ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2014夏アニメ総括
全体的に物足りなさを感じる期だったのは確か。でもハナヤマタとろこどるのツートップに、おまけのモモキュンだったんで、春期よりはかなりマシ。不作の谷は越えたみたいですね。

【終了】―――――――――――――――

●ガンダムさん
箸休めにはちょうどよかった。このボリュームと内容なら、もっと長く続いても余裕で楽しめたと思う。

●ひめゴト
原作を連載で読んでいたので。原作ではキャラの区別がつかなくて混乱しながら読んでたけど、アニメではその辺がとてもスッキリわかりやすかった。おかげで充分たんのーできました。

●アオハライド
キャラシフトがダイナミックに動く展開だったのに、物足りなく感じたのは何でだろう。ネコがてっきりストーリーのキーになるもんだとばかり思ってたんだけどなぁ。ネコは単なるエキストラで、しかも、毎回カメオしてるって気づいたのは相当後だった。

●モモキュンソード
90年代テイストだと思って見てたら、80年代テイストだった。合体時にケモミミ生えてないのがつくづく惜しかった。オーソドックスな作りだったんで、毎週楽しかったっす。

●精霊使いの剣舞
気になったのは、とにかく各キャラが全然立ってないって事。だからもう、キャラシフトとかストーリー以前の問題だった。でも、低いレベルで安定していたので、今期一番安心して見れた1作。

●ハナヤマタ
OP曲がよさこいしてない…

●普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
な、にゃごや…

●まじもじるるも
原作を追いかけてたので。ダイナミックに翻案されてたので、ちょっと「??」ってなってしまった。どうせ翻案するならチロ人間Verはネコミミにして欲しかった。この内容だと、原作第二部や第三部をアニメ化する気はさらさらないんだな。

【継続】―――――――――――――――

●フランチェスカ
安っぽい作画と話が、いい感じにギャクになってて◎。

●アカメが斬る!
姐さんのケモミミ尻尾が見たいだけでついて行ってます。

●ヤマノススメ セカンドシーズン
この勢いでどんどん売れて、せかつよ二期のための資金源になって欲しいっす。

●妖怪ウォッチ
相変わらずです。

●プリパラ
校長がどうやって籠絡されるかが気になる。

●白銀の意思アルジェヴォルン
軍の中に一人民間人が混じるってキャラシフトがとても面白いと思って見始めたんだがなぁ…
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2014春アニメ総括
視聴アニメを絞り込むのに大変苦労したのに、視聴が進むととても物足りない期だった。自分の見る目がなくなって来たのか、不作だったのか、どっちなんだろ?

【終了】

●となりの関くん
箸休めにちょうどいいなと思って見始めたんだけど、5話で飽きた。でも頑張って放送→配信→OVAまでつき合った。OVAは面白かったっす。
7分枠ってのがせわしなさ過ぎて飽きたのかな?

●ブラック・ブレット
(紅)
ようじょ達がとにかくロリ可愛かったです。
序盤に「序列」な概念が出て来た段階で話は早々に見捨てました。だから、苦もなく最終回まで付き合えた。話は本当に見る所がなかった。

●星刻の竜騎士
(ドラゴンクライシス)
よーこ目当てで視聴決定したのに、メインヒロインが登場頻度低いとかどう言う事だよ。
キャラが多い反面掘り下げがなく、話も荒作りでのめり込めなかったけど、なぜか雰囲気だけは楽しかった。不出来な仕上がりだったにもかかわらず、今期一番安心して見れる1作だった。

●一週間フレンズ。
友達だと記憶をなくす&友達以下と家族は記憶がなくならない。だったら「恋人になれば万事解決ぢゃね?」と思った。原作者や制作サイドもそれに気づいてた様で、最後の最後まで恋仲にはならない様に苦心してた。
その制約があったため、キャラの成長や仲の進展には限界があって、その辺が物足りなさにつながってたかな。まぁ、普通に佳作です。

●ソウルイーターノット!
まさかの百合枠。でも、それは隠し味程度。もし百合が前面に出てればもっと面白くなったんじゃないかな?
話はとても小作りで、斜に構えて視聴する程度で充分だった。そのため終わった後の印象は薄い。大きな話の序盤って感じ。

●棺姫のチャイカ
(棺担ぎのクロ。)
フレドリカがあまりにも最強過ぎてそのままだとストーリーが破綻するので、完全にご都合主義便利キャラに成り下がっていたのが気になった。
あと、絶対悪はこの世界観とは合わないんじゃね?
それ以外は話が骨太で見せ方も上手く、秀作だと思った。分割2期上等っす。

●ご注文はうさぎですか?
(ねこきっさ)
どのキャラにも惹かれる事がなかったのが残念。そうやって考えると濃いキャラがいなかった様な…(それともキャラの見せ方の問題なのか?)
ぼーっと見るにはちょうどよかったアニメだった。

●エスカ&ロジーのアトリエ
(人類は衰退しました)
各キャラはとてもよく作り込まれていたけど、キャラシフトはダメダメでキャラ同士が全く絡まっていなかった。
ストーリーも、脈絡のない唐突な展開をしたり、突然新設定が盛られたりで、とても稚拙な作りだった。
雰囲気がよかったから最後まで付き合えたけど、いい素材が揃ってただけにこの仕上がりは残念。この品質でも、何か突き抜けるモノがひとつあればよかったのかも。

●龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
七々々が地縛霊で行動範囲に制限がある状態で、どうやって話を展開するのだろうと疑問に思ってたけど、案の定その制約は克服出来てなくて、完全に壱級が主人公になってしまっていた。七々々目的で見始めたのに何かおかしいと気づいた時には最終回で。
おかげで、とても中途半端感あふれるアニメだった。

●それでも世界は美しい
2話で美味しそうな男キャラが揃い、その時点で女性向アニメだと言う事に気がついたので、その後は何の違和感もなく付き合えた。それがわかってしまえば、後は素直にベタベタな恋愛模様を堪能するだけ。
夫婦なのにエロい仲にならなかったのは、大人の事情があったのだろうか?

