ」なんて事言っていても仕方ないけど、マジでそう思う事がある)

誰か代わりに報告してくれない?

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera東京オフ
Operaピザ参加者によるリポートがあらかた出そろっている様なので、詳細はそっちの方を読んでもらうとして(opera-wikiOpera社にリンク集が出来上がっているではないか!)、ちまきが感じた雑感程度にしときます。

元々からして、てらじさんが「上京する。スケジュールに穴があいているので、現地の人は迎撃する様に!」と言う呼びかけで始まったオフ会でして、Operaは単なる口実に過ぎなかったはずです。
だから内容の方も、そんな感じの軽いノリでした。

ただ、驚いたのは、参加者はそのノリに違和感を感じていないあまりか、Opera東京オフィスの人達に休日出勤させてしまい、あまつさえOpera社CEOのテッちゃんまでも休日出勤させてしまったってのがすごいなぁ、と。Opera社サイドの方まで、この悪ノリを楽しんでいるのですよ。

軽い会社だなぁ〜
軽いのは製品だけじゃなかったのね。
(もっとも外資な会社なので、勤務の中身そのものは相当厳しいとは思うけどね)

ご覧の通り、会議室内ではおぺらたんであふれ返り(てらじさんが「フィギュア作りたかったが発注先を見つける事が出来なかった」とどこかで書いていたが、それはてっきり冗談かネタなんだと思っていたぞ。あんた、本気で作ろうと思っていたな?)、しかも今回のオフのために海外漂流中のtemp_hさんをわざわざつかまえて書き下ろしてもらったって事で、参加者(Opera社の社員も含)みんなで喜んでしまって…

テッちゃんに対しても、その辺の質問も出ていました。「びゅーてふぉー」と言う返事が返って来ましたが…「このキャラをOpera社でヨイショすれば、日本のOperaコミュニティはすごい発展をするだろう」と言う質問には、すっとぼけられてしまったのは残念!
(やっぱり日本のオタク文化に免疫ない人には、このノリはわからないのだろうか?)
(テッちゃんに対しては数々の質問が出たのですが、全くのコメントなしは、唯一この質問だけでした)

テッちゃんとの会話を通して、Operaは、操作に関してのアクセシビリティ確保が最優先に作られているソフトだと言う事が理解出来ました。
通常のマウスによる操作だけでなく、キーボードショートカットがやたらと充実していたり、マウスジェスチャーが便利だったり、音声認識による操作までついていて(日本語では使えないけどね)、色々な方法で操作が可能に作られている。使用者は、各々そのうちのどれかひとつにハマってくれればそれでいい訳で。
ちまきにとっては不要の長物でしかないスピードダイヤルも、そう言ったアプローチのひとつなんだと言う事がよくわかりました。

Opera社の方向性がそう言うものなのだ、と言う事を知る事が出来たのが、ちまきにとって今回のオフ参加の最大の収穫でした。

おぺらたんケーキそれにしても、←ここまでやるかなぁ、と思ってしまったけどね〜

ポスターにしろ、シールにしろ、ケーキにしろ、かなり金がかかってないかい?
てなわけで、九州に向かって2礼2拍手1礼しておきますね〜

「Operaコミュニティは閉鎖的だ」とどこかのブロガーに指摘された点についても、話題になっていました。
そもそもからして、営利会社の作る製品に対してユーザーがゆる〜くつるんでいるだけなので、Firefoxと比べるのがムリってもんです。でも、確かに「ヘヴィユーザがいばってる」ってのは、あるよなぁ(って言うか、ちまき自身がバカやってるから、反省せんといかんよなぁ)。

一応、「moonstoneさん所yaskeさん所の2サイトをコアにして、それぞれ住み分けして行けば何とかなるんちゃう?」って感じだったです。
現状は、情報をどうやって捜せばいいのかよくわからいし、どこに質問したらいいのかもよくわからないし、どうやって質問したらいいのかもわかっていない様なので、その辺をよく整備して行かないとダメだろうな、ってのはあるでしょうね。

あと、今回の様なユーザーズミーティングも各地でやって行けば、コミュニティもそれなりに形になって行くはずなので、今回のオフ会がそのきっかけになれば、と思います。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
OperaのUA
SAITOさん所で、OperaのUAに好きな文字列を入れれると言う事を知りました。

opera:config#ISP|Idに何か書き込むと再起動後に反映されます。
この項目、初期状態では存在しないだけに、隠しオプションって感じかな?

