ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
クッキー
毎年この時期にクッキーを焼くのですが(ホワイトデーとしてね。3/14日に焼かないのは、確定申告〆切前日で「それ所ぢゃね〜っ!」なので)
今年のクッキーが思いのほか美味しかったので、レシピのメモ代わりにこの記事をエントリー。

卵1個に対して
有塩バター 80g
砂糖 80g
薄力粉 180g
シナモン 5g
カルダモン 3g
クローブ 1g
バニラエッセンス いっぱい
180℃で12分
17等分して1個85kcalナリ

ベーキングパウダーを使ってないので、しっとり重たい食感となりました。これが香辛料と相まって「うむ、我ながら久々のヒットですなぁ」
香辛料の代わりにココア10gなヴァージョンも作ってみたけど、こちらの方もまぁまぁでした。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
スガキヤ・まだまだ行くよ〜
[タンタンメンセットの図]今日のお昼もスガキヤです。

昨日クリぜんを食べたのと同じ、地元のショッピングセンターに行きました。
お昼時を少し過ぎていたので、並ぶほどではなかったですが、座る場所を確保するのが難しかったです。

で、今日はこれをセレクト。タンタンメン+サラダセット(五目ごはん+サラダ)で、しめて330円なり。

実を言うと、タンタンメンは初体験。
オーソドックスなメニュー以外はほとんど頼む事がないので(割高感があるので、普段は敬遠している…割高と言っても390円なんだけどね)、半額セールを期に冒険してみました。
まんまとスガキヤの策略にはまっている様な………

味の方は、う〜ん、美味なんだけど、くどいかなぁ?

セットだとやっぱりちょっと量が多いです。この量が辛く感じるとは、やっぱりトシなのかぁ?

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
クリームぜんざい・カップ入り
[クリぜんカップ] スガキヤ半額デーなら、こいつも食べなきゃ、と言う事で、クリぜん食べに立ち寄りました。

所が、出て来た物を見て思わず
「………これ、クリぜんですか?」

すると店員のお兄ちゃんが
「今日はカップ入りになります」

お昼食べた店では、いつも通り平皿だったんだけどなぁ、店によって半額デー対策が違うって事なのかなぁ?

で、何か余計なもがついているものの(プレッツェルはサービスなのか?作り間違えたのか?)、中身は確かにいつものクリぜんでした。でも、ソフトとあんこを混ぜるのが困難で、思いっ切り食べにくかったぞ!

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
スガキヤ・ごちそうさま
入店してから、並んで注文して待って食って…40分後に無事に完食しました。
(いつもなら、入店からごちそうさままで、ものの10分?)

ちょっと「食べ過ぎ」感。

周囲を見てると、ラーメン2杯食いしてる人とか、クリぜんとラーメンの組み合わせしてる人とか大勢います。

五目ご飯用のシャリが間に合わなくて、ちまきの直前までセットメニューはオーダーストップだったらしい。

長蛇の列の客は皆、ここぞとばかり半額ならと、たらふく食いなオーダーをしている様です。
やっぱり、みんな、考える事は同じだなぁ。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
スガキヤ半額デー
[特製セットの図]去年の春の「60周年記念セール」で味をしめたのか、今年もスガキヤの半額セールがやって来ました。

で、当然頼むのがセットメニュー。セット頼むのも1年振りだなぁ(て事は去年の半額デー以来か?)

特製ラーメン+五目ご飯+サラダで、しめて330円なり。
いつもの単品よりも安いです。(その代わり、モーレツな行列だけと)

ちなみに、ノーマルなラーメンだと半額で140円になります。
この値段、ちまきが高校生の頃(一番スガキヤのお世話になった頃)のラーメンの値段です。
スガキヤを食べ始めた中学生の頃は110円で、その後、120円、140円と値上げして行き、現在では税込280円になってしまいました。(それでも他のラーメン屋と比べると、破格値なんだけどね)

スガキヤはファストフードとしてのラーメンを追及して来た結果、「安くて安心の味」として名古屋のソウルフードの地位を得たのですが、反面、客単価の低さが経営の足を引っ張る様になったのか、「高い(プレミアムな)スガキヤ」な店舗を作ったり、妙なメニューを投入して来たり、時々こう言うセールをやったり、どうにかしていろんなメニューを食わせようと必死になっているのが、ひしひしと伝わって来ます。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
バターケース
「トランス脂肪酸」の事をつい最近知りました。