●蟲師 続章
ぼーっと見る分にはちょうどよかった。
それよりも、なぜ正味10本で、対談を何本も入れて水増ししたのかって点が気になって仕方なかった。しかもその対談の内容がひどいの何のって…

●シドニアの騎士
絵柄がどうのって点についてはすぐに慣れたので違和感はなかった。
ハードSF指向にもかかわず、それが徹底されてないため、諸々の設定のおかしさが気になって仕方なく、途中から完全にお笑い枠になってしまっていた。今一歩なために不気味の谷に落ちてしまった状態。巨鑑が斜め加速してしまった段階で「これはバカアニメですか!」と見放した。
そんなだからもう、完全に評価以前の問題。2期決定と言われても嬉しくない。

【継続】

●魔法科高校の劣等生
(とある勇者の鬼畜美学)
達也が成長しない、てか、成長の余地がない。(と言う事に気がつくのにちょっと時間がかかってしまった)
物語と言うのは人×人や人×事象を経てキャラが成長して行く過程を描くものなんだから、これでは面白くなるはずがない。作話が稚拙なせいで、キャラシフトも巻き添え食ってグダグダになってしまっていた。
17話で視聴中断になりました。

●妖怪ウォッチ
流し見だけど、余裕でついて来れてます。ふぶき姫はいつ登場するんだよ。
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(2) | trackbacks(0)
2014冬アニメ総括
なかなか絞り込めなかった割には、佳作ばかりだった感じの期でした。自分のアニメの選択眼にはとても自信があったのですが、その自信が不安に変わりつつある感じがする。ハズレは引いてないのは確かだけど、当たりを撃ち漏らしてる様な気がして。
2月に寝込んで消化出来ない日々が続いたので、その時にいくつかは視聴中断にしてしまいました。

【終了】
●ゴールデンタイム
OPの出来が素晴らしくて、てっきり性格ブスの香子が性格美人に成長する物語だと勘違いしてしまった。「記憶喪失設定いらなくね?」とも思った。だけど、まさか主人公が万里で、記憶喪失が本筋だったとは。見せ方次第で面白くなったのかも知れないけど、誤解だらけでひたすら残念。
てか、この話「エッチしちゃえば全て解決なのになぁ」と思いながら見てたから、リアリティのなさを感じちゃったのも残念だったかな。
そこそこふつーだったけど、とらドラ!には遠く及ばず。

●ウィッチクラフトワークス
よくぞこれだけ複雑怪奇なキャラシフトと複雑怪奇な筋立てを、何の混乱もなくすんなり見せたもんだと、ひたすら関心してしまった。よっぽど演出がお上手だったんだろう。「この後どうなっちゃうんだろう」ってドキドキはなかったんだけど、話の展開そのものはとても面白かった。これは希に見る傑作だと思うんだけど、萌えとかそう言うのはなかったんで、後になって見返すかとなると、微妙?
今期一番はこれに決まり。

●東京レイヴンズ
コンだけだった。
コンが出て来ない回がとてもつまらなかった。キャラシフトはバッチリ決まっていたので学園編は楽しめたんだけど、本筋がとにかく残念で仕方なかった。
途中でコンが予告に出て来なくなって、その時点で「もう終わコンだな」って思ってしまった。

●ディーふらぐ!
ひたすら叫びまくる作風がやかましくて仕方なかったけど、ほどなく慣れた。気軽に見る分には面白かった。
ただ、1話毎に話が全然違ってたんで、まとまりがなかった印象があった。だから、毎回リセットさせられる感じがして、入れ食い状態には至らず。いい素材が揃ってたんだけどね。

●生徒会役員共*
いつも通りでした。
どうせまた数ヶ月毎にOVAが出続けるんでしょ?

●世界征服〜謀略のズヴィズダー〜
キャラや設定はよく出来ていたけど、その素材の良さを上手く引き出せてないなぁって感じで見ていた。面白さが中途半端、見せ方次第ではもっと面白くなるはずなのに、と。その点が気になったので、のめり込む域にまでは至らなかった。ふつーに佳作。

●お姉ちゃんが来た
3分1クールでやるには、キャラの数が多かった気がする。キャラ覚えられなくてちょっと混乱しました。だから、お姉ちゃんだけに着目してた。そこそこ楽しかったです。

●GO!GO!575
何かようわからんうちに終わってしまった。通しで見返して初めて、何を描いていて何が見所かが理解出来た。それなりに良いと思うけど、5分×4本は物足りない。

●桜Trick
ガチ百合の濃厚なキスシーンに、喜んで見てた。毎週楽しみで仕方なかったアニメ。だけど、最終回で「自分達の気持ちが恋愛感情である事に気づいていなかった」ってカミングアウトされ、すごくびっくりした。それを知った上でもう一回見直してみれば、きっとかなり印象が変わって、別の切り口が見つかる様な気がする。

●ワンダーモモ
キャラデザがバタ臭くて声優が棒だけど、すぐに慣れた。このテンポの良さはアメリカンならではだね。5分×5話だったのがちょうどよかった?

●いなり、こんこん、恋いろは。
原作のファンなのでデフォルト視聴決定。原作よりもテンポがよくて楽しめたが、入れ食いには至らなかった。やっぱり角川アニメは良くも悪くも原作通りでふつ〜だなと思う。原作を知らない人達は存分に楽しめたんじゃないかな?
去年の秋に聖地巡礼を済ませていたので、その場所がアニメに出て来るのが面白かったっす。

●プピポー!
最初は黒髪ぱっつんの魅力に引かれて見始めたんだけど、そのうち話の面白さに気づいた。
生まれ持った能力を活かす方向に成長して行くのかと思いきや、能力を捨てに行く話だったので、残念と言うか意外だった。だから、視聴後の印象はいいのか悪いのかよくわかんね。

●宇宙兄弟
散々引き延ばし展開をやったかと思ったら急に時間が飛んだりして、ついて行くのが苦痛だった。あげくのはてに打ち切りENDだったんで、後味は悪い。
リアルSFものなのに科学考証が全然ダメな事がたまにあって、肝心な感動シーンでシラケてしまう事がしばしば。
そんなんでよく8クールもついて行けたよ。

●ログ・ホライズン
キャラを増やすばかりでキャラので掘り下げはやらず、どんどんキャラシフトが散らかって行ったのが残念だった。途中からオムニバス形式になった事で気が散って仕方なかった。誰に思い入れて見ていいのかわかんなかったのが、最後まで入り込めなかった原因。
2期決定だけど、あまり嬉しくない。

