ちまちまのつれづれ

メインの猫日記はLoveLogにて。ここはそれの残りかす。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
このブログを書いている人
たつもとちまき
愛知県でサムライをやっています。
お仕事くださいm(_ _)m

猫の話題は黒猫ヤマトと福猫日記へどうぞ。
新着記事
カテゴリー別
月別
コメント新着
トラックバック新着
ちまきのホームページ

RSS1.0  Atom0.3

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author : スポンサードリンク | - | - | -
2013夏アニメ総括
よりどりみどり感があって、夏期が始まった時には期待大だったんですが、終わってみれば、春期よりもとんがった作品がなかったなぁ、と。普通に無難に楽しめる作品ばかりだった印象がありました。豊作の山は春期だったのかな?
【終了】

●八犬伝 -東方八犬異聞-
浜路かわいいよ浜路。
ひとつのエピソードに数話使う事も1話で終わらせる事もあり、筋立てに無理がなくてとてもわかりやすかった。最終回で振り出しに戻ってしまったのが残念だけど、原作連載中なので仕方ないのかな?
女キャラの出番があまりないものの、しのがショタ可愛かったから許す(中身は18歳だけど)。そう言えば中身21歳のショタってのも居たな。

●きんいろモザイク
最初は作風が迷走してたけど、カレン登場でキャラシフトがビシっと決まって急に面白くなった。アリス×しので見て行け間違いないかなと思ってたけど、気がついたらよーこのおっぱいとあややのツンデレで楽しんでた。
ぼーっと暇つぶしに見る分には充分に楽しかったです。

●神さまのいない日曜日
非常に面白いキャラと世界観を持っていたので期待大だったんだけど、途中から単なる学園ものになってしまったので、ひたすらもったいない。この素材ならどれだけでも面白い物語に出来ると思うので2期希望、アイが背負っている運命をもっと見てみたい。
それとも、原作が元々こう言う作りとかで、仕方なかったのか?

●とある科学の超電磁砲S
筋立てが稚拙で、それが気になって仕方なかった。一番肝心なシーンでことごとく「その現象は絶対にあり得ない」だったので、感動にはほど遠かった。さらに、美琴ひとりだけの回やシーンが延々と続くため、佐天初春他の萌え成分を補給する事も出来ず…1期が好きでなかったら間違いなく途中で切っていただろう。

●幻影ヲ駆ケル太陽
雰囲気がまど☆マギに似てるなと思ってたら、筋立てもよく似ていた。でも、まど☆マギの様に監督の若さが出て宇宙を飛んじゃう事もなく、ラストまでいい感じにまとめてくれてたので大満足。と言う事で、高く高く評価します←全く売れてないみたいだけどな。
久々の、キャラ萌えでなくストーリー展開と心理描写で楽しめる骨太の作品でした。

●ローゼンメイデン
終盤になるまでは、話の規模が小じんまりしていて、展開もスローモーだったので、退屈してしまったのが残念。作りとしては、ふつ〜? ストーリー自体は悪くないんで、見せ方の問題なのかも。後日談的部分ではてっきり巻かなかったジュンが雪華綺晶に手を差し伸べるものとばかり思ってたけど、そこまでは描いてくれなかったのね。

●マジでオタクなイングリッシュ!りぼんちゃん the TV
1期見てなかったんだけど、2期始まったのをきっかけに1期もまとめて見ました。よくぞここまで下らなく面白く作ったもんだと。内輪ネタのオンパレードなのに、普通のアニメとしてちゃんと見れる様な作りになってた。尺の短さも相まって、ついつい繰り返し見てしまうアニメだった。
今期一番のアニメは、これ。DVDリリース希望。偽主題歌も是非購入したい。

●たまゆら〜もあぐれっしぶ〜
部の設立って事で菓子食ってしゃべるだけの部活アニメになるのかなと思ってたけど、これまで通りの内容だったのでひと安心。ぽってがあぐれっしぶになった分だけ、作風が少し変わった? 安定した安心の品質で、毎回「いい最終回だった」でした。
次期は…あるのかなぁ?