最初は、また健康オタクが変な噂的な事でヒステリックになっているんだなと思ったのですが、ちょっと気になったので調べてみました。
なるほど化学的にどう言う構造をしていて、どうして生成されてしまうのか、その化学的構造が生物学的にどう危ないのか、よく理解できてしまいました。
さらに、諸外国ではすでに規制が始まっていて、日本が野放しになっているのが不思議な状態、とも。

ちまきが判断した限りでは噂されているほどのハイリスクではないのですが(「他にも気をつけなきゃならない物が山ほどあるだろ」程度のリスク)、それでもマーガリンなどは毎日口にしているだけに摂取量がとても多いのもまた事実。

そこでちまき家は、マーガリンをやめてバターに切り替える事にしました。

まだちまきが子供の頃に「バターは体に悪いからマーガリンに切り替えよう」と言ってマーガリン派になって以来の転向です。(確か当時は、マーガリンの方が脂肪量が少ないので体にいい、と言う理屈だったと思う)(バターは美味なので、ついつい食が進んでしまうのでよくない、と言うのは事実だよねぇ)

早速バターを買って来て、はたと気がつくのが「入れ物がない!」
で、バターケースをダイソーに探しに行くものの「売ってないのかよ!」
昔は普通に見かけたはずのバターケースですが、意外なほど捜すのが難しいです。

そこで、はたと気がつくのが「言われてみれば、今はマーガリンは必ずケース付きで売ってるんだなぁ」と言う事。(逆に、バターがなぜ未だに紙包装なのかと言うのもあるのですが)
こんな事でも、我々の生活は全然エコくないんだなぁ、と実感してしまうのでした。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
節分
歳の数の3倍の豆を食べて、胸焼けしてしまいました。

去年までは、いくら食ってもそんな事にはならなかっただけに「歳食ったなぁ」と実感してしまいました。

ちなみに母上が大豆アレルギーなため、買ってきた豆は全てちまきが食べなければなりません。大変です。
豆まきすると、猫が大喜びしてしまい、とても大変な事になるので、豆はまきません。全量がちまきの胃袋行きになる予定です。

今年も恵方巻きは見て見ぬフリです。コンビニの商売に乗せられてたまるかってんで、今年も手は出しませんでした。
でも、あの値段であのボリュームは、確かに魅力的なんですよ。普段も売ってくれればいいのにねぇ。

代わりと言っては何ですが、今日の夕飯のオカズはイワシでした。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
味噌煮込みそば
[らっせいそば鍋の図]「名古屋人はそんなものまで味噌味にしてしまうのか」と言われてしまいそうですが………

母上の湯治のために中津川温泉まで行こうと言う話になり、お出かけしたのですが、その道すがら「メシを食おう」と言う事になり、なぜか道の駅らっせいみさとに立ち寄る事になりました(全然『道すがら』なんかじゃない。ルートから3km外れました)。

こんな山の中で幹線からも遠いのに、どうしてここはいつも人がいっぱいいるのかが不思議な道の駅でして、ちょうど昼食時と言う事もあって食堂には待ち行列が出来ていました。
待っている間、売店を物色。「そば味噌」なるものを手に取って、母上と「これは一体何なんだ」と言った会話をしていました。(どうやら、味噌の原料にそばが入っていると言う代物らしい。面白そうだったけど、安くないので常用には不向きと言う事で、買うのは当然見送りました)

ようやく順番が回って来て中に案内されて、メニューを見てみたら、見つけたのがこれ「らっせいそば鍋」でした。先程のそば味噌を使った味噌煮込みなそば、と解説されています。
チープな食事でさっさと済まそうと言う予定だったのをすっかり忘れてしまい、思わず注文してしまいましたよ。

で、お味の方は………結構美味でした。
そばは「これが本当に二八そばなんだろうか?」と言う位にコシがあります。おそらく普通にゆでて冷水で締めて最後に鍋に入れたのであって、煮込まれてはいないのでしょう。
こってり味噌汁の中にそばを入れたと言った感じの食べ物でした。
HPを見てみると…冬季限定メニューなんですね。

メニューを選ぶ時に悩んでしまったのが「天ぷらはいらないよなぁ」
たいがいのメニューにはミニ天ぷらがセットになっていました。
ちまき家は基本的に貧乏性なので、出された物は残らずたいらげてしまいますが、周囲のテーブルを見ても、天ぷらだけ残している人が大勢いました。(客の大半が老人だっちゅ〜に、老人に油ものはキツいってば)
ミニ天ぷらなんか、オプションにすればいいのに…

この食堂は客のニーズを理解していないです。(それとも、客単価を下げないためのお店の陰謀なんだろうか?)
その点だけ引っかかってしまったので、満点はあげません。でも、美味しかったよん。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
「大黒 醤油ラーメン」のカップ麺
「こくや」のカップ麺がよっぽどオイシイ商売になったのか、CBCがまたまたサークルKサンクスと組んで、名店のカップ麺を作ったと言っては、ラジオで麺をすする音を流し続けている…(今回は「るるぶらじぐる」とのタイアップ?)