●のうりん
地元が聖地だったんで視聴決定。
毎回作風や話が違っていて、つかみ所がなかったってのが最大の印象だった。どうせならメインテーマを前面に押し出してくれた方がすげー面白くなったんじゃないかな。

●犬猫アワー
◆47都道府県
にゃ〜めんの抱き合わせ相手だったから、ついでで見ていた。つまらなくはなかったけど、特定の県しか出て来なかったのが残念。
◆にゃ〜めん
しおかわいいよしお
OP詐欺だとわかっていても………入れ食いになってしまった。毎週一番に楽しみにしてたのがこのアニメだったな。本編は単なるオマケとして割り切ってました。

【視聴中断】
●マギ The Kingdom of magic
せっかくしっくり決まった3人のキャラシフトをわざわざ崩して新キャラ出しまくってつまらなくしていた。新しいキャラシフトはとても不出来で、話もとても残念になってた。
てか、モルさんがいないマギなんて見る必要ないよ。てな訳で視聴中断。

●ちび☆デビ!
完全にルーチンに入ってしまっていて、いつ終わるのか不安になったので、視聴中断。と思ってたら、終わったんだって?

●黒魔女さんが通る!!
ゆっくりとだけど話が進行していて面白いとは思っていたけど、休みが多くてついて行くのが苦痛になったので、視聴中断。と思ってたら、終わったんだって?

【継続】
●となりの関くん
最初のうちは面白いかもと思ってたけど、途中で飽きて来た。TV終了後もネット配信で続くらしいけど、つきあうかどうかは、ビミョ〜?

●妖怪ウォッチ
これは…すごいね。このノリめちゃくちゃ面白い。
子供向けなので色気は期待出来ないのが残念だけど。
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2013秋アニメ総括
書いた日付が先月上旬になってた…3週間もupしないでほったらかし…

「これは面白い!」と言うアニメが全然ない代わりに「そこそこ面白いかも」と言うアニメは山ほどあって、逆に視聴するアニメを絞り込むのにものすごく苦労した期でした。
どのアニメも「萌えないおっぱいアニメ」「萌えないぱんつアニメ」だったってのも今期の特徴だったし。
プロモーションの方向が何か違うんぢゃね?
結局全然絞り込めずに視聴数はかなり多かったです。そして、1クール走ってみてからの印象も、どれも「そこそこ面白いかも」程度だったかと。
【終了】
●はいたい七葉
ぷにぷにした可愛いキャラ+上品な雰囲気+5分アニメ+なのにお下劣な内容。脳内リセットするためにはちょうどよく、時々見返すアニメになっているのに、どうして円盤がリリースされない? 絶対需要があると思うよ。

●世界でいちばん強くなりたい!
ぱっと見た目は、終始胸や股間をクローズアップしてあえぎ声を出しているだけのアニメだった。だけど、さくらの熱い想いにはいたく感動してしまったので高く評価します。
1から10までバトルだけってのは、声優さんもそうだけど、作話も作画もものすごく大変だったと思うよ。

●夜桜四重奏 ハナノウタ
TV1期が好きでODAが肌に合わない派だったので、原作寄りのTV2期はなじめるかどうか心配だった。だけど、最終回まで無事つき合えました。
話は、危ないバランスの所をかろうじてまとめたかなって感じで、そのために、あちこちで中途半端感があった。アオが可愛かったから許すけど。

●ぎんぎつね
学園モノなのに恋愛が全く絡まないってのに物足りなさを感じてしまった。銀達が作話上邪魔になってしまい、顔見せしかしない回が何回かあったってのも気になってしまった。だけど、雰囲気よく綺麗にまとめられていたので、楽に見れる秀作に仕上がっていたと思う。

●ミス・モノクローム -The Animation-
5分アニメなのにストーリーものだったのか、と最終回を見てびっくり。そこそこ楽しめたけど、1クールでしかも5分アニメなのに、中だるみがあったのは、なぜ?

●機巧少女は傷つかない
夜々かわいいよ夜々
「ハーレムものなのに、黒一点が硬派で誰にも性的になびかないと、キャラシフトがぎゅっと締まって、とても面白くなる」←これが自分の好みのツボだって事にこのアニメで初めて気がついた(過去の好きなアニメを思い返してみると「あぁなるほど」と)。
作話も無理なくすんなり楽しめたので、今期一番のアニメはこれで決まり。
夜々が正妻なのはいいとして、2号3号とか言ってヤキモチ合戦になってたらもっと面白くなったのに。
2期希望。

●アウトブレイク・カンパニー
そこそこ面白かった。けど、最初の方に「文化侵略だ」と言っておきながら、ラスト近辺で慎一が侵略行為である事に気づいていない事にしていたのには白けてしまった。それと、文化侵略でコンテンツ依存にする戦略はちゃんと描かれていたけど、社会体制を破壊してしまう件については触りだけ語って忘れ去られたのも気になった。エルビアが四つ足で駆け回ってくれたから、許すけど。

●京騒戯画
ONAでは「話はよくわかんないけど綺麗なアニメ」だったけど、このTV版でようやく話も理解出来る様になった…てか、番外編の解説で理解出来る様になったんだけどね。公式が作品外で作品を語るのはいかがなものかと思うけど、でも、それのおかげで本編が楽しめたのも事実だし。
あれだけの壮大な物語を1クールで綺麗にまとめるには、そう言う手法しかないのかな?

●リトルバスターズ! 〜Refrain〜
作話が本当に浅かった。泣きや感動を呼ぶための肝となるシーンで、ことごとく「それはあり得ないだろ」だったんで、呆れるのを通り越して、笑えて来てしまう。もうそうなると全てが台無しになるんで、ねぇ。
クド目的で見てたんだけど、そのクドも刺身のツマでしかなかったし、てか2期はそんなキャラばかりだったし。

●勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
「職業に貴賎なし」「仕事とは他人に感謝されてお足をいただく事」がきちんと押さえられていて、とても感心した。(自宅警備員向けメッセージ?)
フィノがその事を理解して喜々としている事と、アイリがそれを認められなくて苦悩している事との対比が、このアニメの鍵だったんだと、後になってから気がついたのが惜しかった。その辺はあまり前面に出してなかったのでね。
作品の勢いには欠けるけど、こじんまりまとめられた佳作だったと思う。