●ロウきゅーぶ!SS
もっかん推しとしてはもっかんの出番が少なくなったのは少し残念。5女バスの連中も魅力的で、そいつらの描写にも期待したんだけど、「登場人物が10人」ってのは作話上扱える人数の上限を越えているので、やっぱり5女バスの出番があまりなかった。これも残念。
すばるんともっかんはもう結婚するしかないっしょ。3期希望だけど、中学生になっちゃうともう「ロリボール」ぢゃなくなっちゃう?

●Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
原作のファンだったので、デフォルトで視聴決定。いい意味でも悪い意味でも原作に忠実なアニメだった。原作では常々「戦闘パートと学園パートがほどよく混じっていれば傑作になるのにもったいない」と思ってたんだけど、そんな点までアニメで忠実に再現されていたので、残念。だから、出来としては、ふつ〜。何か、アニメ版としての「もうひと味」が欲しかった。
プリヤはツヴァイに入ってから面白くなるので、2期にも期待したい(どうせ原作通りのふつ〜なんだろうけど)。
【継続中】

●はいたい七葉
相変わらずぶっ飛んでます。りぼんちゃんとセットで見ると、頭ぐちゃぐちゃになる。

●ちび☆デビ!
夏期は休みが多くて、久々に見る時に思い出すのにひと苦労。

●黒魔女さんが通る!!
こちらも夏期は休みが多かった。

●宇宙兄弟
すでに習慣だけで見ている腐れ縁アニメ。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2013春アニメ総括
冬期と違って尻すぼみなアニメもなく、レベルが高くて楽しい期でした。てか、むろみさんのまさかのアニメ化で狂喜乱舞してて、リソース全部がそこに行ってしまい、他のアニメはおまけ感覚で見てた。どっちにしろ、春期が頂上なのか、夏期が頂上なのか、全体的にレベルが登り調子なのは確かみたいです。
【終了アニメ】

●宮河家の空腹
お取り寄せが楽だったので、試視聴のまま気がついたら最終回まで見てた。
宮河家よりも我が家の方が貧乏なので、貧乏ネタが全部すべってた。他に見所もなく、いまいち。EDをいじったり、らき☆すたキャラ出したりと言った遊びは、いらなかった。

●よんでますよ、アザゼルさんZ
1期見てた+むろみさんと抱き合わせ放送(片方だけの録画予約が出来ない)だったんで視聴決定。
1期と比べてえんがちょい下品ネタが封印されてて、代わりにエロい下品ネタを盛ってたけど、それだと普通の作風だよね? 1期の時の独特な雰囲気がなくなっちゃってたので、残念。

●波打際のむろみさん
原作ファンなのでデフォルトで視聴決定。各話10回ずつ見てた。
原作のネタ&キャラの半分が危なくて使えない中、よくここまで原作の雰囲気を表現したと思う。絵が動いて声がついて初めて「こいつら萌えキャラだったのか」と実感。性格はどの娘もひどいので、そのギャップを楽しむ作品だったんだと認識出来た。パロネタはいらなかった。

●這いよれ!ニャル子さんW
ODAから追いかけているので、デフォルトで視聴決定。
文芸が破綻してしまった3期と違って、普通の出来だったんでひと安心。でも、パロネタはこんなにいらない。パロ抜きで見ると中身スカスカだったのが残念。「隠し味はちゃんと隠せよ(by南千秋)」

●翠星のガルガンティア
エイミが可愛かったので視聴決定。
久々のこってりSFで、しかもストーリーが骨太で無理もなかったので、しっかり楽しめた。レドの価値観の変化は、もう少しわかりやすく表現してくれてもよかったかな? 最終回フェイズの作り込みは、ちょっと甘かった。

●あいうら
軽快なノリにずるずる引きずり込まれて視聴決定。
サブキャラも含めてどのキャラも濃い味なのに、キャラシフトがとてもよく出来ていて、くどくなく、いい感じにまとまっていた。気になったのはOP。カニを食う歌詞なのに、絵の方はカニをペットにする筋立てになってた。