今度こそまともな味なんだろうな、と思って、気になったので、1コ買って来ました。300円かよ、おい!(まんまとCBCの罠にハマってるよな)

で、味の方なんですが、やっぱりとても味が濃いです。前回の「こくやカップ麺」の時の様に「くどいっ!」と思う事がなかった分、前回よりも食べやすいのですが、それでもこの味はなぁ………
とにかくダシの味があまりにも濃厚で、しかも複雑系な味なので、一歩間違えば「不味い!」になってしまう様な、紙一重な味です。これで不味くなっていないと言う事は、この店の店主の腕がよっぽどすごいんだろうねぇ。

マスコミに取り上げられる系のラーメン店に共通している味って感じですねぇ。この手の味作りは、ちまきは好んで食べたいとは思わないです。

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(0) | trackbacks(0)
栗きんとん
長崎の猫メル友が梨を送って来たお礼に、こちらからは栗を送る事にしました。

で、栗きんとんを探しに中津川へ。

まずは恵那峡の「川上屋」へ行ってみる。ここは、栗きんとんでは一番売れている店らしい。
しかし、店に入ってすぐの黒板に「砂糖を入れています」と書いてあるのを見て、きびすを返して店を後にしてしまいました。

で、次に行ったのは中津川駅前の「すや」 ここは、栗きんとんでは一番古い店らしい。
とりあえずここで栗きんとんをゲット。
でもね、見てしまったんですよ。ここの倉庫に熊本産の栗が山積みになっているのを。
せっかく栗の一大産地の中津川で店を構えているのに、はるか遠くから運ばれて来た栗を使っているんですねぇ。そんな商売をやっていれは、店が寂れてしまうのも当然かと思うんですけど…

隣のアピタで生栗をゲットしようと思ったものの、ここに置いてあった栗も熊本産。
そう言えば川上屋の隣で農家が栗を売っていたなと思い出し、川上屋へ戻る事にしました。

農家のおばあちゃんから無事に地元産の生栗もゲット出来、ついでに再び川上屋の店に入り、ここでは栗ようかんをゲットし、ここでも栗きんとんをちょっとだけ買いました。

梨のお礼に、すやの栗きんとんと川上屋の栗ようかんと、農家のおばあちゃんの生栗を詰め合わせにして発送…えっ、もしかして配達は台風まっただ中か?

自宅に帰ってすやと川上屋の栗きんとんの食べ比べをしてみました。
すやの栗きんとんも、パッケージを見てみると、バッチリ砂糖を使っています。
で、味の方は、どっちもどっちかなぁ? 甲乙つけがたかったです。

すやの方はゴロゴロ粒を配合した、いい食感です。でも、甘さが砂糖の味そのものなのがちょっとイマイチ?
川上屋の方はフワフワ感を重視した食感。甘さはおとなしいものの、甘味料を色々組みあわせて甘味を作り出している。
どちらも栗の風味はしっかり味わえる逸品に仕上がっているものの、栗本来の甘味を大切にしていないのが残念です。

砂糖味がないと、今どきの消費者のウケが悪いのか?

今回は初めて栗きんとんについて調べてみて、色々走り回ってみて、中津川には非常にたくさんの栗きんとん屋がある事を知りました。
各店で味に特徴があるらしく、比較サイトまであります。

でも、「今年も栗きんとんの季節がやって来ました」とテレビで毎年中継される、旬の1か月しか作らない例の店が一体どこの店の事なのか、全然わからないんですよ。

今回は元祖と一番を食べ比べしたのですが、元祖も一番もこの程度でしかなかったので、きっと、もっともっと沢山の店で食べてみれば「おぉ、ここはすごい!」が見つかる様な気がして来ました。
来年のシーズンには、ハシゴをしてみようと思います。(でも、栗きんとんって結構高いんだよな)

author : たつもとちまき | 食べたり飲んだり | comments(2) | trackbacks(1)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