【継続】
●マギ The Kingdom of magic
3人を分断して別々の話にしてしまってるので、つまんない。モルさん全然出て来んぢゃんか。

●ちび☆デビ!
安定の箸休めと化している。もはや金太郎アメ状態。

●ゴールデンタイム
あのOP&ED見たら香子が主人公だと思うぢゃん。香子が心身共にどんどん可愛くなって行く話だと思うぢゃん。それから、幽霊はいらん。

●東京レイヴンズ
コンかわいいよコン。それさえ見れれば満足ぢゃ。

●黒魔女さんが通る!!
話が大きく動いて来てるんだけど、休みが多いもんだから…

●宇宙兄弟
日々人とオリガはくっつくの? 私はキャラシフトが変化して行く課程が見たいんだよ。

●ログ・ホライズン
キャラがやたら多くて、しかもオムニバス的に話を細切れにしちゃってるから、キャラの掘り下げが手つかずになってる。見るのが退屈になって来た。
JUGEMテーマ:アニメ感想



author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
1年間に見た全アニメを書き出してみた@2013
「今年は奇数年なので当たり年のはずなんだけど…」
確かに去年よりはレベルは上がってたけど、「どれもそこそこ面白いんだけど、傑作がない」「尻すぼみなアニメばかりだった」って印象が強い年でした。
自分としては、連載開始当初から追いかけていた「波打際のむろみさん」がアニメ化されるってんで、それに首ったけになってしまって他が見えてなかったってのもあるんでしょうけど。(だから、充分に楽しい年だった事には違いないです)

ちまき的今年一番のアニメを挙げるなら「GJ部」「幻影ヲ駆ケル太陽」の双璧って事で(それにしても幻影太陽の世間での評価は驚くほど低いね)、
次点として「マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん」「はいたい七葉」「絶対防衛レヴィアタン」「翠星のガルガンティア」「機巧少女は傷つかない」辺りを挙げておきます。(むろみさんは別格として)

今年最初に見たのは「魔法少女猫たると」で、今年最後に見たのは「夜桜四重奏」でした。相変わらず、ケモミミに始まりケモミミで終わってます。

視聴数は、260タイトル(うち、新番組が182タイトル)、1437本でした。
以下、その全タイトルです。
続きを読む >>
author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(1) | trackbacks(0)
2013夏アニメ総括
よりどりみどり感があって、夏期が始まった時には期待大だったんですが、終わってみれば、春期よりもとんがった作品がなかったなぁ、と。普通に無難に楽しめる作品ばかりだった印象がありました。豊作の山は春期だったのかな?
【終了】

●八犬伝 -東方八犬異聞-
浜路かわいいよ浜路。
ひとつのエピソードに数話使う事も1話で終わらせる事もあり、筋立てに無理がなくてとてもわかりやすかった。最終回で振り出しに戻ってしまったのが残念だけど、原作連載中なので仕方ないのかな?
女キャラの出番があまりないものの、しのがショタ可愛かったから許す(中身は18歳だけど)。そう言えば中身21歳のショタってのも居たな。

●きんいろモザイク
最初は作風が迷走してたけど、カレン登場でキャラシフトがビシっと決まって急に面白くなった。アリス×しので見て行け間違いないかなと思ってたけど、気がついたらよーこのおっぱいとあややのツンデレで楽しんでた。
ぼーっと暇つぶしに見る分には充分に楽しかったです。

●神さまのいない日曜日
非常に面白いキャラと世界観を持っていたので期待大だったんだけど、途中から単なる学園ものになってしまったので、ひたすらもったいない。この素材ならどれだけでも面白い物語に出来ると思うので2期希望、アイが背負っている運命をもっと見てみたい。
それとも、原作が元々こう言う作りとかで、仕方なかったのか?

●とある科学の超電磁砲S
筋立てが稚拙で、それが気になって仕方なかった。一番肝心なシーンでことごとく「その現象は絶対にあり得ない」だったので、感動にはほど遠かった。さらに、美琴ひとりだけの回やシーンが延々と続くため、佐天初春他の萌え成分を補給する事も出来ず…1期が好きでなかったら間違いなく途中で切っていただろう。

●幻影ヲ駆ケル太陽
雰囲気がまど☆マギに似てるなと思ってたら、筋立てもよく似ていた。でも、まど☆マギの様に監督の若さが出て宇宙を飛んじゃう事もなく、ラストまでいい感じにまとめてくれてたので大満足。と言う事で、高く高く評価します←全く売れてないみたいだけどな。
久々の、キャラ萌えでなくストーリー展開と心理描写で楽しめる骨太の作品でした。

●ローゼンメイデン
終盤になるまでは、話の規模が小じんまりしていて、展開もスローモーだったので、退屈してしまったのが残念。作りとしては、ふつ〜? ストーリー自体は悪くないんで、見せ方の問題なのかも。後日談的部分ではてっきり巻かなかったジュンが雪華綺晶に手を差し伸べるものとばかり思ってたけど、そこまでは描いてくれなかったのね。

●マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん the TV
1期見てなかったんだけど、2期始まったのをきっかけに1期もまとめて見ました。よくぞここまで下らなく面白く作ったもんだと。内輪ネタのオンパレードなのに、普通のアニメとしてちゃんと見れる様な作りになってた。尺の短さも相まって、ついつい繰り返し見てしまうアニメだった。
今期一番のアニメは、これ。DVDリリース希望。偽主題歌も是非購入したい。

●たまゆら〜もあぐれっしぶ〜
部の設立って事で菓子食ってしゃべるだけの部活アニメになるのかなと思ってたけど、これまで通りの内容だったのでひと安心。ぽってがあぐれっしぶになった分だけ、作風が少し変わった? 安定した安心の品質で、毎回「いい最終回だった」でした。
次期は…あるのかなぁ?

●ロウきゅーぶ!SS
もっかん推しとしてはもっかんの出番が少なくなったのは少し残念。5女バスの連中も魅力的で、そいつらの描写にも期待したんだけど、「登場人物が10人」ってのは作話上扱える人数の上限を越えているので、やっぱり5女バスの出番があまりなかった。これも残念。
すばるんともっかんはもう結婚するしかないっしょ。3期希望だけど、中学生になっちゃうともう「ロリボール」ぢゃなくなっちゃう?

●Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
原作のファンだったので、デフォルトで視聴決定。いい意味でも悪い意味でも原作に忠実なアニメだった。原作では常々「戦闘パートと学園パートがほどよく混じっていれば傑作になるのにもったいない」と思ってたんだけど、そんな点までアニメで忠実に再現されていたので、残念。だから、出来としては、ふつ〜。何か、アニメ版としての「もうひと味」が欲しかった。
プリヤはツヴァイに入ってから面白くなるので、2期にも期待したい(どうせ原作通りのふつ〜なんだろうけど)。
【継続中】

●はいたい七葉
相変わらずぶっ飛んでます。りぼんちゃんとセットで見ると、頭ぐちゃぐちゃになる。

●ちび☆デビ!
夏期は休みが多くて、久々に見る時に思い出すのにひと苦労。

●黒魔女さんが通る!!
こちらも夏期は休みが多かった。

●宇宙兄弟
すでに習慣だけで見ている腐れ縁アニメ。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2013春アニメ総括
冬期と違って尻すぼみなアニメもなく、レベルが高くて楽しい期でした。てか、むろみさんのまさかのアニメ化で狂喜乱舞してて、リソース全部がそこに行ってしまい、他のアニメはおまけ感覚で見てた。どっちにしろ、春期が頂上なのか、夏期が頂上なのか、全体的にレベルが登り調子なのは確かみたいです。
【終了アニメ】

●宮河家の空腹
お取り寄せが楽だったので、試視聴のまま気がついたら最終回まで見てた。
宮河家よりも我が家の方が貧乏なので、貧乏ネタが全部すべってた。他に見所もなく、いまいち。EDをいじったり、らき☆すたキャラ出したりと言った遊びは、いらなかった。

●よんでますよ、アザゼルさんZ
1期見てた+むろみさんと抱き合わせ放送(片方だけの録画予約が出来ない)だったんで視聴決定。
1期と比べてえんがちょい下品ネタが封印されてて、代わりにエロい下品ネタを盛ってたけど、それだと普通の作風だよね? 1期の時の独特な雰囲気がなくなっちゃってたので、残念。

●波打際のむろみさん
原作ファンなのでデフォルトで視聴決定。各話10回ずつ見てた。
原作のネタ&キャラの半分が危なくて使えない中、よくここまで原作の雰囲気を表現したと思う。絵が動いて声がついて初めて「こいつら萌えキャラだったのか」と実感。性格はどの娘もひどいので、そのギャップを楽しむ作品だったんだと認識出来た。パロネタはいらなかった。

●這いよれ!ニャル子さんW
ODAから追いかけているので、デフォルトで視聴決定。
文芸が破綻してしまった3期と違って、普通の出来だったんでひと安心。でも、パロネタはこんなにいらない。パロ抜きで見ると中身スカスカだったのが残念。「隠し味はちゃんと隠せよ(by南千秋)」

●翠星のガルガンティア
エイミが可愛かったので視聴決定。
久々のこってりSFで、しかもストーリーが骨太で無理もなかったので、しっかり楽しめた。レドの価値観の変化は、もう少しわかりやすく表現してくれてもよかったかな? 最終回フェイズの作り込みは、ちょっと甘かった。

●あいうら
軽快なノリにずるずる引きずり込まれて視聴決定。
サブキャラも含めてどのキャラも濃い味なのに、キャラシフトがとてもよく出来ていて、くどくなく、いい感じにまとまっていた。気になったのはOP。カニを食う歌詞なのに、絵の方はカニをペットにする筋立てになってた。

●はたらく魔王さま!
魔王と勇者の掛け合いに興味がわいて視聴決定。
魔王は首尾一貫してブレがなかったけど、どうしてそんな徳のある価値観になったのかの経緯を描いてくれれば、より面白くなったと思う。魔王と勇者の仲は中途半端に終わってるけど、ストーリーはきれいにまとまってたので、2期はナシの方向で。

●サイクロプス少女さいぷ〜
当初は選外だったのに、気がついたら毎週楽しみにしていた。
軽いノリで見るにはちょうどいい勘違いエロコメ。1本30秒(1話につき3本)って事で、何も期待せずに斜に構えて見てたら、それが正解だったみたい。キャラはしっかり堪能できた。筋建ては全然ダメなんで、そこん所がこのアニメを楽しめるかどうかの分かれ目かも。

●ちはやふる2
1期を見てた事もあって、視聴決定。
新キャラ花野がどう言う立ち位置になるのか興味があったんだけど、活躍しなくて残念。部活の内容ではなく試合の様子ばかりが延々と続いたのに、ダレる事なく最後まで見れた。まだまだ未熟な千早がより高見を目指すラストだったので、3期希望。

●絶対防衛レヴィアタン
そこはかとなくケモノ臭がしたので、視聴決定。各話3回ずつ見てた。
タイトルもストーリーも設定も重いのに、それをみじんも感じさせず、ひたすら軽いノリだったので、不思議な感触の作風になってた。あんまりにも軽いので、中身スカスカだったけど、それが逆に魅力になってた。うろこエロいし。今期一番はこれ。2期があってもいい。

●俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
同人誌をいっぱい読んでいるので、デフォルトで視聴決定。
黒猫派の自分としてはあやせルートで話を締めていたのが妙に気に入らないんだけど、原作通りらしいんで、これは仕方ない。最終回はきりりんの回想だったので、とても綺麗にまとまってたと思う。
【視聴継続中】

●ちび☆デビ
まおちゃん達は日々成長している反面、ほのか達は全く成長していない。

●黒魔女さんが通る!!
設定明かしの話が時々入る様になって来た。目が離せない。

●とある科学の超電磁砲S
初春達が出て来ないもんだから退屈で仕方ない。設定もアラだらけでお粗末。興ざめしながら見てる。

●宇宙兄弟
亀な進行でストーリーがちっとも進まない事も、取材不足でストーリーにリアリティが欠けている事も、もうあきらめました。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2013冬アニメ総括
去年と同じ基準で視聴アニメを選んでいたら多くなり過ぎ、次々と理由をつけては落として行く作業を強いられました。でも、そんなして残ったラインナップにもかかわらず、話が進むにつれ面白くなくなって行くアニメばかりだったってのが、終わってみての感想でした。「偶数年はハズレ年で奇数年は当たり年」の過渡期って事なのかな?
【終了アニメ】