●はたらく魔王さま!
魔王と勇者の掛け合いに興味がわいて視聴決定。
魔王は首尾一貫してブレがなかったけど、どうしてそんな徳のある価値観になったのかの経緯を描いてくれれば、より面白くなったと思う。魔王と勇者の仲は中途半端に終わってるけど、ストーリーはきれいにまとまってたので、2期はナシの方向で。

●サイクロプス少女さいぷ〜
当初は選外だったのに、気がついたら毎週楽しみにしていた。
軽いノリで見るにはちょうどいい勘違いエロコメ。1本30秒(1話につき3本)って事で、何も期待せずに斜に構えて見てたら、それが正解だったみたい。キャラはしっかり堪能できた。筋建ては全然ダメなんで、そこん所がこのアニメを楽しめるかどうかの分かれ目かも。

●ちはやふる2
1期を見てた事もあって、視聴決定。
新キャラ花野がどう言う立ち位置になるのか興味があったんだけど、活躍しなくて残念。部活の内容ではなく試合の様子ばかりが延々と続いたのに、ダレる事なく最後まで見れた。まだまだ未熟な千早がより高見を目指すラストだったので、3期希望。

●絶対防衛レヴィアタン
そこはかとなくケモノ臭がしたので、視聴決定。各話3回ずつ見てた。
タイトルもストーリーも設定も重いのに、それをみじんも感じさせず、ひたすら軽いノリだったので、不思議な感触の作風になってた。あんまりにも軽いので、中身スカスカだったけど、それが逆に魅力になってた。うろこエロいし。今期一番はこれ。2期があってもいい。

●俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
同人誌をいっぱい読んでいるので、デフォルトで視聴決定。
黒猫派の自分としてはあやせルートで話を締めていたのが妙に気に入らないんだけど、原作通りらしいんで、これは仕方ない。最終回はきりりんの回想だったので、とても綺麗にまとまってたと思う。
【視聴継続中】

●ちび☆デビ
まおちゃん達は日々成長している反面、ほのか達は全く成長していない。

●黒魔女さんが通る!!
設定明かしの話が時々入る様になって来た。目が離せない。

●とある科学の超電磁砲S
初春達が出て来ないもんだから退屈で仕方ない。設定もアラだらけでお粗末。興ざめしながら見てる。

●宇宙兄弟
亀な進行でストーリーがちっとも進まない事も、取材不足でストーリーにリアリティが欠けている事も、もうあきらめました。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2013冬アニメ総括
去年と同じ基準で視聴アニメを選んでいたら多くなり過ぎ、次々と理由をつけては落として行く作業を強いられました。でも、そんなして残ったラインナップにもかかわらず、話が進むにつれ面白くなくなって行くアニメばかりだったってのが、終わってみての感想でした。「偶数年はハズレ年で奇数年は当たり年」の過渡期って事なのかな?
【終了アニメ】

●はいたい七葉
噂には聞いていた沖縄アニメが、こんなにも萌え萌えだったとは。まさに「沖縄始まったな」の一言に尽きる。ここまで萌えてると、うざいのを通り越して清々しかった。正味2分半の短さの中、毎回全力で突っ走ってくれていた。
DVDや主題歌CDをぜひ所望したい所なんだけど、制作側にそんだけの資金力がないのか、何もリリースされないのが残念で仕方ない。確実にペイ出来ると思うから出して欲しいよ。
祝2期放送開始。ぜひ2期も全国に流して欲しい。

●GJ部
見るかどうか一番最後まで悩んだのが、これ。「箸休めにちょうどいいかな?」って程度で視聴決定にしたんだけど、気がついたら入れ食い状態に。舞台は部室の中だけ、登場人物も部員だけ、様々な学園イベントも季節イベントも全て割愛。それなのに、とても面白かった。キャラシフトだけで30分を見せてしまう希有な作品。まさかこれが今期一番になろうとは予想だにしなかった。