既存のUAに任意の文字列を加える事が出来るだけなんだけどね〜
自サイトのアクセスログでの自分のアクセスの排除にちょうどいいかななんて事をふと思ってしまったものですから、こんな風にしてみました。
Opera/9.10 (Windows NT 5.0; U; PC-9800; ja)

普段からPC9821で利用している事にはウソはないので…そう言えば、OperaはPC-9800シリーズは動作対象外でしたね。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera9は遅くなった
Operaは6から使っていますが、9になってからはいよいよ使うのが辛くなって来ました。
だって、劇重なんですもん。

特にWindows95での使用なんだけど、数分に1度、数十秒ほどPCが凍ります。これには本当に困ったもんで、おかげでWindows95で立ち上げる期会がめっきり減ってしまいました。(Win95とWin2kのマルチブートで使っておりんす)
それまではWindows95の方をメインに使っていたのに、Opera9になってからはWindows2000の方がメインOSって感じです。

その挙動から、最初はメールのガーベッジコレクションでもやっているのだろうかと想像していたのですが、FilemonでOperaの挙動を探ってみたら、profileフォルダ内でtmpファイルを生成している時に凍ると言う所まで突き止めました。global.datとvlink4.datを数分に一度リフレッシュしているのですが(リフレッシュとは言うけれど、どうやら1から新しく作り直している様だ)、その処理にマシンパワーのほとんどを使ってしまっている、と言う事です。
9.0 Weekly Buildから9.10まで(9.20 Weekly Buildは使ってません)、この凍る状況や時間は刻々と変化していて、改善されたり悪くなったりを繰り返しています。だから「Operaの人達も試行錯誤をしているな」と言うのは感じていました。

NT系は9x系と比べるとタスク管理がかなりしっかりしているので、Windows2000での使用ではそれほどイライラを感じません。それでも定時的に瞬間的に操作不能になると言う現象はあります。

次に困っているのは、複数のタブでFlashがあるページを複数開くと、OperaはCPU資源をほとんど使い切ってしまい、だんまりを決め込んでしまいます。Windows2000でも操作不能になるので本当に困り物です。
最近のサイト製作者が重いFlashを作る様になって来ているのか、それともFlash9がうちのマシンで使うのが限界なのか、それともOperaのせいなのか、その辺の切り分けはまだ出来ていません。
ただ、Weekly Buildsのチェンジログでは、プラグインに関する変更が数多く書かれていたので、おそらくOpera内部でのプラグインの扱いに何かしらの変更があったんだろうなと、それが原因になっちゃってるのかなぁと想像しています。

どうにかこうにか操作をして(ほとんど無反応なので、これがまた苦労するんだ)Operaを最小化すると、CPUの使用率が下がってOperaのタブの操作も可能になり、Flashが動いていたタブを消す事が出来る様になります。
普段から特に必要な時だけプラグインを有効にすると言う使い方をしているのですが、今はFlashコンテンツを同時に複数実行しない様に特に特に気をつけて使っています。

それからもひとつ、スワッパーがやたらと走る様になっちゃったんだよね〜。
Opera9は、だいたいいつも50M〜70Mほどのメモリを使用している状態なのですが、それに対してうちのPCのメモリが128Mしかないんですよ。
「増設すればいいじゃん」って話はナシですよ! 今の128Mが最大積載量なんですから。(「PCを買い替えろ」と言う話もご勘弁を)
このアプリは一体どこまで巨大化して行くのだろうかと思いながら、Desktopチームのブログを見守っています。

Opera9を使うのをやめて過去のヴァージョンにしようかなと考えてしまう事もあります。(ブラウザとしては7.5辺りが一番好き)
ただし、Opera9はメールの管理方法がかなりしっかりしているので、Opera7やOpera8のコンチクショ〜なメーラーには戻りたくない(Opera9になってようやく「6はよかった」と言わなくて済む様になった)と言うのもあって、ヴァージョンダウンしたもんだかどうか、かなり悩ましかったりします。

saitoさん所によると、Opera9になってからファイルの読み書きに関して何か新しい事をやっているそうで、「Opera9は遅くなった」と言う苦情はたくさんあるらしいです。
将来的には新しいライブラリを導入する事によって改善の予定、との事なので、もうしばらく辛抱強くつき合ってみましょうか。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
Opera Mini対応してみる
saitoさん所で、Opera Miniシュミレータでいっぺん自分のサイトを見てみろって書いてあったもんだから、ちょっと見てみました。(て言うか、そう言うシミュレータがある事をすっぱりと忘れておりました)

で、見てみて気がついたのが「Opera Miniって、CSSを無効に出来ないんだ…」

ダメじゃん、それでは左カラムを読み飛ばすためのリンクが表示されないじゃんか。
(CSS無効にするとメニュー部を読み飛ばすためのリンクが現れるサイトって、結構多いんですよ。うちもそれに習ってます)

今までは「海外の携帯でしか使えないモノなんかサポートしないよ」と言う態度だったのですが、今回よくよく見てみると、日本国内の携帯端末でも少しばかりOpera Miniが動く機種があるらしいと言う事を知りました。だったら対応しないといけないのかなぁ、と思える様になり…
てなわけで、うちのサイトをOpera Mini対応してみる事にしました。

よくよく見てみると、JavaScriptを使って表示させているものが見えているので、どうやらOpera MiniではJavaScriptが動くらしい。と言う事は、JavaScriptでOpera Mini専用のCSSを食わせてやればいいって事になるんで「何だ、簡単じゃん!」