●はいたい七葉
噂には聞いていた沖縄アニメが、こんなにも萌え萌えだったとは。まさに「沖縄始まったな」の一言に尽きる。ここまで萌えてると、うざいのを通り越して清々しかった。正味2分半の短さの中、毎回全力で突っ走ってくれていた。
DVDや主題歌CDをぜひ所望したい所なんだけど、制作側にそんだけの資金力がないのか、何もリリースされないのが残念で仕方ない。確実にペイ出来ると思うから出して欲しいよ。
祝2期放送開始。ぜひ2期も全国に流して欲しい。

●GJ部
見るかどうか一番最後まで悩んだのが、これ。「箸休めにちょうどいいかな?」って程度で視聴決定にしたんだけど、気がついたら入れ食い状態に。舞台は部室の中だけ、登場人物も部員だけ、様々な学園イベントも季節イベントも全て割愛。それなのに、とても面白かった。キャラシフトだけで30分を見せてしまう希有な作品。まさかこれが今期一番になろうとは予想だにしなかった。

●みなみけ ただいま
プレーンヨーグルトのような、無難過ぎて味がない、そんな感じの仕上がりになっていた。だから、1期〜3期の時の様なワクドキがなかったのが残念。
面白くないわけぢゃないんだけど「毎週が楽しみで仕方ない」って域には遠かった。もっと弾けて欲しかったです。とても惜しいっす。

●ヤマノススメ
公園の猿山に始まって、段々とステップアップして最後には富士山に登るもんだとばかり思ってたけど、高尾山に登っただけで終わってしまったのが、肩すかし。それならそれでいいけれど、4人の絡みをもっと見てみたかった。とても惜しいっす。

●まんがーる!
業界の事情を見せてくれるアニメだとばかり思いこんでいたら、そこまで突っ込む事もなく、雑誌の立ち上げから発行までの作業の様子をさらりと見せただけで終わった。キャラが絡まる事もなかったし、内容として薄くなってしまってたのが残念。とても惜しいっす。

●琴浦さん
シリアスとギャグの振れ幅があまりにも大きかったため、掴み所がなかった。暗いだけなら見なかっただろうから、この作風にしかならないのは確かなんだけど。
製作陣も相当悩んでとても丁寧に作り込んだんだってのがよくわかるだけに、評価が難しいっす。
作品として良く出来ていたとは思うけど、見返したいかと言うと…どうだろ? とても惜しいっす。

●まおゆう魔王勇者
魔王のキャラと太ましさが気に入ったんだけど、途中から魔王が出て来なくなってしまい、つまらなくなった。シリーズ構成が全然ダメダメだったんだね。みんなはキャラ物として食いついたのに、話でついて来てくれると思ったのかな?
肝心の話の方は、狼と香辛料での稚拙だった点はかなり改善されていた。けど、もちょっと見せ方に工夫があれば良かったかな。舞台があちこち飛んでるもんだから、それが理解の妨げになってしまってた。とても惜しいっす。

●ビビッドレッド・オペレーション
博士がカワウソになった瞬間、「あぁ、そう言うアニメなんだ」と腑に落ちて見る気になった。でも、終始「これじゃない」感がついて回った作品だった。キャラにしても筋立てにしても、「そうじゃないだろ」って突っ込みながら見てた。素材はすごく面白くなる様に、よく練り上げられたのに、構成が稚拙だったんかなぁ? 「キャラ違う」って公式が言われてしまう様では、もう終わってるんぢゃないかと。とても惜しいっす。

●八犬伝 -東方八犬異聞-
BLもそんなに過激ぢゃなく、すんなり入れるキャラシフトだったんで視聴決定。話が多少複雑なんだけど、時間をかけてじっくり見せてくれたので、混乱もなく素直に楽しめた。その反面「このペースだと1クールで終わらないだろ」と思ったんだけど、案の定、話の途中で終わってしまった。2期決定してるんで、それに期待。
浜路が可愛かったんだけどなぁ、あまり登場しなかった。

●マギ
アラジンがちっちゃ可愛いのと、モルジアナが太まし可愛いのとで惹かれたんだけど、思ってたよりそんなに出番は多くなかった。アリババ主役の話だったんで、それは仕方ないんだけど。
面白いっちゃ面白いんだけど、週間連載漫画独特の無理矢理展開感が鼻についてしまったのが、ちょっと残念。もちょっとキャラ物として見せる工夫をすれば、楽しくなるんではないかと思う。

●バクマン。3
テンポがすごく早かったものの、原作のジャンプ漫画らしい稚拙な展開をそのままなぞっていたので、とても心配になった。けど、原作の「それ、キャラが違うんですけど」なダメダメ最終回を見事に改変してくれて、普通に見れるラストになってた。その点はとてもGJだった。
終わりよければ全てよしって事で、高評価をあげよう。

●リトルバスターズ!
どうせなら、クドだけで1クールやって欲しかった。
泣き演出に持っていくための状況の作り込みがあまりにも強引で、それが各キャラで連続してしまったため、肝心の泣きシーンになると笑えて来ると言う現象に悩まされる様になった。そもそもこう言う作りのアニメって、CLANNAD辺りが旬の最後だったんじゃないかと。完全にアニメ化の時期を逸してしまってたんだねぇ。
そんなんだから、純粋に楽しめる訳もなく、色々と、とても惜しいっす。

●銀河へキックオフ!!
エリカちゃんが可愛くて、毎週それを楽しみにしてたのに、レイカが途中から大変身してヒロインの座をかっさらってしまったのが残念。レイカが目立つ様になったおかげでエリカちゃんが目立たなくなってしまったではないか。
サッカーものとしては、まぁ普通に面白かったんぢゃないかと。

●スマイルプリキュア!
プリキュアを通して見るのは、今回が初めて。敵キャラが魅力的なのが今までとは違うと聞いた事があり、おそらく自分もその点に惹かれたのではないかと。でも、中だるみが激しかった上に、最終回フェイズは「何か違う」と思ってしまったので、とても惜しいっす。やっぱり自分とプリキュアとは縁がないらしい。
【視聴継続中】

●宇宙兄弟
リアルSFものなのに「その状況設定は明らかにおかしい」って場面がいくつも出て来る様になって、白ける事が多くなった。もしかして原作がそうなってる? シリーズ構成はもうちょっと頑張れ。