●みなみけ ただいま
プレーンヨーグルトのような、無難過ぎて味がない、そんな感じの仕上がりになっていた。だから、1期〜3期の時の様なワクドキがなかったのが残念。
面白くないわけぢゃないんだけど「毎週が楽しみで仕方ない」って域には遠かった。もっと弾けて欲しかったです。とても惜しいっす。

●ヤマノススメ
公園の猿山に始まって、段々とステップアップして最後には富士山に登るもんだとばかり思ってたけど、高尾山に登っただけで終わってしまったのが、肩すかし。それならそれでいいけれど、4人の絡みをもっと見てみたかった。とても惜しいっす。

●まんがーる!
業界の事情を見せてくれるアニメだとばかり思いこんでいたら、そこまで突っ込む事もなく、雑誌の立ち上げから発行までの作業の様子をさらりと見せただけで終わった。キャラが絡まる事もなかったし、内容として薄くなってしまってたのが残念。とても惜しいっす。

●琴浦さん
シリアスとギャグの振れ幅があまりにも大きかったため、掴み所がなかった。暗いだけなら見なかっただろうから、この作風にしかならないのは確かなんだけど。
製作陣も相当悩んでとても丁寧に作り込んだんだってのがよくわかるだけに、評価が難しいっす。
作品として良く出来ていたとは思うけど、見返したいかと言うと…どうだろ? とても惜しいっす。

●まおゆう魔王勇者
魔王のキャラと太ましさが気に入ったんだけど、途中から魔王が出て来なくなってしまい、つまらなくなった。シリーズ構成が全然ダメダメだったんだね。みんなはキャラ物として食いついたのに、話でついて来てくれると思ったのかな?
肝心の話の方は、狼と香辛料での稚拙だった点はかなり改善されていた。けど、もちょっと見せ方に工夫があれば良かったかな。舞台があちこち飛んでるもんだから、それが理解の妨げになってしまってた。とても惜しいっす。

●ビビッドレッド・オペレーション
博士がカワウソになった瞬間、「あぁ、そう言うアニメなんだ」と腑に落ちて見る気になった。でも、終始「これじゃない」感がついて回った作品だった。キャラにしても筋立てにしても、「そうじゃないだろ」って突っ込みながら見てた。素材はすごく面白くなる様に、よく練り上げられたのに、構成が稚拙だったんかなぁ? 「キャラ違う」って公式が言われてしまう様では、もう終わってるんぢゃないかと。とても惜しいっす。

●八犬伝 -東方八犬異聞-
BLもそんなに過激ぢゃなく、すんなり入れるキャラシフトだったんで視聴決定。話が多少複雑なんだけど、時間をかけてじっくり見せてくれたので、混乱もなく素直に楽しめた。その反面「このペースだと1クールで終わらないだろ」と思ったんだけど、案の定、話の途中で終わってしまった。2期決定してるんで、それに期待。
浜路が可愛かったんだけどなぁ、あまり登場しなかった。

●マギ
アラジンがちっちゃ可愛いのと、モルジアナが太まし可愛いのとで惹かれたんだけど、思ってたよりそんなに出番は多くなかった。アリババ主役の話だったんで、それは仕方ないんだけど。
面白いっちゃ面白いんだけど、週間連載漫画独特の無理矢理展開感が鼻についてしまったのが、ちょっと残念。もちょっとキャラ物として見せる工夫をすれば、楽しくなるんではないかと思う。

●バクマン。3
テンポがすごく早かったものの、原作のジャンプ漫画らしい稚拙な展開をそのままなぞっていたので、とても心配になった。けど、原作の「それ、キャラが違うんですけど」なダメダメ最終回を見事に改変してくれて、普通に見れるラストになってた。その点はとてもGJだった。
終わりよければ全てよしって事で、高評価をあげよう。