アクセスログを見ると、Opera Miniは
Opera/8.01 (J2ME/MIDP; Opera Mini/3.0.6636/1558; en; U; ssr)
と言うUAが記録されます。これを見て切り分ければいいのね〜と思ったら…

navigator.userAgent = 'Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; ; Linux i686) Opera 7.50 [en]'
navigator.appName = 'Microsoft Internet Explorer'
navigator.appVersion = '4.0 (compatible; MSIE 6.0; ; Linux i686)'

…普通にOpera7.50じゃないかよぉ。しかもIE偽装してるし…

途方に暮れて、どうやって切り分ければいいのか考えた末「もしかしたら、画面サイズが携帯電話ちっくだったら、Opera Miniと判断出来るのでは?」と思って、またまた試してみたら…

screen.width = '800'
screen.height = '5000'
screen.availWidth = '800'
screen.availHeight = '5000'

どうもこの辺の数値は、携帯のOpera Miniが持つ数値ではなく、携帯に送られる前のOpera Miniサーバ上の数値が得られてしまう、と言う事みたいで…

でも、高さが5,000pxと言うのは、ちょっと普通のPCの環境では考えられない(横幅が800pxしかないしね)と言う事に気づいて、結局はOpera Miniの切り分けをこんな風にしてみたのでした。

if ( navigator.userAgent.indexOf('Opera') != -1 && screen.width == 800 && screen.height == 5000 ) { ほにゃらら }

これでOpera Mini専用CSSを作って読ませればOKなのです。

で、やってみたんですよぉ。
普段は {display:none} にしてある1カラム表示環境用のページ内ジャンプを {display:block} にしてみて、さぁテスト。

…ページ内ジャンプしないじゃん。
リロードしますがね。
リロードしてページ先頭を表示しますがね。

どうも、Opera Miniサーバってヤツは、JavaScriptのdocument.writeやCSSなど全ての表示を解釈した上で、必要最小限なhtmlに加工し直して携帯に送っているっぽいです。
携帯側のOpera Miniはテキストブラウザに毛の生えた程度の物で、表示に関する事全てをOpera Miniサーバ側が担当している…と。
Opera Miniサーバでの再加工時にidとかnameとか削除されちゃってるんだろうねぇ(accesskeyも動かなくなってるんで、そんな所なんだろうなぁ)。
# アクセスキーが使えない携帯ブラウザってのは、ちょっと信じられな〜い。

もぉ、この段階で集中力が切れました。
で、おもむろにOpera Miniに向かって「あんた、バカ?」

と言うわけで、Opera Miniはサポート外とさせていただきます。ぶっちゃけ、NetFrontやUP.Browserの方がよっぽど賢いです。
Opera Miniだけのために「メニューを後ろのカラムにすればいいじゃないか」なんて理屈は、もちのろんろん論外ですよ。

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(2) | trackbacks(0)
Opera 9.01
使っていたWeekly Buildがそのまま正式版になった、と言う事なので、祝リリースと言う気分になれないです。(昔だったら、はしゃいでいただろう)

とりあえず、昨日リリースだそうです。

9.00での不満点は治っていないですが…

1)
target属性を持つ(別窓で開く)リンクを普通に開くと、「画像表示/非表示」や「スタイルのモード」を継承してくれません。
target属性がないリンクの場合や、target属性を持っていても「裏で開く(ctrl+shift+クリック)」や「別タブで開く(shift+クリック)」などでは、「画像表示/非表示」や「スタイルのモード」はちゃんと継承してくれます。
これが、非常に使いづらくて、とにかく泣いています。

2)
動作が遅い事にも関係あるんですが、タブを閉じるためにセンタークリックをしても、閉じるのが数秒後や十数秒後の事がよくあります。で、指定したタブではなく、その時にマウスが乗っていたタブが閉じてしまうために、その間、怖くて操作が出来ません。
この現象にも、ほとほと泣かされています。

3)
メールとRSSの受信や操作が、とにかく緩慢です。忙しそうな時は動作が数分間止まってしまいます。時にはマシンそのものが止まってしまいます。以前と違って日本語を認識してインデックスできる様になった弊害かなと思うんですが、もぉ我慢の限界を越えていて「Operaってこう言うソフトなんだな」と割り切って使っています。やっぱりメールのインデックス機能を殺すオプションつけて欲しいなぁ(どうせ使い物にならないんだし)。

4)
タブをいっぱい開いた時の動作も、面白い位に遅いです。

5)
Windows95だと、何の動作や操作もしていないのに、数分毎に1分間ほど、動作が止まります。多分、メールのガーベッジコレクションが原因だろうなと思うんですが、操作不能に陥るのはやめて欲しい。

おかげさまで、ちまきの中ではもう「Operaは快適」とか「Operaは速い」と言うイメージは皆無になっています。アプリがでかくなり過ぎたんだろうねぇ。かと言ってもう6とか7とかに戻れそうにないしなぁ…

色々不満点が多いですが、1)だけはとりあえず治して欲しいなぁ。どこに話を持ち込めばいいのか全くわからないってのが、ダメダメですねぇ。(トランスウェア時代は日本語でバグリポート出来て、よかったよなぁ)(LivedoorからOperaに移った時には思わず期待してしまったが、結局ぬか喜びだった)

author : たつもとちまき | ブラウザ | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