●ちび☆デビ!
ほのか達で見てたのに、すっかりまおちゃん達中心の話になってしまった。

●黒魔女さんが通る!!
筋立てがルーチン状態に入って展開しなくなったし、キャラの成長も止まっちゃった。

●ちはやふる 2
千早の相変わらずの無駄美人っぷりが天晴れ。菫があんまり活躍してない様な気がする。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2012秋アニメ総括
夏期の「どん底」の状態からはマシにななって来ているんだけど、それでも不作には違いない期。そんな中無理矢理選んだラインナップになってました。でも、そう言う時ってのは、普段では見ないであろうジャンルも拾う様になるんで、そんな意味では今期は比較的楽しめました。


終了アニメ

●To LOVEる ダークネス
1期2期はどちらも1話で切った。原作は読んでない。ただ、同人誌は読んでたので、キャラは一応把握してた。その程度の縁なんで、今期も切る事になるんだろうとたかをくくってたら、何と入れ食い状態でした。メインヒロインとっかえるだけでこんなに面白くなるのね。
ドラマとして面白かったんで、エロシーンは特になくてもよかった様な(あっても邪魔ぢゃないけど)。
ララはいらない子。星に帰ればいいのに。

●ちとせげっちゅ!!
独特の間が面白い作風のアニメだった反面、ひたすら間が悪い回がいくつかあった。脚本絵コンテ演出原画を全部ひとりでやってるんで、リズムの悪さには気づきにくかったのかなぁ?
5年後のちとせは、破壊力あったなぁ。

●好きっていいなよ。
痛くないキミトドって感じ。めいは人付き合い避けてただけの子なんで、ちゃんと空気読めるので痛くはない。大和はイケメンでモテるくせに恋愛初心者。古典的なラブストーリーなんだけど、初々しさが病みつきになっちゃってねぇ、気がついたら入れ食いでした。非常に丁寧に作られてた一品、今期一番はコレでしょう。
最終回がギャク回になってたのが、ナイスアクセントだった。

●めだかボックス アブノーマル
連載追いかけてるんで、連載ではキャラがみんなオーバースペックって言うか化け物になっちゃってるんで、アニメでやってるこの頃の話って、とてもかったるくて、ねぇ。

●武装神姫
最初はプラレス三四郎の女の子版かと思ってたのが、実は瓶詰妖精のフィギュア版だってわかった瞬間に腑に落ちて、楽しむ事が出来た。この私が神姫マスターになりたくなったほどなので、とても秀作だったのだと思う。最後までバカバカしいゆるさに徹してくれたら文句なしだったんだけど、最終回フェイズ、必要だったん?

●となりの怪物くん
恋愛慣れしてない二人のラブストーリーって点は「好きなよ」と同じだったんだけど、こっちの二人はあまりガツガツしてなかった。行きつ戻りつしながら1クール進み、結果的に差し引きゼロで二人の仲は進展がなかった。この先どんどん面白くなって行く予感があるだけに(きっと雫はデレるとすごいんだと思う)、ここで終わりなのが残念。


視聴継続中

●宇宙兄弟
やっとお兄ちゃんがJAXAに入局したよ。どんだけ引き延ばすんだよ、このアニメは。

●スマイルプリキュア!
キャラシフトが変化してしまい、当初の楽しさがなくなって、ひたすら見るのが苦痛になってしまったorz

●マギ
モルさんが太ましくてたまらない。

●ちび☆デビ!
放送休止が多くね? どこまで進んだんだっけ?

●黒魔女さんが通る!!
こっちも方送休止が多くてねぇ、

●銀河へキックオフ!!
まさかあのぬりかべがスレンダー美少女になるとは思わなんだ。その分だけエリカちゃんが目立たなくなったのが悲しい。

●バクマン。3
ジャンプ連載特有の行き当たりばったり展開を忠実に再現してるのが気になって仕方ない。

●リトルバスターズ!
クドの出番が少ないやん。どうせならクドだけで1クールやってくれりょ。

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(1) | trackbacks(0)
1年間に見た全アニメを書き出してみた@2012
ちまきはTwitterを使って何のアニメを見たかって記録を取っています。
で「今年はこんだけ見たよ」ってのがこうやってリストアップ出来るって事なんですね。
http://twilog.org/tweets.cgi?id=chimaki29q&word=%E8%A6%96%E8%81%B4%E4%B8%AD

今年は、仕入れて来た初見アニメを消化するのに必死だった上に、例年にも増して大量になった新番組をやっつけるのに精一杯で、1年が終わって振り返ってみると、どんな傾向で何を見て来たのか、正直言ってよく覚えてない年になってました。
特に、春期の「新番組64本」は正直言ってきつかった。(一応全部見てから視聴するアニメを絞り込むヒトなんで)
そんなにも沢山の新番組があったにもかかわらず、今年は大外れ、大凶作の年で、普段なら容赦なく切っている物でも無理矢理拾って視聴継続決定にして見てました。
そう言った意味では、普段自分が見ない傾向の物もいっぱい見る事になった年になりました。

ちまき的に今年一番のアニメは「あの夏で待ってる」で、一番最低(←一応誉め言葉)のアニメは「夏色キセキ」になるのかな?
次点として「ゴクジョッ。」「Another」「謎の彼女X」「好きっていいなよ。」辺りを挙げておきます。
あ、「おおかみこどもの雨と雪」は別格って事でよろしく。