●リトルバスターズ!
どうせなら、クドだけで1クールやって欲しかった。
泣き演出に持っていくための状況の作り込みがあまりにも強引で、それが各キャラで連続してしまったため、肝心の泣きシーンになると笑えて来ると言う現象に悩まされる様になった。そもそもこう言う作りのアニメって、CLANNAD辺りが旬の最後だったんじゃないかと。完全にアニメ化の時期を逸してしまってたんだねぇ。
そんなんだから、純粋に楽しめる訳もなく、色々と、とても惜しいっす。

●銀河へキックオフ!!
エリカちゃんが可愛くて、毎週それを楽しみにしてたのに、レイカが途中から大変身してヒロインの座をかっさらってしまったのが残念。レイカが目立つ様になったおかげでエリカちゃんが目立たなくなってしまったではないか。
サッカーものとしては、まぁ普通に面白かったんぢゃないかと。

●スマイルプリキュア!
プリキュアを通して見るのは、今回が初めて。敵キャラが魅力的なのが今までとは違うと聞いた事があり、おそらく自分もその点に惹かれたのではないかと。でも、中だるみが激しかった上に、最終回フェイズは「何か違う」と思ってしまったので、とても惜しいっす。やっぱり自分とプリキュアとは縁がないらしい。
【視聴継続中】

●宇宙兄弟
リアルSFものなのに「その状況設定は明らかにおかしい」って場面がいくつも出て来る様になって、白ける事が多くなった。もしかして原作がそうなってる? シリーズ構成はもうちょっと頑張れ。

●ちび☆デビ!
ほのか達で見てたのに、すっかりまおちゃん達中心の話になってしまった。

●黒魔女さんが通る!!
筋立てがルーチン状態に入って展開しなくなったし、キャラの成長も止まっちゃった。

●ちはやふる 2
千早の相変わらずの無駄美人っぷりが天晴れ。菫があんまり活躍してない様な気がする。
JUGEMテーマ:アニメ感想

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0)
2012秋アニメ総括
夏期の「どん底」の状態からはマシにななって来ているんだけど、それでも不作には違いない期。そんな中無理矢理選んだラインナップになってました。でも、そう言う時ってのは、普段では見ないであろうジャンルも拾う様になるんで、そんな意味では今期は比較的楽しめました。


終了アニメ

●To LOVEる ダークネス
1期2期はどちらも1話で切った。原作は読んでない。ただ、同人誌は読んでたので、キャラは一応把握してた。その程度の縁なんで、今期も切る事になるんだろうとたかをくくってたら、何と入れ食い状態でした。メインヒロインとっかえるだけでこんなに面白くなるのね。
ドラマとして面白かったんで、エロシーンは特になくてもよかった様な(あっても邪魔ぢゃないけど)。
ララはいらない子。星に帰ればいいのに。

●ちとせげっちゅ!!
独特の間が面白い作風のアニメだった反面、ひたすら間が悪い回がいくつかあった。脚本絵コンテ演出原画を全部ひとりでやってるんで、リズムの悪さには気づきにくかったのかなぁ?
5年後のちとせは、破壊力あったなぁ。

●好きっていいなよ。
痛くないキミトドって感じ。めいは人付き合い避けてただけの子なんで、ちゃんと空気読めるので痛くはない。大和はイケメンでモテるくせに恋愛初心者。古典的なラブストーリーなんだけど、初々しさが病みつきになっちゃってねぇ、気がついたら入れ食いでした。非常に丁寧に作られてた一品、今期一番はコレでしょう。
最終回がギャク回になってたのが、ナイスアクセントだった。

●めだかボックス アブノーマル
連載追いかけてるんで、連載ではキャラがみんなオーバースペックって言うか化け物になっちゃってるんで、アニメでやってるこの頃の話って、とてもかったるくて、ねぇ。

●武装神姫
最初はプラレス三四郎の女の子版かと思ってたのが、実は瓶詰妖精のフィギュア版だってわかった瞬間に腑に落ちて、楽しむ事が出来た。この私が神姫マスターになりたくなったほどなので、とても秀作だったのだと思う。最後までバカバカしいゆるさに徹してくれたら文句なしだったんだけど、最終回フェイズ、必要だったん?

●となりの怪物くん
恋愛慣れしてない二人のラブストーリーって点は「好きなよ」と同じだったんだけど、こっちの二人はあまりガツガツしてなかった。行きつ戻りつしながら1クール進み、結果的に差し引きゼロで二人の仲は進展がなかった。この先どんどん面白くなって行く予感があるだけに(きっと雫はデレるとすごいんだと思う)、ここで終わりなのが残念。


視聴継続中

●宇宙兄弟
やっとお兄ちゃんがJAXAに入局したよ。どんだけ引き延ばすんだよ、このアニメは。

●スマイルプリキュア!
キャラシフトが変化してしまい、当初の楽しさがなくなって、ひたすら見るのが苦痛になってしまったorz

●マギ
モルさんが太ましくてたまらない。

●ちび☆デビ!
放送休止が多くね? どこまで進んだんだっけ?

●黒魔女さんが通る!!
こっちも方送休止が多くてねぇ、

●銀河へキックオフ!!
まさかあのぬりかべがスレンダー美少女になるとは思わなんだ。その分だけエリカちゃんが目立たなくなったのが悲しい。

●バクマン。3
ジャンプ連載特有の行き当たりばったり展開を忠実に再現してるのが気になって仕方ない。

●リトルバスターズ!
クドの出番が少ないやん。どうせならクドだけで1クールやってくれりょ。

author : たつもとちまき | アニメ・コミック | comments(1) | trackbacks(0)
初詣 4発目 椿大神社&椿岸神社
椿岸神社一応、氏神様と自分がひいきにしている神様とお伊勢さんの3つをワンセットとして神棚に祀るって事で、初詣(によるお札の更新)も、その3つを参るって事にしています。
いつも通り椿さんがラストで、いつもなら椿さんに古札を持って行くんだけど、今年はもう1回伊勢に行く予定があるので、今年は何も持たずに行きました。

未明に家を出て、順調に現地到着。予定よりも早く着いてしまい、朝も7時半では屋台は全部閉まっていて、何も食えんかったorz

もうちょっと時間が遅くなると屋台が揃い踏みになるんだろうけど、今度は駐車場が遠くなるので、この塩梅が難しい所だねぇ。

鶏メシ屋がプレハブになってたけど、建て替えでもするのかな?

author : たつもとちまき | おでかけしたよん | comments(0) | trackbacks(0)
2013年の初夢
●大晦日→元旦に見た夢
街におでかけして、ちょっとした所用を済ませた後で、サンドイッチをテイクアウトして食いながら帰路に着いていたんだけど、人波に乗って歩いていたはずが、いつの間にかそれがディスカウントストアのレジ行列の人波だった。
●元旦→2日に見た夢
キルミンずぅの映画化が決定! 自分は予告編トレーラーの編集をする仕事をしていた。映画の内容は、なぜかタマオが主役。
●2日昼に見た夢
歴史的景観を調査するためのボランティアに参加するために大津駅で新幹線を降り、駅裏に出てしまったものの、ウロウロした末にようやく駅前広場で他の参加者と合流。駅前再開発で重機が色んなものを壊している横で、参加者に配布するための資料をさばいていた。 (大津って、新幹線停まらないぢゃん)
●2日→3日に見た夢 2本立て
1)自分が寺川唯子先生になっていた。新しく赴任した学校で、初出勤の朝。まるで転校生のように、職員室でドギマギしてた。
2)自分は豊川市蔵子にある銀行の行員で、wordとexcelで資料作成してた。(蔵子の銀行は、つい先日立て籠もり事件があった場所。ちまきの知人が住んでいる場所でもある)
初夢の定義には元日未明説・2日未明説・3日未明説の諸説があるものの、ちまきは例年通り2日未明説を採用。

て事で、今年の初夢は「キルミンずぅ映画化!!」に決定(←最愛のアニメなんですぅ)。もう、これだけでウルトラハッピーなんで、夢占いはパスって事で。
タマオ主役なのは、多分「タマオMADの製作に早く着手しなきゃ」って思ってたから、かな?