今年最初に見たのが「あにゃまる探偵キルミンずぅ」で、今年最後に見たのが「魔法少女猫たると」でした。
はからずも、ケモノで始まりケモノで終わった事に。
視聴したのは、全252タイトル、1293本でした。以下、その全タイトルです。
アイカツ! -アイドルカツドウ!-
赤ずきんチャチャ
アクエリオンEVOL
アクセル・ワールド
あっちこっち
Another
あにゃまる探偵キルミンずぅ
あの夏で待ってる
アマガミSS+ plus
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜
アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-
ありさ☆GOOD LUCK
イクシオン サーガ DT
イッパツ危機娘
イナズマイレブンGO クロノ・ストーン
妖狐×僕SS
インタールード
うーさーのその日暮らし
うさぎちゃんでCue!!
うさぎドロップ
宇宙兄弟
うぽって!!
えびてん 公立海老栖川高校天悶部
AKB0048
エウレカセブンAO
エリアの騎士
おおかみこどもの雨と雪
おじゃる丸
おしりかじり虫
オズマ
織田信奈の野望
おちゃめ神物語コロコロポロン
乙女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー THE ANIMATION
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
おねがい☆ツインズ
おねがい☆ティーチャー
がぁーでぃあんHearts
がぁーでぃあんHearts ぱわーあっぷ!
カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編
Carnival Phantasm
ガールズ&パンツァー
がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜
ガッ活!
かのこん
神様はじめました
観光大戦SAITAMA 〜サクヤの戦い〜
かんなぎ
カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜
きかんしゃトーマス
鬼公子炎魔
機動戦士ガンダムAGE
君と僕。
君と僕。2
君のいる町
キャラディのジョークな毎日
境界線上のホライゾン
京騒戯画
今日のあすかショー
キルミーベイベー
銀河鉄道の夜
銀河へキックオフ!!
キングダム
金魂
クイーンズブレイド リベリオン
クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!
くびれ3姉妹
黒子のバスケ
黒執事II
クロスファイト ビーダマン
クロスファイト ビーダマンeS
黒魔女さんが通る!!
K
ケロロ軍曹
ケンネル所沢
恋と選挙とチョコレート
鋼鉄天使くるみ
Go!Go!チャギントン
CODE:BREAKER
ごきチャ
ゴクジョッ。 〜極楽院女子高寮物語〜
極貧家族戦隊エビセン
ココロコネクト
この中に1人、妹がいる!
コヨーテ ラグタイムショー
これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド
GON -ゴン-
PSYCHO-PASS
ザ・学園超女隊
坂道のアポロン
咲 -Saki- 阿知賀編 episode of side-A
さくら荘のペットな彼女
The Four Seasons
さんかれあ
しばいぬ子さん
しまじろうのわお!
シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜
灼眼のシャナIII -FINAL-
獣旋バトル モンスーノ
ジュエルペット きら☆デコッ!
ショコラの魔法
女子高生 GIRL'S-HIGH
ジョジョの奇妙な冒険
じょしらく
しろくまカフェ
新世界より
新テニスの王子様
侵略!?イカ娘
人類は衰退しました
ズーブルズ!
好きっていいなよ。
涼風
スマイルプリキュア!
ズモモとヌペペ
生徒会役員共
聖闘士星矢Ω
絶園のテンペスト
ZETMAN
ゼロの使い魔F
戦姫絶唱シンフォギア
戦国コレクション
戦闘妖精少女 たすけて!メイヴちゃん
ソードアート・オンライン
DOWN LOAD 南無阿弥陀仏は愛の詩
だから僕は、Hができない。
黄昏乙女×アムネジア
たまごっち! 〜ゆめキラドリーム〜
たまゆら 〜hitotose〜
TARI TARI
探検ドリランド
男子高校生の日常
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
ダンボール戦機W
ちとせげっちゅ!!
ちはやふる
ちび☆デビ!
中二病でも恋がしたい!
超速変形ジャイロゼッター
超訳百人一首 うた恋い。
超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム
つり球
てーきゅう
デュエル・マスターズ ビクトリーV
テルマエ・ロマエ
天空のエスカフローネ
電波女と青春男
東京マーブルチョコレート
トータル・イクリプス
DOG DAYS'
とっとこハム太郎
となりの怪物くん
ドラゴンクライシス!
とらドラ!
To LOVEる -とらぶる- ダークネス
謎の彼女X
夏色キセキ
夏目友人帳 肆
夏雪ランデブー
NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝
偽物語
忍たま乱太郎
ぬっこ。NUKKO
猫神やおよろず
ノラゲキ!
ハイスクールD×D
はいたい七葉
這いよる!ニャルアニ
這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)
這いよれ!ニャル子さん
薄桜鬼 黎明録
爆TECH!爆丸
バクマン。 (2)
バクマン。3
はぐれ勇者の鬼畜美学
バトルスピリッツ ソードアイズ
はなかっぱ
パパのいうことを聞きなさい!
パブー&モジーズ
ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU
パンダのたぷたぷ
緋色の欠片
緋色の欠片 第二章
ひだまりスケッチ×ハニカム
ひつじのショーン
ぴっちぴち♪しずくちゃん
秘密結社 鷹の爪 NEO
秘密結社 鷹の爪 .jp
ピムとポムのちっちゃな冒険
氷菓
貧乏神が!
ファイ・ブレイン 神のパズル (2)
FAIRY TAIL
Fate/Zero 2ndシーズン
ふしぎのヤッポ島 プキプキとポイ
武装神姫
BTOOOM!
ブラック★ロックシューター
BLEACH
プリティーリズム・ディアマイフューチャー
プリンプリン物語
ふるさと再生 日本の昔ばなし
BRAVE10
べるぜバブ
Holy Knight
僕の妹は「大阪おかん」
ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2
星空へ架かる橋
蛍火の杜へ
ポヨポヨ観察日記
マギ
魔法少女猫たると
マドンナ 炎のティーチャー
魔乳秘剣帖
魔法少女リリカルなのはStrikerS
マリー&ガリー
マリー&ガリー (2)
マリンとヤマト 不思議な日曜日
みなみけ 〜おかわり〜
みなみけ おまたせ
ミニスキュル 〜小さなムシの物語〜
みのりスクランブル!
ミルキィホームズ 第2幕
名探偵コナン
めだかボックス
めだかボックス アブノーマル
メタルファイト ベイブレード ZEROG
モーレツ宇宙海賊
もっけ
モフ☆モフ
もやしもん リターンズ
森田さんは無口。2
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村G
やきもち狂想曲
遊☆戯☆王ZEXAL
遊☆戯☆王ZEXALII
夢喰いメリー
ゆるめいつ 3でぃ
ゆるめいつ 3でぃ PLUS
ゆるゆり♪♪
ヨルムンガンド
ヨルムンガンド PERFECT ORDER
ライチ DE 光クラブ
リコーダーとランドセル ド♪
リコーダーとランドセル レ♪
リトル・チャロ2
リトル・チャロ 〜東北編〜
リトルバスターズ!
輪廻のラグランジェ
輪廻のラグランジェ season2
LUPIN the Third -峰不二子という女-
ROBOTICS;NOTES
WORKING'!!

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