3日が寺川唯子先生だってのも(←最愛のキャラなんですぅ)ウルトラハッピーでした。

アニメな夢はたまに見るものの、好きなアニメの夢となると滅多に見ないだけに、今年はとても幸せな気分でスタートすると言う事になりました。

author : たつもとちまき | その他 | comments(0) | trackbacks(0)
初詣 3発目 伊勢神宮
内宮おはらい町の猫ひどく混んでました。
外宮では風宮・土宮にまで行列が出来ててビックリ。
内宮おはらい町では、混雑のために身動き出来ないほど。

これって、不景気のせい?
それとも、遷宮のせい?

混雑度は、右ルート選択で1時間強でした。

# 風日祈宮だけは、貸し切りだったのは、なぜ?

いつも通り、屋台で○○焼きを食ってたら、カラスのウンチョスの直撃を受けました。
新年早々、運が付いたって事で。

いつも甘酒を楽しみにしている「おかげさま」の酒蔵が、ひどく俗っぽくなってたのが残念で仕方なかった。
甘酒の味は変わってなかったから、多分これからもひいきは続けると思うけど、でも、残念は残念だよなぁ。

去年夏に見かけたおはらい町の仔猫達は、立派な大人になってました。
毛並み上々なので、きっと売店の飼い猫なんだろうね。

author : たつもとちまき | おでかけしたよん | comments(0) | trackbacks(0)
初詣 2発目 木附八幡神社
若宮八幡木附神社自宅からもよりの神社=氏神様と言う解釈でいいのかな、って事で参拝。

この時間だと複数の参拝者とはち合うのね。

去年、ここはニュータウン造成時に立ち退かせた神社を集めたものだと知ったんだけど、改めて由緒書きを読んでみると、この周囲数百メートルの神社を集めたって書いてある事に気がついた。
意外なほどその範囲が狭い。

て事は、他にもニュータウン内にこんな神社があってもおかしくないんだけど、その辺はどうなんだろ?

author : たつもとちまき | おでかけしたよん | comments(0) | trackbacks(0)
初詣 1発目 白山神社@二子山
白山神社相宮と猫缶今年の初詣一発目はここ。例のごとく例によってネコ缶を奉納。

相宮の方は貸し切りだったけど、本宮の方は待ち行列30分。

お参りも済ませた後でも、タイ焼きの屋台で待ち行列15分。

この時間だと並ばなきゃいけないのねって、再認識でした。

author : たつもとちまき | おでかけしたよん | comments(0) | trackbacks(0)
2012年総括
例年のごとく今年を象徴する事で何か書こうと思ったけど、今年はお題が何も思いつかなかった。
財政出動? 原子力発電? それについてここで語るのはちょっと違う気がした。

自分としてはただ、粛々と清貧な生活をして、着々と老後資金を貯めて行くだけの事なので。
(清貧なので、電気もそんなに使わない生活しとります)


個人的にも、今年はちょっとつかみ所がなかったりする。

仕事は、8月から数カ月間、特需が発生して忙しかった。
年金事務所での請負も、バッファ的な役割から基幹的な役割にシフトして来て、覚える事がとても多かった。

ケモミミ漫画を片っ端から買いあさって読んだ1年だった。
アニメは先の記事のごとく、視聴数が例年よりも数割増しになってた。

GWには仙台までおでかけして、震災状況の視察と聖地巡礼。
イベントにもあちこち出かけた覚えがある。

………これって、要するにインプット過多って事なん?

アウトプットは、今年は全く何もやってない。MADですら1本も作ってないし。
ちょっとは興味の持って行き先を工夫しなけりゃいけないって事なのだろう、と。




追伸
Operaは卒業しました。完全にFirefox & Thunderbirdに移行してます。

author : たつもとちまき | その他 | comments(0) | trackbacks(0)
にくきうくらぶ , ちまき亭 , 吉田社会保険労務士事務所 , 黒猫ヤマトとバカ親日記 , ちまちまのつれづれ